FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京の晩ご飯
P5240441.jpg

 久し振りの御飯。しつこくもこだわっている貝柱と切り干し大根。今度こそはと意気込んでみた。

 では、貝柱と桜エビの御飯の作り方。

材料;
お米         3合
切り干し大根   一袋30g(水で戻しててきとーに切っておく)
貝柱の缶詰    小さいもの1個(今回は45g入りというのを使った)
桜エビ        大さじ5(かるーく盛って)
人参         てきとー(いつも3cmくらいを使う)
お揚げさん     大1/3枚くらい
シメジ        1パック

薄口しょうゆ    小さじ3
みりん        大さじ1

作り方;
①お米は洗って少し硬めの水加減をしておく。
②切り干し大根をお出汁と、ごく少量のお醤油で(分量外)15分くらい炊いて冷ましておく。いらちは鍋底に氷水を当てて冷やす。ゆで汁は切っておく。
③桜エビは被るくらいのお水で戻して絞っておく。塩分があるので軽く抜いておくため。
④材料を刻み、切り干し大根、戻した桜エビ、貝柱の缶詰をほぐし、お釜に入れる。調味料を入れ、軽くかき混ぜてスイッチぽ~ん。あとは炊けるのを待つのみ。

 缶詰の塩分、桜エビの塩分で、私には少し辛かった。多分、皆さんにはちょっと薄かったかな?という塩加減になると思われる。貝柱の香りはちょっと薄くなってしまったが、桜エビが入ることで旨味が増した。少々癖になりそうだ。
【2011/05/24 20:41】 HAND MADE 娯楽部 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«北海道を巡る旅第2日目 その3 | ホーム | 北海道を巡る旅 第2日目その2»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |