FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @洛北蓮花寺その2

その1

IMG_6859 - コピー-1のコピー

 昨日の続きを。

2-IMG_6872.jpg
その2

 しばし広い空間を堪能したあとはお庭に降りていこうか。

3-IMG_6880.jpg
その3
 
 スリッパを履きながら、この散りもみじもかなり気になるところ。

4-IMG_6890.jpg
その4

6-IMG_6896.jpg
その5

 仏殿の横から今来た道を。

7-IMG_6902.jpg
その6

 一輪の白い山茶花が、ひとつだけ広い空間を求めて出て来た。

5-IMG_6894.jpg
その7

8-IMG_6909.jpg
その8

 こちらの石灯籠はちょっと独特の形状をしている。蓮華寺型の灯篭と言う。不謹慎ないい方をしたら、まるできのこ?

9-IMG_6914.jpg
その9

 こちらは山門前へのアプローチ。行き来はできないようになっているが、境内にこれだけ大きな鳥居があるのは少し珍しい。寺社一体化していたときの名残なのだろうか。歴史的にはよく知らないのだが、隣に位置する崇道神社の方がずっと歴史的には古いのでそちらとは関係ないと思うが、いつも気になる鳥居だ。

10-IMG_6922.jpg
その10

11-IMG_6925.jpg
その11

 仏殿を臨む。

12-IMG_6934r.jpg
その12

 足元にはもみじを乗せた石蕗。

13-IMG_6939.jpg
その13

 こんな位置関係。

14-IMG_6943.jpg
その14

 ちょっとご本尊さま、釈迦如来さまにご挨拶を。振り返ると書院には再び団体客が入っていて、なにやら説明が始まっている。注意事項やお庭の説明などがこちらまで聞こえてきた。彼らがこちらへ来るまでに戻らなければ通路さえ進めなくなる。
 大急ぎで元来た道を帰ってきた。

15-IMG_6950.jpg
その15

16-IMG_6953.jpg
その16

 先程までいたお庭が別世界に見える。今現在立っている場所がいかにも現世なのだろう。荒れていたこのお寺を自らの手で整備したご住職、その甲斐あって素晴らしい庭園に生まれ変わった。こちらの庭園は眺めて鑑賞するための庭園ではなく、「自然の一部と同時に祈りの場の一部であり、喧騒や賑やかさとは無縁の庭と考えている」とご住職は仰る。
 池泉式の庭園は一般には池泉回遊式庭園と呼ばれるが、観賞するというより、ここまで自然豊かな庭園を維持し続け、祈ることで自然との対話を感じ取って欲しい、と、ご住職は望まれているのだと思った。

17-IMG_6959.jpg
その17

 赤い千両より黄色い千両をここへ配置したのは、境内全体を占める黄色系のもみじに合わせたのだろうか。

18-IMG_6962.jpg
その18

 訪れたときにはあれだけ眩しい陽射しがあったのに、いつの間にかすっかり曇っている。

19-IMG_6973.jpg
その19

20-IMG_6978.jpg
その20

21-IMG_6987.jpg
その21

IMG_6987 - コピー-21のコピー

 金色の光は影を潜め、辺りはひっそりと息を止めているかのようだった。

22-IMG_6989.jpg
その22

 古いお地蔵さまたちも、ようやく静かな時間を楽しんでいるのだろう。

23-IMG_6698.jpg
その23

 今日のおまけはこれ。寒さに震え、日向ぼっこをしていた生き残りのトノサマバッタ。
【2012/12/23 00:00】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«鴨川パトロール トンビのプライド | ホーム | マルシェ・ド・ノエル @関西日仏学館改めアンスティチュ・フランセ関西»
コメント
小紋さん、こんにちは。

老後はぜひとも京都にお住まい下さいな(笑)
ちょっと気温の差が激しいですが、
奈良にも東京にも近いです。
それにいつでもお茶しにいけますから。
【2012/12/25 16:04】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
素晴らしい)京都!
ここで、毎日見てたら もっと年取ったら京都に住むのも ええなと思っています。
奈良と行き来して・・・・クリスマスの夢 ええでしょ。
 
【2012/12/25 05:07】 URL | 小紋 #-[ 編集]
アラックさん、こんばんは。

瑠璃光院は特別混雑していましたね。
ひどいものでした。
もみじの素晴らしさではこちらも引けを取りませんね。

トノサマバッタ、この時期に嬉しかったです。
頑張れって、応援したくなります。
【2012/12/24 01:12】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、瑠璃光院さんのお客さんの
数には本当に驚来ました。
それに比べれば蓮花寺さんはまだまだゆっくり出来ますね。
散り紅葉の作品の数々も素晴らしいですが、寒さに負けないトノサマバッタをよく見つけられましたね、阿修羅王さんの観察力にバグースです。
【2012/12/23 16:42】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
torimyさん、おはようさん。

悟りを開くのは、私にはできひんことやわ(--;)
どっぷり俗世に浸って、
なんとか極上の1枚を撮ろうとしている私にはね。
そんでもって、ここは禅寺ではなくて、天台宗なんよ。
比叡山の末寺。らしい。
【2012/12/23 09:21】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
「喧騒や賑やかさとは無縁・・・・・」であろうとするのは 単にその空間の維持だけでなく、
そこに佇む人の精神世界そのものやからね・・・たぶん。
奥が深いね。
【2012/12/23 08:46】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |