FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

比叡山延暦寺その2 西塔
IMG_6075-1にない堂
その1 にない堂

 先日の続きを。

 横川のバス亭が見えたとき、ちょうどシャトルバスの到着と同時だった。これはいいタイミングと大急ぎ。おかげで時間を無駄にすることなく次へと向かうことができた。運転手さんは山頂のバス亭から乗って来た人と同じだ。

IMG_6079-2.jpg
その2

コピー ~ IMG_6079-2

 杉の大木、その木陰はとても涼しい。木陰の苔はとても緑が濃くて、触ってはいないが、触るととてもふんわりとしているように見えた。その濃い緑に射し込む眩しい陽射し。その苔の絨毯にそびえ立つ杉の古木は樹齢どのくらいなのだろう。

IMG_6096-3.jpg
その3

コピー ~ IMG_6096-3

IMG_6101-4.jpg
その4

 にない堂の渡り廊下をくぐり、釈迦堂を臨む。こうして見ると、いかにここが高い位置にあるのかがよく判る。この急な石段を下りていこう。ここ半年ほどちょっと、ではないな、かなり膝が痛んで特に降りるときが辛かったのだが、馴染みの整骨院で思いっきりいじられてぼろ雑巾のようにされて来たので、普通に降りていけるのが有り難い。まあ、膝の関節が悪くなっていたわけではないと言うことだったので安心した。

IMG_6110-5.jpg
その5

 降りたところには手水舎。手を洗って清めて、と・・・ ふと龍の足元に視線が行った。

IMG_6111-6.jpg
その6

   あんた、鎖で繋がれてるやんか?なにか悪いことでもしたんか?

   ああ、よう聞いてくれた。実はな、この間の台風の時には、ここは凄い雷やったんや。
   そらもう、えげつないくらいやで。あんたは知らんやろ、山の雷を。

   知ってるで、ガーデンミュージアム比叡で夕立に遭うたことがあるわ。
   雷が真横で光ったで・・・

   そうか、それ以上なんや、ここは。ワシな、大きな声じゃ言えへんけど、
   雷が・・・ その・・・

 龍さんはもごもご言って聞き取れない。

   なんやて、聞こえへんよ、もっと大きな声で言うてぇな。

   ワ、ワシ、雷が怖うて逃げ出したんや!

 
   嘘ぉっ!・・・(@_@)

   そやから縛られてしもたんや、ちゃんと仕事せなあかん言うて・・・ 
   あと1週間・・・ そうしたらワシ、少しだけ夏休みが貰えるんや

IMG_6112-7.jpg
その7

 そう言い終わると、恥じ入ったように黙ってしまった。可哀想に。余程怖かったのだろう。

IMG_6118-8.jpg
その8

 釈迦堂の横にはお地蔵さま。

IMG_6124-9.jpg
その9

IMG_6131-10.jpg
その10

 釈迦堂はとても大きな建造物だが、それ以上に巨大だったのがこの杉の木。避雷針も付けられているのでこうして無事にそびえ立っていられるのだろう。

IMG_6128_20110909200944.jpg
その11

 ぴよたちにもお参りをさせて、こちらをあとにした。

IMG_6146-11.jpg
その12

コピー ~ IMG_6146-11

 にない堂の渡り廊下を再びくぐる。苔の絨毯に落ちる木漏れ日がとても綺麗だった。いつまでも眺めていた光景ではあったが、先に進まなければ。バス亭に行くと、待ち時間数分で来ることに気が付いた。これはまた運がいい。

 この続きはまた今度。
【2011/09/10 11:01】 比叡山 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
«今日のおやつ | ホーム | 比叡山延暦寺その1 横川中堂 »
コメント
小紋さん、おはようございます。

そうですね、お母さんの脚ではきついでしょうねぇ。
かなり回り道になりますが、
脇から入る小道もあるようです。

敬老会、まずはお天気が気になりますね。
【2011/09/11 07:13】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、おはようございます。

こちらは山頂全体で延暦寺ですし、
とても広いです。
だからシャトルバスでの移動になります。
どの季節もいいですね。
春は下界より少し遅めで桜を楽しんで、
夏は涼しく、
秋は紅葉の見事さは言うまでもなく、
この次は雪の日に上がりたいのですが、
多分大津側からしか無理そうです。
坂本ケーブルで。こちらは止まります。
【2011/09/11 07:10】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、おはようさん。

そうか、谷間は反響するもんね、そらうるさいわ・・・
わかった、しっかり言い聞かせとくわ。
りっぱな昇り龍になって欲しいし。
【2011/09/11 07:07】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
 境内が 見事でかくて・・・この坂を下りられない母と 家人を待っていました。
 夏でも冷気に満ちて 涼しかったことでしょう。
 16日 敬老会 でも 京都にはちょっと無理みたいです。
 
【2011/09/11 05:40】 URL | 小紋 #-[ 編集]
比叡山は結構大きいのですよね。
まだお詣りしたことがありません。
時々ブログ等で拝見する程度です。
秋は良さそうですね?
それとも雪のシーズンかな(笑)
【2011/09/11 05:38】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
山の上の雷は そら恐ろしいわ!
ほんでも どこ行っても一緒やでぇ。
地球脱出する以外 逃れられへん。
一つだけエエこと教えたぁげる。谷底には雷落ちひんのよ。
そこらの周りの高い山が 雷全部引き受けてくれるから、音は少々うるさいけど、まあ心配ないで。

・・・って 龍さんに言うといて
【2011/09/10 23:35】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

山頂は涼しかったですよ。風もむっちゃ気持ちがよくて。
空気も乾いていたので、少々ピーカンでも気持ちよく過ごせました。
結局脱水になって、あとが大変でしたけど。腎結石を持っているので、脱水は禁忌なんです。

龍さんはこの春に入山したばかりの新人だそうです(爆)りっぱな昇り龍になつべく、修行生活に入りました。
まだ山の生活に慣れず、勤務中はリードを付けられての修行です。(ほんまかいな・・・)
【2011/09/10 21:36】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Bakoさん、こんばんは。

笑いがとれて最高です!

ハリー・ポッター、半分くらいしか結局見てないんですよね。
ラストが気になるけど、あそこまで大人になった姿では見たくなくて・・・
【2011/09/10 21:31】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
その1とあわせて楽しませていただきました。
夏の比叡山、涼しかったですか?見る限り、ピーカンは暑そうな感じですが(^_^;)

手水鉢の龍、逃亡容疑で逮捕、ですか(笑)
そびえ立つ木々も時代を感じさせる、歴史を感じる比叡山で、まだこの龍ちゃんは新米さんなのでしょうかね(笑)
【2011/09/10 16:42】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
「雷が怖くて・・・逃げ出した龍」
思わず吹き出しました!
あーちゃん、ハリーポッターの続編書けるで―。
【2011/09/10 12:52】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |