FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @鷹峯光悦寺
1-IMG_7840.jpg
その1

 先日の続きを。光悦寺はちょっとはしょって、簡単に。何しろ出遅れたもので山に陽が隠れて暗くなってしまったのだ。

2-IMG_7842.jpg
その2

 シーズン中はいつもの受け付けではなくて、外待合での受け付けとなる。若い男性たち、多分大学生なのだろう。彼らが受け付けをしていた。で、いつもの受け付けではこちらのご住職だろうか、いつもの年配の方が座ってなにやら書き物。その前を通って降りていった。

3-IMG_0079.jpg
その3

4-IMG_0080.jpg
その4

 これまでは特に気づかなかった、この辺のカットが気になってしまった。

5-IMG_0060.jpg
その5

 光悦垣。毎年青竹で編み直してこの季節に綺麗な垣根を見せてくれる。

6-IMG_0062.jpg
その6

7-IMG_7826.jpg
その7

IMG_7826 - コピーのコピー-7

8-IMG_7828.jpg
その8

9-IMG_7834.jpg
その9

 すっかり陰ってしまった。この垣根の辺りだけ。市内が見下ろせる場所もあるが、夕方になってしまったのでよしとした。

10-IMG_0086.jpg
その10

 案外よかったのが参道脇の駐車場から見た景色。

11-IMG_0087.jpg
その11

12-IMG_0092.jpg
その12

 昼間ならもっと綺麗だったに違いない。

13-IMG_0096.jpg
その13

14-IMG_0101.jpg
その14

 今日のおまけはこれ。常照寺の吉野門。時間もなく、中へは入れなかったのが残念だった。
【2012/11/25 09:26】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«疎水でキンクロハジロを見る | ホーム | 京都紅葉紀行 @鷹峯源光庵»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

鷹峯は高雄の三尾みたいなものですね。
綺麗な青空でしたが、道も混んでいたようですね。
今年は近場ばかり回っています。
詩仙堂は無理ですね。
あとどこに行けるか・・・
【2012/11/25 20:46】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
小紋さん、こんばんは。

竹細工は見事ですね。
これが色あせて行くのもいいものです。
【2012/11/25 20:27】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
光悦寺垣の紅葉、良い感じですね。
行きたかったのですが、今日は仕事で・・・
やっぱり朝一番でいきたいと思ったのですが、今年はどうも無理そうです。

吉野門の内側も気になるところです。
源光庵と三寺セットで回りたい場所ですね。
【2012/11/25 19:28】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
垣根の美しいこと 竹の芸術ですね
 紅葉にはえて 両方が引き立ちます。
 あるものを使って美を紡ぐ 端っこを集めて 庭の入り口に使っているのを見ると 
 昔の人は偉いなと思います。
 
【2012/11/25 17:26】 URL | 小紋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |