FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @圓光寺その1
1-IMG_7674.jpg
その1

 昨日の続きを。圓光寺を上がっていくと、いきなりオレンジの炎が飛び込んできた。なんという色だろうか。昨年、このような色だっただろうか。記憶が飛んでいる。

 あまりにもたくさん撮ってしまったので、こちらは2回シリーズで。若干、似通ったものも含まれるがご容赦のほどを。

3-IMG_7680.jpg
その2

 はるか向こうには同じくオレンジのもみじが見て取れる。確かに人影もたくさん見えるが、この見事な色合いでは仕方なかろう。

4-IMG_7683.jpg
その3

コピー ~ IMG_7683-4

5-IMG_7685.jpg
その4

6-IMG_7686.jpg
その5

 ざっと見たあと、本堂へ上がる。こちらでの観賞の仕方は座敷から額縁のようにお庭を眺めること。

7-IMG_7688.jpg
その6

 その前に水琴窟の音を耳をそばだてて聴いていかなければ・・・ 高く澄んだ音に心が癒されるのが判る。季節により、この水盤のお花も替えられるので、それも楽しみのひとつだ。そこに沈んだ赤いもみじがまたいい感じ。

8-IMG_7698.jpg
その7

 上がり口にはたくさんの靴が揃えてあった。奥の方に座り、カメラを片手にみんな眼をきらきらさせている。早くそこを退いてくれと言わんばかりに。そうなのだ、通りがかりにみんな縁側に座ってしまい、こちらからの風景が遮断されてしまっていたのだ。ま、仕方ない人が居なくなるまで待つか・・・

9-IMG_7706.jpg
その8

10-IMG_7720.jpg
その9

コピー ~ IMG_7720-10

 長いこと座ったままおしゃべりに興じるおばさんたち。それに業を煮やしたのはひとりの年輩のおじさん。私より先に来ていたようだ。

   なぁ、そこに座って見るより、こっちから見る方がええで。ここはなぁ、座敷から見るもんなんや

 ふむ、うまいこと言うものだ。慌てたおばさんたち、彼女らも上がってきた。通りすぎる人を避けながら、いきなりシャッター音が響き渡った。

11-IMG_7728.jpg
その10

 私も撮ったあと場所を譲ったりしていたのだが、

   額みたいに入れる方がいいかしらねぇ。どうやった方がいいかしら・・・

 おばさんが聞いてきた。

   額のように入れてもいいし、入れなくてもいいし。お好みですよ。
   デジタルだから何枚撮っても簡単に消せるから、いろんなバージョンで撮ってみたらどないでしょうか。

 宝泉院の額縁もいいが、こちらは思いっきりたくさんのもみじを入れて豪華な絵画になるのが好きだ。額縁を撮ると、再びお庭に降りた。

12-IMG_7715.jpg
その11

13-IMG_7748.jpg
その12

14-IMG_7751.jpg
その13

15-IMG_7758.jpg
その14

16-IMG_7767.jpg
その15

 どこを切り取っても見事な絵画。もう、本当に切りがないほど。ふと、視線の先に目に入ったものは・・・

17-IMG_7769.jpg
その16

コピー ~ IMG_7769-17

 赤い実をたわわに付けた千両。しかしその場所が問題。もみじの別れた幹に生えているのだ。腐った木やそこに溜まった苔などに根を張ったのだろう。こちらには何回も訪れているのに、気が付かなかった。呆気にとられたそのあとは、我に返って何枚も撮り始めた。それを見ていた高齢のおじさん、一瞬目が合ったのだが、彼もその千両に気が付いてカメラを向け始めた。

18-IMG_7771.jpg
その17

19-IMG_7776.jpg
その18

20-IMG_7781.jpg
その19

 かなり撮ったし、鐘楼の方へと移動しよう。

 この続きはまた今度。
【2011/11/30 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(12) | Page top↑
«京都紅葉紀行 @圓光寺 その2 | ホーム | 京都紅葉紀行 @一乗寺 金福寺»
コメント
きつつきさん、こんばんは。

こちらは半端じゃなくて綺麗な所なんです。
年々評判になっているようなので困りました。

って、ネットに上げるからよね・・・
自分が悪かった。
【2011/12/01 20:32】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
のびさん、ほんまに?
ドットが付きだしたのは最近と違た?

おかしいなぁ・・・(--;)
【2011/12/01 20:31】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
すごい! すご過ぎる~!!
ため息ばかり・・・ 言葉にならない・・・
全ての写真に釘付けになってしまいました >_<
【2011/12/01 10:36】 URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集]
それは、2文字やと登録出来ひんかったから(多分)。
なのでず~っとドット付きやったんやけど
誰も気が付いていなかったという訳。
省略してくれてエエよ、面倒やから。
【2011/12/01 08:25】 URL | ・のび・ #pSJ6Fihk[ 編集]
torimyさん、判ってくれた?
嬉しいなぁ。

そうなのよ。苔に落ちる木漏れ日がいい感じやろ。
どこをどう撮ったらええのかと、考えまくり。

きっとこれが10年前やったらもっと時期が早いやろ?
ここまで影は長くないと思うわ。
【2011/11/30 19:40】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
・のび・さん、なんでドットが付くようになったのよ。
まあ、ええわ。

紅葉の鳥バージョン、私も撮りたいわ。
これがキジぽっぽでもええし。
【2011/11/30 19:37】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
草弥さん、こんばんは。

今年もあと1ヶ月。年々時間の経つのが早くなっていきます。
焦って仕方ないですね。

今日は暑いくらいでしたが、明日から寒いようです。
気合を入れましょうね。師走もよろしくお願いします。
【2011/11/30 19:35】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Yoshi さん、こんばんは。

今日は暑いくらいでしたね。撮影も大変だったと思います。

譲り合う気持ちがあれば、苛々せずにみんな撮れるのに、
なんででしょうね。
ごっつい機材を持っている人に限って、特にマナーが悪かったりしますね。

高桐院、先日行きましたが、死にそうでした・・・
もちろん、撮れずです。
【2011/11/30 19:33】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
影 意識したはる?
穏やかな日差しが落としだす長い影が なかなか乙やなぁ・・・と 
【2011/11/30 16:42】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
燃える紅葉を背景にした千両、エエね。
これの鳥バージョンを狙てたんやけど
今年は・・・山の紅葉はアカンねぇ。
鳥がいてないのもあるけど。
【2011/11/30 15:53】 URL | ・のび・ #pSJ6Fihk[ 編集]
■阿修羅王さま。
いろいろのことがあった2011年でした。
特に東日本大震災・大津波のことは
心の中に深い傷痕を残しています。
来年も、これは「引きずる」ことになるでしょう。
向寒の折から御身ご自愛くだされ、師走を乗り切りましょう。
では、また。
【2011/11/30 12:08】 URL | 木村草弥 #-[ 編集]
とりあえず、今日行ってきます。
人によっては団体さんでも気を使って下さる方や、すみませんって言ってくださる方がいて嬉しくなります。お互い様ですからね。それより、一眼レフ持った立派なカメラマンさんの方が酷い。
私も気をつけないと。

そういえば、去年は高桐院の入り口の写真が撮りたくて何度か行きましたが、人が多くて切れるのを待つこと30分なんて事もありました。朝早くとか夕方とか昼間を避けて行ってはみたのですけど。
【2011/11/30 06:09】 URL | Yoshi #tX1BiP8k[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |