FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都新緑紀行 in 鷹峯源光庵
IMG_4874-1.jpg
その1

 かなり疲れていたが雨の降る中、思い切って鷹峯まで。撮影は5月27日。

IMG_4884-2.jpg
その2

コピー ~ IMG_4884-1大

IMG_4878-4.jpg
その3

IMG_4895.jpg
その4

 さすがにこちらまで来るには時間がかかった。その分、どこか俗世を離れたような静かな刻が流れているようにも見える。この窓をじっと座って見ていると、座禅を組んでいるような気分になるのだ。

IMG_4907-3.jpg
その5

コピー ~ IMG_4907-3大

 週末と言うこともあるのか、かなりお天気は悪かったが、ひっきりなしに参拝客は現れる。観光タクシーの運転手さんに連れられた中学生が、血天井について話を聞いている。ついでに私もちょっと耳をそばだてる。判ってはいても、やはり手の形が判別できるというのはあまり気持ちのいいものではない・・・
 だからこそ、この窓を見て惑いを覚え、悟っていくのだろうかと考えもしたり。

IMG_4892-5.jpg
その6

IMG_4909-6.jpg
その7

IMG_4911-7.jpg
その8

IMG_4916-8.jpg
その9

 ふらふらと縁側からお庭を見て、それでは外へでようか。

IMG_4923-9.jpg
その10

IMG_4925-10.jpg
その11

IMG_4928-11.jpg
その12

 玄関先にテッセンが咲いている。雨に打たれて、青紫がとても透き通って見えた。

IMG_4941-12.jpg
その13

 山門の傍で、南天の葉っぱで見つけた。ちょっと遊んでやったが、どこか厭そうにも見えたのは気のせいだろう。

 この続きはまた今度。
【2011/06/12 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«八瀬瑠璃光院 番外編 | ホーム | 北海道を巡る旅 4日目その2»
コメント
Bakoさん、おはようございます。

いえいえ、どういたしまして。
その赤茶色に変色した天井も撮ることはできますが、
やはりどうしても撮れません。見せ物ではないから。
彼らの無念さを甦らせることになりそうに思えます。
【2011/06/14 07:17】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
へえ~・・・凄いですね!
初めて知りました。
京都に行く機会があれば、是非に見たいものです。
有難うございました。
【2011/06/13 23:59】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
小紋さん、こんにちは。

お天気が悪くて少し暗かったので、
この窓の前にして座ると、心が静まりますね。
【2011/06/13 13:06】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Bakoさん、こんにちは。

京都には血天井と呼ばれている、血液の付着した天井が5軒あります。

「正伝寺」・「養源院」・「宝泉院」・「興聖寺」・「源光庵」

なのですが、これは関ヶ原の合戦の時、伏見城落城の際、
切腹した侍や兵士の血がついた板を供養するために、お寺の天井板にしたものです。
お寺によっては、手や足の形がくっきりと見えるものがあります。
DNA検査で人のものと言うことが確認されているんです。
【2011/06/13 13:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
悟りと迷い 鉄線の深い色に 吸い込まれて無になりそうな そんなお寺の緑です。
【2011/06/13 06:24】 URL | 小紋 #-[ 編集]
丸窓の写真、綺麗です!
何処を切り取っても、絵になりますね。
それもあーちゃんの腕だと思うけど・・・

血天井―詳しい話教えて!
【2011/06/12 23:19】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |