FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都夏紀行 @嵯峨嵐山天龍寺放生池
1-IMG_9041のコピー
その1

IMG_9041 - コピー-1のコピー

 蓮の名所、天龍寺放生池。それほど広くもないが、中央に架かる石橋の背景に趣のある蓮池だ。

2-IMG_9044のコピー
その2

3-IMG_9048のコピー
その3

 夏なら池の全面に咲き乱れる蓮が涼を誘い、また、来世の営みまで想像をかき立てる。

4-IMG_9053のコピー
その4

 目立った園芸種はない。むしろ、ここまでシンプルな蓮の花だけしかないというのが気を引く。

5-IMG_9054のコピー
その5

 そんな淡いピンクの花びらの先端に何やらうごめくものが・・・

5-IMG_9056rのコピー
その5拡大

 ごく小さな、綺麗なコガネムシだった。蓮の花びらは、どう言うわけかコガネムシのごちそうらしく、囓っているのをよく見かける。

6-IMG_9055のコピー
その6

7-IMG_9063のコピー
その7

8-IMG_9085のコピー
その8

IMG_9085 - コピー-8のコピー

 まわりの桜の木では蝉がつんざくような大合唱。AFの小さな電子音だけが頼りの乱視の私の目では、心許ない。花托が多くなってはいるが、大振りな見事な蓮の花。それは心の目にも染みいる。

9-IMG_9112のコピー
その9

10-IMG_9119のコピー
その10

 時刻が過ぎるとともに、陽射しが強くなってきた。待っていたようにつんと背筋を伸ばして、その見事な花を見せつける。

11-IMG_9149のコピー
その11

 ひとり、恥ずかしそうに頬を染めている子がいた。

12-IMG_9067のコピー
その12

 深い池の縁では、子すずめが暑さに耐えかねて水を飲みに降りて来た。
【2012/08/20 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«京都夏紀行 @下御霊神社百日紅 | ホーム | 京都夏紀行 @嵯峨野大沢の池»
コメント
torimy さん、おはようさん。

想像してる池とはちゃうと思うで。
ここは浅い池やし、鯉のイメージはないから。
多分それは大沢の池やと思うわ。
あそこはここほど葉っぱが繁ってへんから、
鯉の色は真っ黒に焼けてたり、
白い肌が斑に真っ赤になっていたりと、
日焼けがひどいわ。
【2012/08/21 07:26】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ここ コイがウジャウジャしてる池?
これだけ日陰を作ってくれたら コイもUVカットできて 日焼けどめ いらんな。
【2012/08/20 23:38】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
Bakoさん、こんばんは。

そうでしたか。
きっとなにか引き合うものがあったのでしょう。
【2012/08/20 20:57】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、こんばんは。

Simple is best.
と言うわけでもないと思いますが、
蓮に関してはその言葉がぴったりだと思いますね。
【2012/08/20 20:56】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
コメ返しを読んで、よく見たら2007の記事でした。
何故? 蓮の花の記事に挟まれて「お通夜」の記事が・・・
お盆だからー?。
【2012/08/20 12:45】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
おはようございます~。
先日、私も訪れましたが
天龍寺の蓮はシンプルさが
逆に美しい感じがしますね。
広がる美しい風景に心癒されました。
【2012/08/20 06:20】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |