FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

北海道を巡る旅 第5日目最終日 その1
IMG_2696-1.jpg
その1

 先日の続きを。やっと最終日。1回で終わらせようと思ったが、ちょっと難しそうなので2回で。

 早朝、5時前に起きると快晴の空だった。前夜、ホテル内の飲食店で食事を済ませたのだが、地酒が辛口で美味しくて、ちょっと呑みすぎた・・・ 旅先ではやはり地元のお酒と食材を食べないとと、割烹店のご主人にそう言うと、陶器のタンブラーになみなみとお酒を注いでくれたのだ。お酒が好きそうに見えたからって。定量より多く入れたそうだ。

   そうか・・・ やっぱり・・・ 絶対に強そうな顔には見えへんのに(^_^;)

 部屋に引き上げたあと少々しんどかったが、朝はすっきりと起床。6時半の朝食を済ませると、さあ出発。集合が9時なので、2時間弱も徘徊できる。

 エントランスに市内の観光地図が置いてあったので、まずは道庁の位置を受付のお姉さんに確認して通りに出た。こんな抜けるような青空、京都なら真冬でもなかなかお目にかかれない。ひんやりと肌寒い澄んだ空気もとても気持ちがよかった。あの通りに出て、右に曲がると北を向く。真っ直ぐ行けば道庁に突き当たる。

IMG_2709-2.jpg
その2

IMG_2710-3.jpg
その3

IMG_2712-4.jpg
その4

 途中、大通り公園を横切る。オフィスビルが建ち並ぶ中に、濃い桜色のエゾヤマザクラがそこここに咲き乱れている。北海道に入った日にやっと桜の開花宣言がなされたところだった。ぐるっと回っている間にきっと満開になるだろうと、添乗員さんが言っていたがその通りだった。この春2回目のお花見、もの凄く嬉しい。

IMG_2717-5.jpg
その5

 1972年の札幌オリンピックの時に、こちらのスキー場も使われたのかどうか、多分これが大倉山スキー場だと思うのだが、子どもの頃TVで見た日の丸飛行隊。あれには子供心にも感動したのを覚えている。大通り公園からふと、西側を見て脚が止まってしまった。

IMG_2722-6.jpg
その6

 そのまま真っ直ぐ北へ上がっていく。その東側に古い建物が見えた。まだ使っていると思われる建物の入り口には、こんな標札。しかし、どう見ても現在は物置同様にしか使われていないようにも見えた。どんな文書が保管されているのだろう。やっぱり開拓史だとか、そんなものなのだろうか。いや、それほど大事なものではないだろう。

IMG_2726-7.jpg
その7

IMG_2729-8.jpg
その8

IMG_2737-9.jpg
その9

 そしてやって来た北海道庁。こちらの赤煉瓦の建物は現在は使われていないが、大切に保存されている。

IMG_2746-10.jpg
その10

 京都府庁旧本館も明治の立派な建物だが、その時代のデザインというのは欧風であるにも関わらず、その土地にしっくり馴染んでいるのは何故だろう。真っ青な蒼穹に、赤煉瓦がひときわ目を引いた。そして赤い星のマーク。これは北極星の印であり、北海道の象徴。開拓団の印だと聞いたが、これこそがサッポロビールの発祥だ。北海道産の印にこのマークを使ったとか。サッポロビールがこの札幌という街を作り上げたらしい。

IMG_2748-11.jpg
その11

 旧本館の前には小さな池があった。陽射しが射し込んでいて、そこでは亀が甲羅干し。ようやく暖かくなってきた貴重な陽射しを浴びているのだろう。

IMG_2751-12.jpg
その12

 そして桜も発見。これはエゾヤマザクラではなく、チシマザクラという、エゾヤマザクラと並んで北海道ではよく見かける桜だそうだ。オオシマザクラによく似ていた。

 さあ、次はそのまま西へ。北大の植物園がある。

IMG_2764-13.jpg
その13

IMG_2765-14.jpg
その14

IMG_2774-15.jpg
その14

 植物園に行くまでに、通り沿いに咲いている辛夷を見つけた。青い空に真っ白で今が見頃の咲き具合がとてもよくて、何枚も撮ってしまう。で、やっと門まで来たが、午前7時過ぎでは開いているはずもなく、諦めるとしよう。しかし、機会があればこちらも入ってみたいものだ。

IMG_2786-16.jpg
その16

 柵からはみ出して咲いていた桃の花。ぴよちゃんたちの記念撮影。

IMG_2799-17.jpg
その17

IMG_2805-18.jpg
その18

 視線を上げても下げても、待ちに待った春の息吹。春を2度楽しむなどと、生涯に何度もないと嬉しくなる。

 すずめが囀っている。園内の木の枝だ。そのすずめが飛んだ。

IMG_2820-19.jpg
その19(トリミング)

IMG_2822r-20.jpg
その20(トリミング)

 園内の通り沿いにある建物の屋根。そこに穴が開いているようで、何度も行ったり来たり。こんな所に巣を作っているのだろう。柵が邪魔で塀に登ってしがみついて撮影している私の姿、それはそれは、目立っただろうなあ。

IMG_2832-21.jpg
その21

 再び辛夷の通りを東に向かい・・・

IMG_2843-22.jpg
その22

 こちらが現在の道庁のようだ。多くの職員が出入りしていたので。邪魔にならないように、思いっきり観光客の顔をして何枚か撮って。

IMG_2845r-23.jpg
その23

 と、カラスの姿が見えた。これはどうもこの近くに巣作りをしていると思われる行動。

IMG_2850r-24.jpg
その24

 ほうら、ここだ。どんな立地条件かというと、道庁の真ん前。

IMG_2853-25.jpg
その25

 こんな交差点の所。今頃はしっかり葉っぱが茂っているので見えることはないし、まあ、滅多なことはないと思うが。カラスにしたって、このようなオフィス街、住宅事情が難しいようで・・・ 

IMG_2864-26.jpg
その26

 道庁の西向かいには道警本部の建物。何という高い建物。そしてスタイリッシュな建物。あんまりじろじろ見たり写真を撮ったりすると連行されそうで、ちょっとだけ控えめに、警備のおまわりさんとも目を会わせないように・・・・・

IMG_2874-27.jpg
その27

 再び大通公園まで帰ってきた。塩の結晶のような街灯が綺麗。夜桜はもっと綺麗だろうと気になる。

IMG_2880-28.jpg
その28

 医師会会館。全面の硝子窓に映る光景が、大型スクリーンの映画にも見えた。

IMG_2884-29.jpg
その29

 もう一度大倉山方面を見る。冬のスキー場は綺麗だろうなぁ。スキー板も、20年近くも使わずにいたので、引っ越しの際、処分した。バッグは使いやすかったので手元に置いておいてもよかったかな。
 もうすぐ集合時刻。早く帰らなければ・・・ しかし、あとひとつ、どうしても撮っておきたいものがある。

IMG_2898-30.jpg
その30

 それがこの路面電車。よく見るといろんな種類のペイントがされていて、とても楽しい。

 この続きはまた今度。多分、今度こそが最終回。こうも暑いと快適だった北海道の旅行が恋しくて堪らない。
【2011/06/29 00:00】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«鴨川パトロール  | ホーム | アオバズク»
コメント
Katsu さん、おはようございます。

なかなか終われそうになく、ででんと出しました。
これでも削った方でして・・・

桜に覆われた札幌の街はとても綺麗でした。
あと2・3時間でも徘徊したかったですね。
まだ行きたいところ、たくさんあります。
【2011/06/29 07:23】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
わぁ、けっこう盛りだくさんの写真で楽しませてもらいました(^-^)。
道庁といい、文書館別館?といい、立派な建物ですね。文書館の方が私の好きな建物のタイプですが、町にちゃんと馴染んで、大事に使われているというのは素晴らしいことですね。

しかし、やっぱり北海道。春爛漫の様子ですね。チシマザクラ、というのは初めて聞きましたが、たしかにオオシマザクラににていますね~。

すっきり青空の北海道、堪能させていただきました(^-^)
【2011/06/29 00:37】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |