FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

御蔭祭りその2 @下鴨神社
1-IMG_3147.jpg
その1

 昨日の続きを。

2-IMG_3177.jpg
その2

 さて、八瀬御蔭神社での神事を終えて行列が戻ってきた。あらみたまを奉じた神馬は糺の森を進んできたが、不用意に焚かれたストロボに驚き、いなないて大きく動いた。それが何回も続き、白い神馬は落ち着かない。とうとう神職の方の注意が入る。その後もやはり時折光っているところを見ると、競べ馬の時と同じで、コンデジのストロボを禁止するカメラ操作を知らない中高年の観客が多いのだろう。光っていることさえ気づいていないかも知れない。困ったことだ。

3-IMG_3202.jpg
その3

 この馬に付けられた飾りも、荒御霊にお供えする飾り。この子は手綱を曳かれて静かに歩いて行った。

4-IMG_3210.jpg
その4

 この五色幕の中で荒御霊は見物されるのだ。

   え、出られへんの?

   そういうことだな。

1-IMG_3313のコピー
その5

  ここでは切芝神事と言って、迎えた荒御霊を歓迎する舞や演奏が行われる。まず「東遊び」という舞が奉納される。舞い手は平安雅楽会のみなさん。

5-IMG_3248.jpg
その6

2-IMG_3326のコピー
その7

3-IMG_3328のコピー
その8

4-IMG_3334のコピー
その9

 優雅な舞に観客は魅了される。やがて雲の切れ間から陽射しが時折射すようになり、ステージのスポットライトのような演出になった。

5-IMG_3360のコピー
その10

6-IMG_3363のコピー
その11

 その次は雅楽の奉納。



 冒頭、ちょっと切れてしまったのは、お許しを。重たいデジイチを4分あまり掲げていたのはかなり堪えた。終わったら腕がぷるぷる・・・

 持参した足台が少し高くて、後ろのおばさんが押してくるものだから危なくて乗れない。おかげで高い位置から撮影できなかったのが未だに悔しくて根に持っている。神社の準備された椅子席の後ろに立とうと思ったのだが、おばさんパワーはやっぱり恐い。撮影の代わりに今回は動画で。
 
 後ろから押されて、倒れないようにと変な姿勢で長時間立っていたら、持病の座骨神経痛が出て脚は痛いし、夜には内腿の筋肉痛が出るし、散々だった。

7-IMG_3365のコピー
その12

 全ての奉納が終わると、いよいよ本殿に向かって帰っていく。

8-IMG_3385のコピー
その13

 これが神馬に飾り付けられた装飾。みんなは行列についてその後ろをぞろぞろ。私は横道を走って先頭の前に出ることにした。

9-IMG_3397のコピー
その14

10-IMG_3419のコピー
その15

11-IMG_3425のコピー
その16

 雅な行列は雅楽の演奏とともに楼門をくぐっていった。

12-IMG_3428のコピー
その17

13-IMG_3440のコピー
その18

 やっと正面から神馬を捉えることができた。この幕の中に荒御霊が御座す。暴れていた神馬も今はすっかり落ち着いたようで、こちらも安心。
 横道からまた正面にでよう。

14-IMG_3442のコピー
その19

 もう少しで神事も終わるという安堵感だろうか、長い道のりが終わる安堵感か、無事にここまで来られたという安堵感だろうか、皆さん一様にほっとされたような表情に見える。特に小中学生のご奉仕はとても緊張を強いられただろう。

15-IMG_3450のコピー
その20

 次々と本殿に向けて吸い込まれて行く。御蔭祭りの最後まで滞りなく遂行されることを願って、私はここで終わりとした。今年の葵祭は生憎とお天気の悪化で順延となってしまったが、こちらも無事にお祭りが行われることを祈りたい。

16-IMG_3455のコピー
その21

コピー ~ IMG_3455-16のコピー

17-IMG_3458のコピー
その22

 境内の御手洗川畔では、姫卯木の真っ白な花が咲いていた。
【2012/05/16 00:00】 京の祭事 | トラックバック(1) | コメント(6) | Page top↑
«葵祭 2012 | ホーム | メダカ»
コメント
アラックさん、こんばんは。

行事は時系列にしないとまとまりません。
また、ご存知ない方にもある程度判る方がいいですからね。
ただ、自分自身、あまり熟知していない行事も多いのでたいへんですわ・・・
【2012/05/16 22:48】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、こんばんは、アラックです。
凄いですね、バグースですね!!
こういう行事をしっかりと時系列での記録、
凄過ぎます。
アラックは、舞い上がってm撮れないです。
【2012/05/16 21:17】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
eiさん、おはようございます。

メジャーなお祭りではないですが、
根強い人気があります。
もの凄いギャラリーですよ。報道も含めて。
写真家の先生の姿もありました。
【2012/05/16 07:42】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、おはようさん。

やっぱりお馬さん言うたって働かなあかんやろ?
飼い葉のために(笑)
静養に言ったら絶対に帰りたがらへんよ。
【2012/05/16 07:40】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
めずらしい神事の流れが良く判ります。
厳かな中で撮影が出来たのは凄いです。
神事そのものは撮影禁止が多いですものね。
最後の御手洗川にホットします。
【2012/05/16 05:02】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
そらあかんわ。働きすぎ。
かと言うて 仕事やったらサボるわけにもいかへんし、
まあ お祭り終わったら静養においで。
【2012/05/16 00:45】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
その1 昨日の続きを。その2 さて、八瀬御蔭神社での神事を終えて行列が戻ってきた。あらみたまを奉じた神馬は糺の森を進んできたが、不用意に焚かれたストロボに驚き、いなないて大きく動いた。それが何回も続き、白い神馬は落ち着かない。とうとう神職の方の注意が入る...
【2012/05/16 05:28】 | まとめwoネタ速neo
| ホーム |