FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

竹情荘 風音心感 風を感じるギャラリーカフェ @東山
1-IMG_5327のコピー
その1

 毎年この時期新茶が出ると、東山にある宇治茶専門店「大谷茶舗」から新茶を地方発送をお願いするのだが、昨日ようやく依頼してきた。その時、カウンターの上にあったお店の名前を記したカード・・・

   知り合いがカフェを開いたんですよ

 奥さんはまだ行ってはいないと言うことだったが、カードに書かれた毛筆の店名といい、表装がとても感じのよいできだったのでとても気になった。で、今日早速行ってきた。どっちが目的か判らないが、東福寺のサツキの様子を見たかったのだ。その帰りに。場所は光明院の直ぐ側。

 あの辺りにそんなギャラリーなんてあったかなあと思っていたのだが、何のことはない、以前から気になっていた趣のある古いお宅だった。

2-IMG_5293のコピー
その2

 開店祝いの胡蝶蘭が飾られた玄関先。黒光りのする扉や廊下の板の間の艶。いい感じではないか。

   ごめん下さい・・・

 出てこられたのは感じのよい男性。このカフェのご主人のようだ。カフェができたと聞いてやって来た旨を告げ、上がった。 こちらは和室だが、他にも清水焼などが並ぶギャラリーにカウンターバー、夜はバーで一杯飲めるのだ!大正のモダンな香りのする洋室に、静かで落ち着いたしつらえだった。5月から始めたばかりで、お庭などはまだ手入れの進行中。

2-IMG_5302のコピー
その3

 この照明など、大正モダンそのもの。等々眺めていると何やら視線を感じる・・・ 誰だろう?

3-IMG_5299のコピー
その4

 この子だ。草陰に隠れて様子眺め。

   怪しいもんとちゃうよ

4-IMG_5310のコピー
その5

 ご主人にこのお店についてたくさんお話しを伺った。彼のおじいさま・おばあさまがここをアトリエにしておられたとか。おじいさまが日本画、おばあさまがお茶を教えておられたとか。改修工事もかなりたいへんだったと言うことだった。

5-IMG_5312のコピー
その6

6-IMG_5313のコピー
その7

 どこもここも気になる場所ばかり。その中で特に目を引いたのがこの天井板。かなりいい状態だ。大正時代のものとは思えないほど。それも綺麗な木目の一枚板。少なくとも1mx2mくらいの立派なものだ。これが一枚板と言うことは、元の材木の大きさを考えると目が回る・・・ 今の時代では滅多に手に入らないだろう。

7-IMG_5322のコピー
その8

 床の間には掛け軸。悲しいかな達筆が読めないのだが、かなりいいものであることは判る。先々代の東福寺の管主さんの筆とか。

8-IMG_5320のコピー
その9

 庭には伸びた萩の枝が見える。あっという間に伸びるし、増えて困るほどらしい。いっそのこと萩の名所でもいいのだが、お庭の手入れまでなかなかと苦笑された。

9-IMG_5323のコピー
その10

 お庭の手入れの時、松の枝にキジぽっぽの巣があることに気づき、選定作業をどうしようかとご主人と植木やさん、工務店さんと3人の男性が頭を抱えたとか。そんな折雛が2羽巣立って万歳三唱。その後もこのお庭に度々現れる。住み着いてしまったようだ。そんなお話しをしているときに、そのキジバトの姿を見ることができた。余程ここを気に入ったのだろう。

 静かな佇まいで、風が渡っていく音が心地よい。まさに風音心感。

10-P5230102のコピー
その11

 で、注文したのがコーヒーとお抹茶のケーキ。

11-IMG_5324のコピー
その12

 トレイを乗せているのは手作りの木枠で、これならお座敷にも置ける。カップは偶然知り合った若い作家さんの作品。薄いカップは軽くて飲みやすい。色合いもシックだ。おしぼりの入っている小さな竹籠は、重しに箸置きが入っていた。

12-IMG_5306のコピー
その13

 飲み物とお菓子は組み合わせ自由。こちらで使用しているお抹茶は大谷茶舗のもので、ケーキもこのお店のもの。私もこのお店のお茶は美味しいと思っており、話が合う。他にもたくさんお話しをさせて頂いたのだが、何かと共通点があって、これはお店の奥さんが取り持ったえにしだと思った次第だ。

 まだ始められたばかりでこれからもどんどん好くなりそうな予感。こちらに来たときには立ち寄りたいと思う。お庭の木々も季節ごとの種類が多くて、どの季節でも楽しめそうだ。特に萩と山桜、それが楽しみになった。

 長い時間おしゃべりをして、まったりとした時間を過ごさせて頂いた。場所はすぐに判る。東福寺の南門を出て、光明院へ至るまでの西側。

13-P5220095のコピー
その14

コピー ~ P5220095-13のコピー

 今日のおまけはこれ。って、おまけで大きくなるのか。近所のツバメ。いつぞや孵化したばかりのツバメの紹介をしたが、その子。他の兄弟はみんな先に巣立って最後の雛のようだった。昨日の画像なのだが、帰りに見てみると既に姿はなく、とうとう巣立ってしまった。ちょっと寂しい気もする・・・
【2012/05/24 00:00】 京のごはんとカフェ | トラックバック(1) | コメント(6) | Page top↑
«シャクナゲ @雨の室生寺その2 | ホーム | シャクナゲ @雨の室生寺その1»
コメント
Katsuさん、おはようございます。

そう、ここです。その位置です。
東福寺からも近いので、どうぞ覗いてみて下さい。
お庭はまだ充分には整備できていないのですが、
ゆっくりできます。
【2012/05/25 06:41】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おお、これですね。例のカフェ。
光明院よりは北なのですね。覚えておきます。
お庭を見るだけでも値打ちがありそう。
天井板も立派ですねぇ。
これも、もし行ったらチェックしたいポイントです。
東福寺のサツキを見に行くついでに覗こうかな(^-^)
【2012/05/24 23:50】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
youpvさん、こんばんは。

そう言わはるだろうと思いました。
きっとKatsuさんも気に入って頂けるのではないかと、
ちょっとほくそ笑んでいます。
ギャラリー以外のお部屋でしたら、
どこでも好きなところでお茶がいただけます。
【2012/05/24 19:54】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
小紋さん、こんばんは。

私も楽しみが増えました。
次に行ったときには、どんなしつらえになっているかと、わくわくです。
天井板も一部シミがあるものの、
保存状態はとてもいいのです。
【2012/05/24 19:52】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おはようございます~。
こういう雰囲気のカフェ、めっちゃ好きですね。
近くまで行ったら訪れたいなぁと思います。
【2012/05/24 06:52】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
趣豊かな茶所が 東福寺のすぐそばで また楽しみが一つ増えました。
 あの家かな なんて思いながら・・・
 一枚板の天井 いまでは贅沢の極みですね。
 どんどん新しいいものに変わっていってるので 貴重です。
 最後のツバメ もうすぐ巣立つかな。
【2012/05/24 05:27】 URL | 小紋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
その1 毎年この時期新茶が出ると、東山にある宇治茶専門店「大谷茶舗」から新茶を地方発送をお願いするのだが、昨日ようやく依頼してきた。その時、カウンターの上にあったお店の名前を記したカード・・・   知り合いがカフェを開いたんですよ 奥さんはまだ行っては?...
【2012/05/24 03:15】 | まとめwoネタ速neo
| ホーム |