FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都新緑紀行 @八瀬瑠璃光院
1-IMG_5593のコピー
その1

 まだ桜も咲かない早春、馬酔木を求めて瑠璃光院を訪れた以降、とうとう機会をなくしてしまい、この春は無理かと思った5月も終わりにやっと重い腰を上げた。夕立の合間を縫って。撮影は5月28日の午後。雨の中仕事から帰ってきて、止んだのを見計らって出かけたのだが・・・

2-IMG_5595のコピー
その2

 雨上がりの山露路は、しっとりと雨に濡れて雫をいっぱい付けた苔が出迎えてくれた。

3-IMG_5596のコピー
その3

 激しい夕立のあと、靴箱を見ると数足のみ。よかった。受付を済ませると真っ直ぐ2階へ。嬉しいことに誰もいない。3月に来たときと同じように机が並んでいる。

4-IMG_5597のコピー
その4

5-IMG_5600のコピー
その5

6-IMG_5605.jpg
その6

 窓の外は深い緑。机にも波打った緑。そう、これが見たかった。どこかの撮禁の床もみじとは大違いだ。

7-IMG_5607のコピー
その7

 高い所は苦手だが、やはりここでは2階書院の窓から瑠璃の庭を見ない手はない。お庭からにっと笑われたような気がする・・・

8-IMG_5621のコピー
その8

 それでは1階の書院へ。雨上がり、薄日の差した瑠璃の庭。テーブルが増えている。脚の悪い人用に立礼式の茶席が設けられたのだ。では、独り占めできるうちにお茶をいただくことにした。

9-IMG_5622のコピー
その9

 最近、ディスポの紙おしぼりが付くようになったのも嬉しい。

10-P5290109rのコピー
その10

 若菜屋さんのお菓子は、とても楽しみ。お茶をいただいているうちにモリアオガエルが鳴きだした。一雨、それもかなり激しい雷雨の雨だったが、雨が降って嬉しくなったのだろう。大合唱が始まった。それとも私に聞かせたかったのだろうか。



 そこへ本堂から読経と鐘の音が被る。それとも読経に誘われたのだろうか。負けじと鳴くカエルの声。

11-IMG_5633のコピー
その11

12-IMG_5634のコピー
その12

 一息ついたら階段を降りて茶庵喜鶴亭へ。渡り廊下から見下ろす景色もいいものだ。臥龍の庭にはカキツバタが見えた。

13-IMG_5637のコピー
その13

 毎年5月の終わりに訪れる目的は、モリアオガエルの卵塊もある。しかし今年はいくら目を懲らしても見あたらない。先刻、瑠璃の庭で若い庭師の男性と少しおしゃべりをして顔見知りになったこともあり、庭仕事のために降りてこられたところを掴まえて尋ねると、こちらからは見えない位置に少しあると言うことだった。5月に入って雷雨はあってもしっとりと優しい雨がなかったので、産卵も遅れているのかも知れない。ちょっと残念だった。

14-IMG_5638のコピー
その14

15-IMG_5642のコピー
その15

16-IMG_5651のコピー
その16

 卵塊がなくても、臥龍の庭を眺めるだけでも癒される。カキツバタがまだ見られて、もっと嬉しくなる。

17-IMG_5654のコピー
その17

 その池の畔で庭仕事をするために奥の茶室が一時立ち入りを止められ、いつもは開いていない障子の雪見窓が開かれた。これはちょっと運がいい。

18-IMG_5657のコピー
その18

19-IMG_5660のコピー
その19

 もう一度渡り廊下から見下ろす。

20-IMG_5663のコピー
その20

21-IMG_5667r.jpg
その21

 再び2階の書院へ。その頃には再び遠くで低く雷鳴が響き始めており、いくらもしないうちに雷雨となるのは目に見えていた。これが潮時か。

22-IMG_5669のコピー
その22

 許されるなら私もこのように外を眺めていたかったのに・・・ 夕立も止んだし青空も少し見えていたので、傘も持たずに出て来たのだ。降らないうちに駅に入らなければ。受付を再び通るとき、

   また秋にもお世話になります

   はい、お待ちしています

 そんな会話がちょっと嬉しかった。

23-IMG_5670のコピー
その23

 途中で小雨が降り出した八瀬。濡れるのもかまわず、最後キショウブを愛でて。 
【2012/06/04 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«花火 @宝ヶ池国際会館 | ホーム | 光明院»
コメント
・のび・さん、お疲れさん。

そう思うやろ?
観光客のマナーの悪さは年々ひどうなる。
タクシーも台数が増えすぎてお客の取り合いやろ?
不況で利用者も減るし。

だからってさー、あの案内はあかんわ。

撮禁も許可して、その代わりにルールを作ったらええと思うんや。
門川市長もようやったとおもうで。
そやけどな、
観光客ならマナーの悪さも目を潰れは許されへんと思うんよね。
外国人、特に中国人の汚さはもっと厭やね。
【2012/06/05 16:05】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
まことにまことに、その通り。
写り込みの美しく涼しげなこと!
観光客のマナーの問題もあるんだろうけど、
それで稼がせてもらってるわけだから
『撮禁』『撮禁』じゃなく、
何か他の方策を模索してもイイと思うけど・・・
京都は人が来るからって
少し驕り高ぶりがヒドいような気がするなぁ、特のこの数年。
少なくとも、
小さい時から知っている京都はどんどん消えていってるような気がする。
それともまんまと『京都』をブランド化できたから
万事オッケーということなのか・・・
【2012/06/05 08:07】 URL | ・のび・ #pSJ6Fihk[ 編集]
torimyさん、こんばんは。お返事が遅くなりました。

夕立のあとは最高の眺めやったわ。
これで途中でごろごろ言い出さなかったら、
もうしばらく居たんやけどね。

春と秋のシーズンだけの公開やから、
露の頃は判らへんし、
ここの雪景色が見たいもんやわ。
春先の雪を待たなあかんね。
【2012/06/04 20:42】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、こんばんは。お返事が遅くなりました。

激しい夕立のおかげで、ゆっくりすることができました。
結局帰りには降られましたけど、
雨上がりの庭園を見られて好かったです。
【2012/06/04 20:39】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
雨上がりの夕方の風情も落ち着きがあって ゆったりとした気分になれるね。
日に日に緑の色が変化しながら、この先梅雨に入ると また別の趣が楽しめるかも・・・ね。
【2012/06/04 08:55】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
おはようございます~。
雨で濡れた緑と苔が何ともいえず
綺麗ですね(^^)
人も少なかったようで広がる風景を
ゆっくり愛でる事が出来たようで
癒されたのではないでしょうか?
【2012/06/04 06:02】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |