FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

シャクナゲ @雨の室生寺その1
1-IMG_0774のコピー
その1

 先日の続きを。う~ん、いつのことだ?雨の長谷寺を出て大宇陀は室生寺へ向かう。到着した頃には雨も殆ど上がって、山腹は靄に覆われていた。湿っぽい空気を思いっきり吸うと、気分もすっきり。
 さあ、行こうか。

2-IMG_0781のコピー
その2

 朱塗りの太鼓橋を渡る。この様子だと雨にも負けずに咲いていてくれそうだ。

3-IMG_0785のコピー
その3

 仁王門の仁王さんたちに挨拶しようと思ったが、この通り人の多いこと。次から次へと訪れる人が多い。それだけシャクナゲも見事なのだろう。

4-IMG_0799のコピー
その4

 金堂の前に出る石段。少し濃いめのピンクも鮮やか。

5-IMG_0809のコピー
その5

コピー ~ IMG_0809-5のコピー

 淡い色はもっと優しい気分にしてくれる。

6-IMG_0812のコピー
その6
 
 何年前だっただろうか、この石段に木製の手すりが設置された。雰囲気を壊すのかどうかと固唾を呑んで見ていたが、いまでは白かった木肌も落ち着いた色になり溶け込んできた。それにも増して、高齢者の方、この日は松葉杖の小学生までもがこの手すりを持ちながら何人も登っていく。やはり手すりができて本当によかったと思う。

7-IMG_0831のコピー
その7

 石段の途中にそびえる杉の大木の足元。

8-IMG_0832のコピー
その8

 大木の下ではあったが、そこだけ切れて明るい。

9-IMG_0834のコピー
その9

 新緑のもみじと。

10-IMG_0836のコピー
その10

11-IMG_0843のコピー
その11

12-IMG_0844のコピー
その12

コピー ~ IMG_0844-12のコピー

 本堂前に出る石段にも、被さるように咲き乱れる。

13-IMG_0852のコピー
その13

 本堂にも多くの人がお参りに訪れており、ひっきりなしだ。

14-IMG_0854のコピー
その14

 ため池には緑が写り込み、小さな濃いの朱色がとても鮮やかだった。

 この続きはまた今度。
【2012/05/23 08:47】 奈良 | トラックバック(2) | コメント(4) | Page top↑
«竹情荘 風音心感 風を感じるギャラリーカフェ @東山 | ホーム | 金環日食 観察編»
コメント
torimyさん、おはようさん。

青もみじが綺麗だったからね。
どこみても緑とピンクのシャクナゲ。
贅沢な時間やった。

せわしなかったけど・・・
帰りの交通機関のこともあるから。
【2012/05/24 05:48】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
緑のバリエーションが豊かで、しっとりとした季節感が出てるね。
夏になったら 木々の緑はおもしろくないもん。
【2012/05/23 23:26】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
・のび・さん、お疲れさん。

ありがと、ありがと(^^)

雨上がりやしね、明るさの加減が難しかってん。
そやけど、その分ええ感じになってよかったわ。
【2012/05/23 21:03】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
その4,イイねぇ~。
シャドウの粘りがなおイイねぇ~。
【2012/05/23 18:20】 URL | ・のび・ #pSJ6Fihk[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
シャクナゲ咲く鎧坂。 室生寺の春は、シャクナゲに包まれます。 (※5月1日撮影) いつもの太鼓橋を渡ると、満開のシャクナゲが出迎えてくれました。 おりからの小雨でしっとり。 雨を狙ってきた甲斐がありました。 とはいえ、晴れ男の宿命なのか、降ったと...
【2012/05/28 12:22】 | 花景色-K.W.C. PhotoBlog
その1 先日の続きを。う~ん、いつのことだ?雨の長谷寺を出て大宇陀は室生寺へ向かう。到着した頃には雨も殆ど上がって、山腹は靄に覆われていた。湿っぽい空気を思いっきり吸うと、気分もすっきり。 さあ、行こうか。その2 朱塗りの太鼓橋を渡る。この様子だと雨にも...
【2012/05/23 15:10】 | まとめwoネタ速neo
| ホーム |