FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

徒然道草 ちょっと立山までその4
1-IMG_1506のコピー
その1

 昨日の続きを。

 アキノキリンソウ夢中になっているこの子は誰だ?コマルハナバチ?

2-IMG_1513のコピー
その2 大日蓮山と地獄谷

 さて、チェックアウトをするのはどうも私が一番最後のような・・・ みんなずっと前に行ってしまったそうだ。やはりどこかに登るのだろう。残念ながら私は登るのが目的ではない。山とお花畑と、そして何より雷鳥が撮りたかったのだ。前日に頼んであったおにぎり弁当を受け取ると、お礼を言って宿をあとにした。

3-IMG_1537のコピー
その3

IMG_1537 - コピー-3のコピー

 中央の建物が宿で、その向こうが地獄谷。左の池がリンドウ池。リンドウの群生があるからその名前が付いたらしいが、どこ?斜面の茶色いのは枯れたハイマツ。硫化水素ガスで枯れてしまったのだろうか。まるで秋の気配だ。

4-IMG_1540のコピー
その4

 その反対側の谷間が雷鳥沢。

5-IMG_1564のコピー
その5

 雪渓を背景にチングルマの箒。

6-IMG_1566のコピー
その6

 タテヤマリンドウとチングルマ箒のツーショット。

7-IMG_1575のコピー
その7

 うしろを振り返りながら、どんどん室堂平へと戻りつつある。どこに行っても地獄谷が見える。

8-IMG_1577のコピー
その8

 朝のうち少し薄雲がかかっていたのがやっと晴れてきて、剣岳の峰が姿を現した。出ている間に地獄谷と一緒にパノラマで撮ろうとしていると、結構なお年の女性に話しかけられた。どう見ても70歳くらい。しかし立派なトレッキングの装備だ。

   大日連山がよく見えますね、あそこまで行ったんですよ。
   あんなに道が見えるんですねぇ。

   (ひえ~)

 少しお話しを伺っていると、剣にも登ったとか。鎖だらけの所だと言うことで、つまりはそう言うところを登ると言うことだ。いいや、私は遠慮しておこう。近江富士(三上山)だけでもひぃひぃいいながら登ったのだから。ご存知の方もあるだろうが、あそこの岩場も急斜面に命綱のように鎖が垂れていて、それを握りながら登らなければならない場所がある。
 話をしているうちに雲が出て来て、剣を隠してしまった・・・ ああぁ(/_;)

 彼女と別れて、少し行けばみくりが池。今日はどんな姿が見られるのだろう。

9-IMG_1617のコピー
その9

IMG_1617 - コピー-9のコピー

 どうもこの旅行ばかりは、雨女の称号を返上した方がいいようだった。水面に写り込む山の見事さ!

10-IMG_1619のコピー
その10

 池の側まで降りて、ちょっと記念写真。あまりの広さに、ぴよたちの姿が霞む。

11-IMG_1628のコピー
その11

12-IMG_1630のコピー
その12

13-PANOのコピー
その13

PANO - コピー-13のコピー

 この池の周囲で撮った写真は数知れず。どれだけ撮ってもまだ撮り足りない気分だった。

14-IMG_1593のコピー
その14

 そこから次のポイントに移動中に見つけたものたちを少し。

15-IMG_1596のコピー
その15

16-IMG_1607のコピー
その16

17-IMG_1601のコピー
その17

 しかし、雷鳥を初めとした、鳥たちの姿は全く皆無だった。

18-IMG_1642のコピー
その18

 一時雲に隠れていた剣が、再び青空に顔を出した。

 この続きはまた今度。 
【2012/08/29 00:00】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(12) | Page top↑
«京都夏紀行 @拾翠亭百日紅 | ホーム | 徒然道草 ちょっと立山までその3»
コメント
きつつきさん、こんばんは。

お元気でしたか。今年も厳しい夏になりましたね。
剣岳、なにかTVでやっていたのですね。
知っていれば私も見たかった(/_;)
【2012/08/31 19:57】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
相変わらずのご無沙汰です。
私もテレビで見ました。
スゥ~っと深呼吸したくなります^^
【2012/08/31 15:56】 URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集]
ひげさん、こんばんは。

反重力運動、とてもよく判る、素晴らしい表現です。
って、そこまで登ってはいないですよ。
若干の高低差はありますけど。
この夏山の様子が撮りたくてね。
大満足で帰ってきました。
【2012/08/30 20:13】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おはようございます。

タフやなぁ・・・。笑)

最近、反重力運動をいたしておりません。

でもこんな絶景を見れるのであれば・・・。
【2012/08/30 05:57】 URL | ひげ #-[ 編集]
小紋さん、こんばんは。

山の空気をいっぱい吸って頂けましたか。
美味しいお水、美味しい空気は最高でした。
空の2Lペットボトルを持参しようかと、
本気で考えていましたからね。
【2012/08/29 20:07】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、こんばんは。

夏山はやはり綺麗です。
天上のお花畑ですからね。
普段せせこましい街に住むものとしては、
本当に癒される立山でした。

さて、もう少しだけお付き合い下さいね。
【2012/08/29 20:04】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
・のび・さん、こんばんは。

そうなんよねぇ。
小さなバッタや、蛾、ハナバチくらいしか見られんかった・・・
ただ、お天気がよかったのが一番かな。
【2012/08/29 20:01】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
高い山の空気がここまで届きました。
 雄大な景色 残る雪 素晴らしいね!
【2012/08/29 10:59】 URL | 小紋 #-[ 編集]
おはようございます~。
広がる自然の美しさに
癒されますね(^^)
行った事がありませんが
いつか行きたい場所になりました。
【2012/08/29 09:07】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
そういうとこへ行けば
こちらでは見られない鳥が!
とついつい興奮してしまうけど
なかなかうまい具合には行かんのやね。
それにしても、気分爽快な眺めやね。
【2012/08/29 08:08】 URL | ・のび・ #pSJ6Fihk[ 編集]
torimyさん、おはようさん。

剣って言うくらいやから、険しいよね。
間違ってもスーパーウーマンにはなれへんわ。
室堂平でうろうろしているのが、私にはちょうどやわ。
そんなに体力ないもん。
【2012/08/29 07:09】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
さっきテレビで剣を見たばかり。
とんでもないとこやんな。
山へ行くと時々そ~ゆースーパーマン的年配者がいてるから 圧倒されるもん。
映り込みが綺麗なみくりが池・・・・羨ましい限り!
【2012/08/29 00:18】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |