FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

金環日食 観察編
1-IMG_4883rのコピー
その1

 早朝5時過ぎはオレンジ色の朝日が昇っており幸先いいと思っていたが、6時過ぎからにわかに曇り始めた東の空。

2-IMG_4888rのコピー
その2

 20分も回ってようやく少し輪郭が現れる。

3-IMG_4893rのコピー
その3

 その後は風が吹いて空も晴れ渡って来るではないか。その頃になって多くの人が集まり始めた。やはり小学生を連れた親子連れが目立つ。

4-IMG_4904rのコピー
その4

5-IMG_4915rのコピー
その5

 若いお母さんたちの会話が耳に入ってくる。太陽めがねで覗いてもどこに太陽があるか判らないと言う。何のことだろう?サングラスと同じで、そのまま見たらくっきりと見えるのだが・・・?

   じっと見てて、慣れたら見えるわよ。山の線なんかもうっすらとわかるし

   (へ・・・?)

 ちょっとそれって危ないのではないのか?太陽を見るためのものだから、他のものは見えないはず。ホームセンターで買ったという声も聞こえた。案外充分にカットできていない粗悪品が出回っているのかも知れない。

6-IMG_4924rのコピー
その6

7-IMG_4926rのコピー
その7

 さすがに私のようにフィルターを付けたカメラを持って来ている人の姿はなかった。コンデジとケータイのカメラを太陽めがねに当てて撮ろうとしているがうまくいかないようだ。
 まだ人が少ないとき、ひと組の親子連れのおとうさんが必死になっていたので、レンズに被せていた自作セルを外して撮り方をレクチャーして、何とか撮れたようだった。きっと職場で見せるだろうと想像すると嬉しくなった。大学の職員なのか、早く出勤してグランドで見ているヤツがいるだろうなあと、奥さんと苦笑している。

8-IMG_5181rのコピー
その8

9-IMG_5185rのコピー
その9

10-IMG_5201rのコピー
その10

11-IMG_5213rのコピー
その11

 さあ、どんどんクレシェンドに近くなってきた。辺りはひんやりとする。風も冷たく感じる。暗くはないが、露出を間違えてマイナスにし過ぎた写真のような光景になってきた。もしくは映画などの撮影で、昼間の撮影にフィルターをかけて暗くしているのがバレバレのような屋根の反射。鳥の声は少し小さくなったような気もする。

12-IMG_5223rのコピー
その12

コピー ~ 12-IMG_5223rのコピー

 来た!ベイリービーズだ。さすがにフレアまでは判らないが、きっとこの辺りが太陽ラインの北限くらいなのだろう。ぎりぎり繋がっている。

13-IMG_5242rのコピー
その13

コピー ~ 13-IMG_5242rのコピー

14-IMG_5246rのコピー
その14

コピー ~ 14-IMG_5246rのコピー

 これが金環日食の瞬間。細いラインでかろうじて繋がっている。

15-IMG_5249rのコピー
その15

 あっという間にリングは崩れて、離れてしまった。



 ビデオではないので、追いかけながらカメラを動かしたので少し揺れるところがあるのをご承知頂きたい。回りの人の声も歓声が上がって、みな興奮状態だった。前後を撮ったので少し長い。

16-IMG_5251rのコピー
その16

17-IMG_4928rのコピー
その17

18-IMG_4943rのコピー
その18

19-IMG_4949rのコピー
その19

 離れてしまうととても寂しくなった。金環になるまではうきうき・わくわくして待ったのだが、目撃した途端にテンションが下がってしまいそうだった。

20-IMG_4953rのコピー
その20

21-IMG_4958rのコピー
その21

 この頃になると回りには誰もいなくなってしまった・・・ 日食酔いが醒めてしまったようだ。なんだかそっけないなあと、とても残念に思う。せっかく黒点も見えて来ているのに。いや、めがねだけでは見えないか。コンデジのズーム最高にしても無理か・・・ そうか・・・

 22-IMG_4966rのコピー
その22

23-IMG_4976rのコピー
その23

24-IMG_4982rのコピー
その24

 ああ、元に戻るまであと僅か。僅かな時間でこの283年ぶりの金環日食も幕を閉じる。素晴らしいドラマだった。

25-IMG_4993rのコピー
その25

 そして終わった。

26-IMG_4993rrのコピー
その26

コピー ~ 26-IMG_4993rrのコピー

 最後に戻った太陽の黒点をご覧いただこう。曇っていたら諦めたのだが、晴れてきたので今回は2台のカメラで日食を追いかけて動画を撮ることにした。本当に忙しかった。しかしこのような機会は一生かかっても巡っては来ない。日食病という病気がある。一度この病にかかると一生治らないので、死ぬまで日食を追いかけることになる。幸いにも私はなんとか罹患せずに済んだようだ。だが今年は天体ショーが目白押しで、ちょっと忙しい1年を送ることになりそうだ。
 今年は課題の提出が多く残っている。それを片付けることができるのだろうか。普段の撮影を控えなければ・・・


 ところで、京大時計台記念ホールでは特別講演が開かれることになっており、9時半開演に間に合うようにと大急ぎ。定員500人となっていて、ぎりぎり滑り込みで入ることができた。何しろ特別ゲストに「喜多郎」さんの生演奏があるのだ。メインは音楽と宇宙映像融合の試みと称して、3編の映像を見た。映像は星空ネットワークの講演会でも目にしたことのあるもので、それに喜多郎さんのアルバム古事記の曲を乗せていた。映像と音楽がぴったりで、このアルバムは私も持っていて、何度となく聞いては多くの想像力を働かせていたものだ。

 昨日まで京大博物館で日食にまつわる展示もあったのだが、その中にこの9月に公開になる映画「天地明察」に使われた大道具、昔の天体観測に使われた器械なのだが、それを展示室に上げるのにエレベーターに乗りきらず、最終的に助けを求めたのが京大とも繋がりのある吉田今宮社御輿担ぎの皆さんだったとか。秋の神幸祭には時計台広場でも御輿が入るのだ。

 今日は長くなったので今夜の更新はお休みさせて頂きます。明日はまた早いので。
【2012/05/21 21:45】 天空 | トラックバック(2) | コメント(18) | Page top↑
«シャクナゲ @雨の室生寺その1 | ホーム | 淀競馬場»
コメント
youpv さん、おはようございます。

世紀の天体ショーに気合が入りました(^^;
お休みまで取りましたからね。
最初から最後まで、しっかり観察記録ができました。
小さな写真集でも作れそうです。
【2012/05/23 07:27】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おはようございます~。
バッチリですね(^^)
ちょうど出勤時間と重なっていたため
カメラは持たずに駅で見ていました。

これだけいい感じに撮れると気持ちいいですね。
【2012/05/23 05:22】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
Bakoさん、こんばんは。

祈りが届いたようです、ありがとうございます。
あちこち、多くの人が楽しみにしていた日食ですからね。

何度でもご覧下さいね。みなさんの喜ぶ顔が目に浮かびます。
【2012/05/22 20:06】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
われもこうさん、こんばんは。

二度美味しい日食ですか(笑)
こんな機会は二度とないので、やれるだけのことはやってみようと、
そりゃあもう必死でした。

日食めがねも役に立って本当に好かったです。
さあて、次は金星。うまくいくといいなあ。
【2012/05/22 20:03】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
小紋さん、こんばんは。

お天気の悪い地域が多かったようですね。
見て頂いて好かったです。
【2012/05/22 19:59】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

お嬢さんたち、大喜びだったでしょうねぇ。
私も同僚の子どものためにプリントして持って行ったのですが、
回りのスタッフが喜んでしまい、
職場に貼られてしまいました・・・(苦笑)

12月の皆既月食ではあまりの寒さに最後まで撮れなかったので、
今回は気合を入れました。
金星通過はその小ささに厳しそうですが、
また頑張るつもりです。
【2012/05/22 19:58】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、こんばんは。

それでは一番肝心な時に曇ってしまったんですか。
残念でしたね。
こちらはかけ始めるときだけでしたので、
ずっと見ることができました。
最高の天体ショーでした。
【2012/05/22 19:54】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ひげさん、こんばんは。

早朝からのお仕事だと日食どころではないですね。
お疲れさまでした。
曇っていたり雨が降っていた地域もあったようで、
ここは本当に運がよかったです。
【2012/05/22 19:52】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
良かったです。 晴れてー。
祈ってましたよ。
こちらは、小雨のぱらつく天候で準備していた人たちは とても残念がっていました。
今度、この動画を見せて上げましょう。
【2012/05/22 17:23】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
あ~~、さすがに、素晴らしい^^
なまじの写真撮らずにたっぷり堪能して、こちらで復習・・・サイコー♪

そちらは、限界線近くだったんですね。
リングは短かったようで、でも、なんとかビーズや黒点まで観察されて、素晴らしいです。

頂き物のメガネもありましたが、花山さんとこのメガネの方がずっと優秀でした。良いもの手に入れて、6月6日もこれでしっかり見ます。
【2012/05/22 17:19】 URL |  われもこう #-[ 編集]
雨の九州でした。ここで満喫 みたみた!
【2012/05/22 09:04】 URL | 小紋 #-[ 編集]
素晴らしい観察記録ですね。
黒点までバッチリ。
そして、かけおわりまで丁寧に撮られててスゴイです。
私は出勤しなければならなかったのですが、取り急ぎ金環日蝕の瞬間を一枚現像して3枚プリントし、子どもたちの学校へ持たせました(^-^)
で、車中からその一枚をアップした、というわけです。

しかし、やっぱりちゃんと自作されたフィルターは写りがいいですね。
次回(いつだろ??)は作りたいです。
金星通過は撮れるかどうかわからないし(^^;;
【2012/05/22 08:33】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
やりましたね。拍手です。
私のところでは、欠け始めて暫くすると
俄かに厚い雲で太陽が遮られ
結局金冠は観られませんでした。
此方で最後まで拝見できたので良しとしましょう(笑)
【2012/05/22 04:49】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
あーちゃん おはようございます。

堪能しました。

我が地方は、とんでもない濃霧・・・早朝4時より土方仕事・・・帰ってきたのが7時過ぎ・・・なんだか暗いねとカカと会話・・・そうだ金環日食だ・・・それが8時ごろ・・・夕方の積りで、そのまま寝ました・・・。笑)
【2012/05/22 02:55】 URL | ひげ #-[ 編集]
雅堂さん、こんばんは。

理科の教育に役に立ちそうですか。
こちらは木漏れ日がなくて、撮れなかったんです。

明日、どんなに眼をきらきらさせて見てくれはるんでしょうね。
私も楽しみです。
【2012/05/21 23:04】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、頑張ったで。

ここまで来たら完成度の高いものをと意気込んだけど、
反省点はぎょうさん・・・
撮り直したいのは山々なんやけど、
次があらへん。

フィルムはよう働いてくれたわ。
値段以上の代物やね。
【2012/05/21 23:01】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
お疲れ様でした。
ベイリービーズまでくっきりと…ああ、やっぱり阿修羅王さん。訪ねて良かった。私はひさびさ出した望遠鏡のサングラスがかびてて木漏れ日写真を携帯で撮るので精一杯でした。
明日息子が中間考査終わって帰って来たら、また子供らと見せてもらいに来ますね↑
【2012/05/21 22:45】 URL | 雅堂 #-[ 編集]
よく撮れたもんやね。
根性やな!
あのフィルムの威力はすごい。
【2012/05/21 22:22】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
見事な天体ショーでした。 取り急ぎ通勤電車内からアップします。 急ごしらえの日蝕メガネ部品を用いた撮影でしたが、金環日蝕中は薄曇のおかげでそのまま撮影できました。 また夜に追加アップしますね~(^-^)/ 追加アップしました。6時に起きた時は、まん丸だっ?...
【2012/05/22 09:01】 | 花景色-K.W.C. PhotoBlog
7時少し前の様子。
【2012/05/21 10:27】 | まとめwoネタ速neo
| ホーム |