FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

北海道を巡る旅 第4日目 その4
IMG_2272-1.jpg
その1

 ええっと、いつぞやの続きを。本当にいつになったら終われるのか。いっそのことやめてしまおうかとも思ったが、ここまで打ち込んでやめるのも自分に腹が立つので、やはり2ヶ月かかってでも終わらせてしまおう。

 と言うことで、まただらだらと続きを。13時、襟裳岬を出発した我々は、R336襟裳国道を海岸線に沿って走った。途中日高幌別でR235野塚国道に合流する。左手はきらきら光る海岸と、緑に覆われた牧草地、そしてJR日高本線が見え隠れして並行して走っている。この先、三石駅からしばらく電車に揺られる予定になっていた。
 そこに行くまでには多くの牧場を見ることになりそうだった。

IMG_2276-2.jpg
その2

 三石駅は無人の小さな駅と言うことで、40人の団体が順番に入れるほどのトイレもない。そこで少し早めにトイレ休憩と言うことで、こんな時に便利な道の駅、新ひだか町みついしに入った。14時15分。ひっきりなしに車が走る国道の向かいには大きな牧場が広がり、馬が何頭も放牧されている。日高と言えば、馬か昆布だから。ここでもトイレに走る人たちを後ろに、真っ直ぐ道を渡って行った。

IMG_2290-3.jpg
その3 

IMG_2300-4.jpg
その4

IMG_2302-5.jpg
その5

   な、なんだ、この変なヤツは・・・

 そう言ったかどうか判らないが、じろじろと見たあと走っていってしまった。

IMG_2306-6.jpg
その6

 しかしどうだろう、この綺麗な筋肉の流れと動き。さすがはサラブレッド。

IMG_2327-7.jpg
その7

 少し離れると彼らも安心したのか、再び草を噛みだした。寄ってきてくれないのは仕方あるまい。動物園ではないのだから。

IMG_2335-8.jpg
その8

 では、時間もないのでここらで記念撮影をしてバスに戻ろうか。馬を初めて間近で見たぴよちゃんたちは喜ぶやらびびるやら・・・ いつもやんちゃなおちびたちだが、大きな馬にはびっくりだったようだ。

 14時15分、馬をあとに再び走り出す。

IMG_2345-9.jpg
その9

 午後も遅くなってくるにつれ、水面が陽射しを受けて銀色に輝きだした。オホーツク海側に比べると、こちらは海岸の岩も少なく、どこまで行っても輝く海が広がるばかりだ。岩がアクセントを付けている光景もいいが、こんな光る海が広がるのもずっと眺めていたくなる。
 などと言っている間に次の目的地はそこだった。

IMG_2380-10.jpg
その10

 JR三石駅、到着は14時45分。どうだろう、この街灯のデザイン。名産の馬と昆布。そのままなのだが、ちょっと昆布が・・・ と言うのが私の感想。
 電車は、もとい、電車ではなく気動車だ。ディーゼル機関車だから。乗車する予定の時刻は15時28分。添乗員さんから連絡事項を聞いた後は、発車まで自由時間。さあ、探検開始。

IMG_2357-11.jpg
その11

IMG_2359-12.jpg
その12

IMG_2374-16.jpg
その13

 無人のローカル沿線。線路にも普通に降りることも出来るが、そこはやはり大人の常識で入らないこと。添乗員さんから注意を受ける年配の男性の姿もあった。昔は駅だけは2車線あったのだろうか、向こう側にもホームの跡らしきものが見える。赤茶けたさび色が浮いたコンクリートにタンポポが寄り添って咲いている。その景色はどこか寂しげにも見える。昔の息吹が悲しい。

IMG_2361-13.jpg
その14

   にゃんか今日は騒がしいにゃぁ・・・

 野良子がどこからかひょっこりと姿を見せた。

IMG_2364-14.jpg
その15

IMG_2369-15.jpg
その16

 恥ずかしがり屋の彼は、こちらにちらっと一別を与えると、そそくさと行ってしまった。

 この続きはまた今度。
【2011/06/21 10:41】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«田んぼのマガモ | ホーム | 第26回 国民文化祭 まゆまろチャレンジ京都文化力発信事業»
コメント
アラックさん、おはようございます。

小さな駅でしたが、なにかと心に響くものがたくさんありましたね。
【2011/06/22 07:35】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
アラックです。
馬の躍動感、バグース!
廃線の哀愁、バグース!
猫ちゃんの、背景の影はさらに
バグース!!
【2011/06/21 21:54】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
小紋さん、こんばんは。

武さんは見ませんでしたが、サラブレッドは本当に美しい生き物ですよね。
流れるような筋肉に触ってみたかったんですけどねぇ。
【2011/06/21 20:53】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
馬は見てるだけで 楽しくなる 美しい 存在ですね。ましてやサラブレッド・・・
 日曜日は 武さん 北海道だったよね・・・・競馬中継見ました。
【2011/06/21 20:04】 URL | 小紋 #-[ 編集]
鷹寅さん甥っ子の響さん、こんばんは。

また緊急入院ですね、心配していました。
お加減は如何でしょうか。
お見舞いを申していたとお伝え下さい。
仲間が具合悪いと聞くと落ち着きませんわ。
早くのご回復をお祈りします。
【2011/06/21 19:24】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

道産子がこないにスレンダーなはずはあらへんけどね(笑)
木曽馬も道産子も、どっちも好きやな。
お澄ましなサラブレッドもいいけど、
人の生活に溶け込んでる馬も身内みたいに思えるやん。
【2011/06/21 19:21】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
何時もお世話になっていると聞きました。ありがとうございます。!お礼の、応援に行きました。!
叔父は未だ暫く療養します。宜しく!!
【2011/06/21 18:20】 URL | 荒野鷹虎「代筆甥っ子の響です) #-[ 編集]
ああ ビックリした。道産子がそないにかっこよかったんかいなと、我が目を疑ってたところ。
サラブレッドやったら許してあげるわ。
普段から木曽馬が馬のディフォルトやと思ってるし、道産子とは似たようなもんやとも思ってるから焦った。
【2011/06/21 12:33】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |