FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

北海道を巡る旅 第4日目 その6
IMG_2532-1.jpg
その1

 いつぞやの続きを。静内駅を出ると、次は桜並木。そう桜並木。もう夏になっているのに・・・ 早く書き上げねば・・・ 

 駅から真っ直ぐ北東方向。R71を進む。途中からくいっと曲がって再び進むと、そこが桜並木へと入って行く。二十間(にじゅっけん)とは、距離のこと。約36mもの幅があることからそう呼ばれる。現在の独立行政法人家畜改良センター新冠牧場が、宮内庁所管の新冠御料牧場であった明治三十六年(1903年)に同牧場を視察する皇族方の行啓道路(当時は中央道路と言われていた)として造成されたとのこと。この地に桜が植栽されたのは、大正5年(1916年)のことで、当時の同牧場職員が、近隣の山々からエゾヤマザクラ等を道路の両端に移植するのに要した歳月は3年にも及ぶらしい。

 さあ、どんな光景が待っているのだろう。

IMG_2537-2.jpg
その2

IMG_2541-3.jpg
その3

IMG_2542-4.jpg
その4

IMG_2546-5.jpg
その5

IMG_2548-6.jpg
その6

IMG_2554-7.jpg
その7

 少しだけ早いが、それでも道路の両側は濃いピンクに染まっている。こちらの桜は、殆どがエゾヤマザクラ。内地の染井吉野と比べて、随分と桜色が濃い。

IMG_2555-8.jpg
その8

IMG_2567-9.jpg
その9

 バスはゆっくりと走る。お花見が出来るようにだ。車内では、シャッターを切る音と、あちらこちらで歓声が上がっていた。約8㎞の桜並木。北海道に来て、初めてしっかりと見た桜だった。

 並木道が終わるとそこは再びR71に戻る。道なりに左に曲がり、山手の方へ登っていった。R71からR209サラブレッド銀座通りを南下し、左右にはずっと牧場が広がっており、のんびりと馬が草を食べているのが見える。

IMG_2579_20110625201624.jpg
その10

 山の頂上はここ、新冠サラブレッド銀座展望台。うまくいけばこの春生まれたばかりの子馬が出て来ているだろうということだったが、ちょっとまだ早かったようだ。

IMG_2581_20110625201625.jpg
その11

 一番近いところにこの3頭。これがやっとだった。見られただけでもいいとせねばなるまい。

IMG_2585.jpg
その12

 街灯には馬の飾り。デザインもいいと思う。

IMG_2587_20110625201625.jpg
その13

 間近に蕗を見ることができた。なんとまあ大きな葉っぱ。めざとくぴよちゃんたちを見つけたおばちゃんたちが、口々に可愛いと言ってくれる。だめだめ、そんなことを言っては。この子らが図に乗る・・・

IMG_2590.jpg
その14

IMG_2599.jpg
その15

 公園にあるトイレは、ちょっとおしゃれな外観だ。残念ながら使ってこなかった。惜しいことをしたかも。

IMG_2596.jpg
その16

IMG_2601.jpg
その17

 風見鶏はどこか哀愁を感じる、中世の雰囲気がある。ちょうど月が直ぐ側に出ていたが、すぐに雲に隠れてしまい、一瞬で隠れた。

IMG_2615.jpg
その18

 もう夕暮れが近かった。傾き始めた陽の光の中、道路を挟んだ向こう側に牧草に覆われた小高い丘が連なっているのが見える。これが新冠泥火山。地層の軟弱点から地下の泥土や地下水・ガスが噴きだし、長い年月をかけて堆積してできあがったもの。いわば休火山に近いのかも知れない。地球は生きているということを思い知らされる現象だった。いきなりの火山の噴火でできた昭和新山とか、有珠山などの火山を思い出した。

 17時、薄暗くなってきた新冠を出発した。

IMG_2627.jpg
その19

 サラブレッド銀座通りはR235に再び合流し、日高自動車道へと進む。やがて陽も暮れた17時35分、鵡川(むかわ)から日高自動車道そして道央自動車道へと入った。その先が札幌だ。

IMG_2645.jpg
その20

IMG_2651.jpg
その21

IMG_2663.jpg
その22

 別に秋でなくても夕暮れはつるべ落とし・・・ 陽が沈み出すとあっという間に空は遠くなる。こんな綺麗な夕焼け、久し振りに見た気がした。

IMG_2671.jpg
その23

IMG_2677_20110625201839.jpg
その24

 札幌の街が近くなった。これまでずっと自然の中に浸っていたせいか、街の灯りがとても懐かしく思われた。陽が落ちても空のオレンジ色が消えることもなく、ずっと綺麗な光景を見せてくれた。

IMG_2688.jpg
その25

IMG_2690.jpg
その26

 北郷の出口から一般道へと降りて行く。その頃にはすっかり夜の帳が降りていた。京都と同じように縦横整然と並ぶ通りには、それでも京都とは違う街の灯り、景色が広がっている。懐かしいような知らない街の景色だった。

IMG_2691_20110625201840.jpg
その27

 宿へ入ったのは19時20分のことだった。

 本日のおさらい。走行距離357㎞。巡ったのは⑰黄金道路 ⑱襟裳岬 ⑲日高本線・絶景海岸列車 ⑳新冠サラブレッド銀座展望台。これで予定していた北海道20景全部回ったことになる。残すは札幌市内の観光のみ。

 この続きはまた今度。今度が多分最終回になると思われる。そして私の大失敗も。
【2011/06/26 00:00】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«鴨川パトロール 真鯉の氾濫 | ホーム | 花菖蒲 in 野村邸別邸»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

いやはや、中身の濃い旅でした。
ええとこ取りの選択でしたね。
ただ、内陸部を回っていないので、次はそちらにも行きたいなあと・・・(^^;

この季節に桜を出すのもちょっとはばかられるようになってしまいました。
早う終わらせないと。
札幌の桜はもっと見事でしたよ。
【2011/06/26 20:54】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
すごいですね。北海道をこれだけ集中して回っているというのは!
そして、桜。やっぱり北海道ですね。5月を越えて満開になるのですよね。
私も6/12から函館に3日いましたが、八重桜がちょうど散った後くらいでした。1ヶ月遅れくらいの花の時期なのでしょうね。ツツジやジャーマンアイリスなども咲いていましたよ。
【2011/06/26 16:43】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |