FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

名残の紅葉 in 梨木神社
nasinokijinja 3
梨木神社 舞殿
 今年の紅葉はもう終わりだと思いつつ、ちょっと時間ができたので梨木神社から御所へと足を延ばす。
 
nasinokijinja 2
屋根に積もった銀杏の葉
nasinokijinja 1

 さすがにこの時期は木々についている葉を愛でるというより、地面や屋根などに落ちた葉を楽しむ時期だろう。梨木神社のもみじは一部を除いて散ってしまっていたり、枝についたまま枯れてしまっているものも少なくない。奥に位置する拝殿周辺はもう終わりだったが、年輪を経た大きな銀杏の木のある敷地内は、黄色の雪が屋根や灯籠に深く降り積もっている。
 昨夜から今日にかけて冬型の気圧配置になった今朝は、昨夜のうちに時折時雨れていたようで、降り積もった黄色の落ち葉は、しっとりとした朝露に濡れている。陽射しはなく、時折微かに陽射しが戻ったり、濡れるほどではないにしろふいに細かく時雨が肩に掛かる。
 次から次へときりがないくらいに銀杏の葉はさらさらと舞い落ちてくる。人影はほとんどなく、白装束に身を固めた神社の方が竹箒で掃き清めていく音が、静かにリズミカルに境内に響くだけだ。そして思い出したかのように、風が冷たい息づかいで囁いて行った。

 この続きの御所はまた今度。
【2007/12/09 22:30】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«名残の紅葉 in 京都御所 | ホーム | 方丈庭と紅葉その2 in 東福寺»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |