FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @醍醐寺
1-IMG_7060.jpg
その1

 ちょっとこんなイベントに行って来た。12月2日のことだ。その帰りに薄暗くなった醍醐寺で少しだけもみじを撮ってきたのでご紹介を。

1-IMG_0002r.jpg
その2

 そのイベントというのがこれ。醍醐寺が世界遺産に登録されて40年記念と、JTB創立100年記念となったコラボ企画。宮内庁の雅楽公演は東京まで行かなければならず、京都で公演されるのは18年ぶりとか。昼間と夕方の2回公演で、直前の申し込みであったが無事、チケットが取れた。
 もちろん撮影禁止なので画像はなし。この秋の御所一般参観の時に撮った舞楽の、そのイメージを想像して頂いたらよろしいかと思う。霊宝館の展示品を運び出しその会場での公演で、大きな薬師如来の前に舞台をしつらえ、何とも壮大な舞台となった。京都新聞にも掲載されたので目にされた方もあるかも知れない。宮内庁楽部の雅楽は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産にも指定されており、このような機会は一生のうちにあるかないか。本当にいい機会に恵まれたと思う。

 隣には年配のおじさんふたり組がいたのだが、演目中もおしゃべりがうるさくて、折角の公演が台無しだった。

 さて、公演の終了後、霊宝館向かいの雨月茶屋、その周辺だけだが、そこの紅葉を少しばかり。

2-IMG_7019.jpg
その3

 飲食ブースがでており、寒さにも関わらず多くの人で賑わっている。

3-IMG_7021.jpg
その3

6-IMG_7037.jpg
その4

7-IMG_7038.jpg
その5

8-IMG_7016.jpg
その6

 古い井戸のあと。つるべと滑車がいい雰囲気。

4-IMG_7029.jpg
その7

5-IMG_7032_20121225201011.jpg
その8

9-IMG_7044.jpg
その9

10-IMG_7053.jpg
その10

 雨月茶屋前の真っ赤なもみじは、建物の色との調和がよかった。お天気も悪く、まだ16時過ぎだというのに、辺りは暗く今にも降りそうな雲行きだった。

11-IMG_7062.jpg
その11

 今日のおまけはこれ。帰り道で見かけた山茶花。ちょっと手入れが悪く蔓草が絡まったりして、花はとても綺麗だったが、どうもこれという枝がなかった。

 長くなった京都紅葉紀行も残すところあと1ヶ所となった。年内になんとか終われそうかと・・・
【2012/12/26 08:30】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«京都紅葉紀行 @初冬の修学院離宮 | ホーム | クリスマス・プレゼント»
コメント
torimyさん、こんばんは。

あこの敷地はなんぼあるんやろな。
広いわ。ほんまに広い。
その一角なのよね、ここは。
他の処があまりにも作られている景色やから、
古井戸の辺りがめっちゃええ感じに見えたんよ。
【2012/12/26 23:03】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
醍醐寺というと どうしても五重塔ばっかり頭に浮かんできてしまうけど、こんなサビの面もあるんやね。
その4とか5とか6とか・・・
広大やもんね。
【2012/12/26 22:45】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

はい、とても雅でした。
それに一時は東儀秀樹が在籍していた宮内庁式部職楽部ですから。

山科方面まで脚を伸ばす時間がなかったので、
この時はついでだったのですが、思った以上に綺麗でした。
【2012/12/26 21:52】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
雅楽、それも宮内庁雅楽部の演奏ですか。
何とも雅ですね。
そして、醍醐寺。紅葉時はノーマークでした(^_^;)
随心院まで行っていたのですがねー。
こんなに綺麗な赤が出ているのなら、スルーするんじゃなかったなぁ(苦笑)
【2012/12/26 20:08】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |