FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都夏紀行番外編 @滋賀県箱館山ゆり園 その1
1-IMG_8034のコピー
その1

 何年ぶりだろう、この風景を見るのは。学生の頃以来だと思われる。2年間だが、冬になると週末に他の寮生と交代で、箱館山に泊まりのバイトに来ていた。もちろん、寮の監督には内緒だ。泊まりのバイトは禁止されていたが、みんな生活費や学費、強いてはお小遣いを稼ぐために多分殆どがアルバイトをしていた。私も年間を通じて12時間勤務のバイトも掛け持ちしていた。バイト先に宿泊施設が整っていたので、22時に仕事が終わって相棒とそこに泊まり、そこから通学と言うことをしていたのだ。外出届にはもちろん全くの嘘を書くわけだが、みんな共犯なので、順繰りに同じ市内の友人の実家を書き込む。

 う~ん、懐かしい話だ。門限破りも公の秘密。こっそり開けて貰って入っていた。だって、自分で稼がないとやっていけなかった。奨学金を貰ってきている子もいたが、返すのがたいへんなので私は貰わなかった。今から思えば、両親には苦労をかけたものだ。

 おっとっと、また前置きが長くなった。そんな思いでの箱館山だ。最近は夏のリゾートにゆり園などというものができて、やっと機会を得て行って来た。

2-IMG_8035のコピー
その2

 学生の頃は、このリフトではなかった。もっと大型だったのだ。下界を見下ろすと、右手にその名残のコンクリートの箱みたいなものが見えるが、そこが駅だった。

3-IMG_8037のコピー
その3

 この山を越えて、もうひとつ。これは変わっていないなあと。高い所が嫌いな私は、現在の8人乗りはどうも乗り心地が悪い。揺れる度にひくっと背筋が寒くなる。

 笑いたい人はどうぞ、ご遠慮なく。

4-IMG_8040のコピー
その4

 駅を出ると目の前にどんとゆりの花園。リフトは以前のまま。あそこにあの建物があって、こう道が続いて、と、昔の記憶が甦る。日中の仕事が終わるとこのリフトで上がって、コブだらけで夜間照明のコントラストでコブの位置もよく判らないままスキーで降りたものだ。恐くて何回も留まりながらで、地元の子によく笑われた。板はレンタルのものをそのままただで使わせてくれた。バイトに行くときの楽しみだった。

 そんなスキー場にゆり園だって・・・ スキー場だけでは経営も苦しいし、管理はちょっとたいへんかも知れないが、ひと夏にたくさんの人が訪れるという。ペットもOK。入園料別途500円。多くのわんこが来ていた。

5-IMG_8042のコピー
その5

6-IMG_8043のコピー
その6

7-IMG_8045のコピー
その7

8-IMG_8047のコピー
その8

 まず小高い丘の斜面に混在して咲いている色とりどりのゆりにびっくり。これをどう撮れと言うのだ?そうそう、この丘の上には確かパトロールの詰め所があったはずだ。麓に住む男性の方たちで、当たり前だがとてもスキーがうまかった。

9-IMG_8049のコピー
その9

10-IMG_8050のコピー
その10

 そして個性的な花たち。見たこともない色のゆりたち。また、強い香り。これだけ咲いていれば香りも凄い。花粉も凄いことになっていると思われる。ゆりのアレルギーがある人は、絶対に行かないように。帰りがけに、くしゃみの連発で死にそうになっているおじさんがいた。

11-IMG_8054のコピー
その11

 第2ヒュッテ。お昼はここで食べる予定にしている。

12-IMG_8057のコピー
その12

13-IMG_8063のコピー
その13

 山の上には虫はいないのかなと足下を見ると、いた、みっちーさんだ。国産クローバーの蜂蜜集めをしている。

14-IMG_8069のコピー
その14

 これも初見の種類。なかなか華やかだ。

15-IMG_8077のコピー
その15

16-IMG_8078のコピー
その16

 広いゲレンデを歩き始めると、ようやく混乱から立ち直ってきた。なにしろどう撮ればいいのか、本当に困ったのだから。

17-IMG_8083のコピー
その17

 ゆりの花だけを見ているとここがどこなのか解らないが、リフトの支柱が見えると、やはりここはゲレンデなんだと実感する。不思議な空間だった。

18-IMG_8090のコピー
その18

 小高い丘から見下ろす高島の街並みは、霞んで見えなかった。

 この続きはまた今度。さて、何回シリーズにしようか、まだ決まらず。おそらく3回くらいか。このゆり園は8月19日までなので、興味を持たれた方は予定を組まれよ。
【2012/08/08 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«琵琶湖大花火大会 予告編 | ホーム | 季節のご挨拶»
コメント
Katsuさん、こんにちは。

何とか機会を作りました。
いやもう、この日も蒸し暑くてたいへんでしたけどね。
こんなに凄いとは思いませんでした。
しばし呆然・・・

今夜滋賀と言うことは、あれしかないですね。
私も行くんです。はい。
【2012/08/08 15:42】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Bakoさん、こんにちは。

ちょっと訂正しましたが、ここは滋賀県の北部、
高島市にあるスキー場です。
読み方が同じなので紛らわしくて済みません。
【2012/08/08 14:19】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
鍵コメさん、こんにちは。

はい、ありがとうございます。
【2012/08/08 14:18】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
・のび・さん、こんにちは。

ふむ、試してみる価値は大きいで。
帰る頃には強い香りで頭が痛うなった。
杉と稲科にはだめなんやけど、
ゆりはどうもないんよね。
【2012/08/08 14:17】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おおお、行ってこられたのですね。
昨年行きましたが、暑すぎる日で大変でした。
ホントなら涼しさを少し感じられるのですけどね。

色とりどりの百合の花、やっぱり綺麗です。
今年も行きたかったのですが、ちょっと無理そうです。
でも、今日は滋賀県に行く予定!です。
【2012/08/08 12:22】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
えっ!
今度は北海道?フットワーク軽いな!
と思ったら、京都の方に函館山ってあるんですね。
最近、視力が特に弱り、誤読が多くって、漢字を形だけで読むので、「あれっ?」意味不明が増えて困ってます。
寄る年波ですかね。
【2012/08/08 11:48】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/08/08 11:39】 | #[ 編集]
さすがにあれこれと
色とりどりやね。
ユリの花粉に耐性があるのか
調べに行きたいかも・・・
【2012/08/08 08:01】 URL | ・のび・ #pSJ6Fihk[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |