FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @岡崎公園無鄰庵
1-IMG_8154.jpg
その1

 見頃になった岡崎公園へ。目的地は無鄰庵。駐輪場がないので少し離れた処に止めてとことこ・・・ あの狭い路地から人が出てくるのを見ると、

   やっぱりあそこだって多いよなぁ・・・(^^;

 今時穴場などと言うものはなくなってしまった。

2-IMG_8126.jpg
その2

IMG_8126 - コピーのコピー

 こちらのお庭はやはりお座敷に座ってゆっくり見るのが一番だろう。しかしお茶をいただく先客あり。お茶を街ながら私ももみじを愛でることにしよう。

3-IMG_8132.jpg
その3

4-IMG_0025r_20121126173748.jpg
その4


5-IMG_8137.jpg
その5

 あっちを見てもこっちを見ても、何という落ち着く景色だろう。

6-IMG_0015.jpg
その6

 ほら、程なく運ばれてきたお薄。いただいたらお庭へ降りていこう。ここから見る景色にはわくわくする。

7-IMG_8140.jpg
その7

 降りようとしたときに、ふと目に入ったガラス戸。

8-IMG_8170.jpg
その8

9-IMG_8163.jpg
その9

 ぐるっと眺めていると、庭師の男性が行ったり来たり。樹木の剪定を行っているようで、剪定をする人と少し離れて全体の形の確認を何回も行っている。庭師の方たちの腕の見せ所だ。

10-IMG_8373.jpg
その10

11-IMG_8227.jpg
その11

12-IMG_8371.jpg
その12

 こちらは東山を借景にして。

13-IMG_8138.jpg
その13

14-IMG_8139.jpg
その14

 夏にはあまり気が付かなかったが、これほどにもみじがあったとは。

15-IMG_0033r.jpg
その15

 池のもみじ越しに母屋を見る。

16-IMG_0035r.jpg
その16

 池の上に枝を広げるもみじの赤いこと!水面がすっかり染まっている。

17-IMG_8229.jpg
その17

 母屋の横に立つもみじは思いの外大きい。

18-IMG_8235.jpg
その18

 二階の窓まで伸びる素晴らしい色のもみじもどうだ?

19-IMG_8236.jpg
その19

 賑やかな声が聞こえると思ったら、和服姿の綺麗なお嬢さんたち。

20-IMG_8286.jpg
その20

 もみじは母屋の姿までも覆い隠すかのよう。

21-IMG_8290.jpg
その21

22-IMG_8348.jpg
その22

 お庭の一番向こう、東山の借景とともに彩りを添える大きなもみじが、このお庭を引き締めているようだった。

23-IMG_8370.jpg
その23

 この向こうは交通量の多い南禅寺前の交差点とは思えないほどの静けさ。街の喧噪から逃れるためにここを訪れる人も多い。母屋の縁側から眺めていると、本当に時間の経つのも忘れてしまう、ここはオアシスだと思う。

 ま、私の一番の目的は、ここを定宿にしているカルガモのご夫婦だったり、遊びにやって来る疎水のアオサギだったりもするけど。
【2012/11/27 00:00】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«無鄰菴でカルさんを見る | ホーム | 京都紅葉紀行 @寺町廬山寺»
コメント
ひげさん、こんばんは。

庭師の方は遠くまで修行にではるんですね。
日本一ですか、そりゃあ凄い。
神社やお寺のお庭がわんさかありますからね。
今年は10年に一度の見事な紅葉だとか言うので、
あちこち回ってしまいました。
【2012/11/27 20:06】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、こんばんは。

人も多かったので、いやでもゆっくりさせて頂きましたよ(^^;
もしひとりでも、この景色ですから、
非常にゆっくりと過ごしたでしょうね。
喧噪から離れるにはもってこいのお庭です。
案外車の音は聞こえませんよね。
【2012/11/27 19:56】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、こんばんは。

この時期に彼女たちを連れては無謀でしょうね(--;)
私も撮りたくなりますけど(^^;
秋は特に多いので、今回初めて挑戦でした。
いや、遠くまで行く時間がないので、近場だけなんですよ。
【2012/11/27 19:54】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

剪定ひとつとってもイメージせんことには枝は切れんよね。
銀閣寺でもいつも誰か世話してるしね。
庭師って、凄い職人技やと思うわ。
【2012/11/27 19:47】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おばんです。

圧巻です・・・これぞ京の紅葉ですね・・・!!。

庭師の方が写っておられますが、京都の庭師さんは日本一とか・・・こちらにも京都で修行された庭師さんがいらっしゃるようです。
【2012/11/27 16:03】 URL | ひげ #-[ 編集]
おはようございます~。
紅葉の無鄰庵、純粋に美しいですね。
南禅寺や平安神宮といった場所が
近くにあるにも関わらず
静かな風景がここには広がっていますよね。

ゆっくりできたのではないでしょうか(^^)
【2012/11/27 09:17】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
秋の無鄰庵を久々に拝見しました。
此処の庭は落ち着いて大好きな処です。
例の娘たちともシーズンオフの静かな時は訪れますが、
流石に秋はなかなかねぇ~(笑)

【2012/11/27 04:58】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
庭師の頭の中にはらいねんとかもっとその先の紅葉がイメージされてるんかな?
そういう人たちの感性と切磋琢磨で 守られてるんよね 京都は!
【2012/11/27 00:06】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |