FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

奈良桜紀行 in 室生 西光寺最終日
IMG_6404西1小
西光寺その1

コピー ~ IMG_6404西1大

 昨日の続きを。奈良と言ってももう三重県との県境に近い室生の地。初めて足を踏み入れ、最高のロケーションに遭遇。まあ、ちょっとしたトラブル、いいや、大きなトラブルでかなりの画像を無くすという大惨事に見舞われたが、それでも最高の1日だった。

 室生寺の駐車場を管理しているおじさんに、もうひとつ凄い枝垂れ桜があるからと教えられた。道なりに行けば脇に立っているからすぐに判るからと。
 教えられた昇りの道を、これでいいのかと心配しながらずっと上っていくと、小高くなった山の中腹に桜色のこんもりとした茂みが目に入ってきた。車やバイクが止まっていて、ここが目的の場所だとすぐに判った。

IMG_6394西2
その2

コピー ~ IMG_6394西2大

 今はご住職のいないお寺と言うことだったが、参拝は出来るようにとそこだけ柵が外してある。お墓があったので、そこの檀家の方はいつも来られるのだろうと推測できる。
 向かいの田んぼに入って撮影している人もあったが、やはりそこは入るべきでないだろうと思い、農道のような道を登り、高台から大きな枝垂れを見下ろすと、どこか不思議な気分だ。駐車場のおじさんもそんなことを言っていた。

   普通な、桜は見上げるやろ?でもそこは桜を見下ろせるんや
   そんなところは滅多にないで

 本当にそうだと思った。

IMG_6399西3
その3

IMG_6401西4
その4

 どこから見てもその迫力は変わらず、ため息ばかり。もっと撮りたかったが、既に陽は傾き始めており京都まで帰ろうと思うとそろそろ帰路へつかねばならなかった。かなり後ろ髪も引かれたが、また来年来ればいいと諦める。

IMG_6380西5
その5

 帰りかけた私を、はるか上空から桜越しに月が見送ってくれた。

   足元が明るいうちに、早よう帰るんやで
   また来年、おいでな

   うん、来るよ、きっと
【2011/04/24 00:00】 奈良 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«徒然道草 室生寺でトカゲを見る | ホーム | 徒然道草 トワイライトエクスプレスを見る»
コメント
Katsuさん、おはようございます。

ほんまにこの日のニアピン、凄い偶然でしたね。
データのトラブルと言うおまけ付きで・・・(T_T)

ここは度肝を抜かれるほどの光景でしたね。
手入れの行き届いた京都の庭園を見慣れている自分にとっては、
野性味溢れる枝垂れでした。
機会があればほんまにまた行きたいです。
今度はゆっくりとね。

お月さまね、真っ先に、枝垂れの前に見つけて嬉しかったです。
【2011/04/25 07:21】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おはようございます。
西光寺のさくらも行かれましたか!
田んぼの横にある小さなお寺で、普段はひっそりとしていますが、桜の季節は賑わっていますよね。
ここのさくらも大好きなのですが、しばらくタイミングが合わなかったり、時間がなかったりで行けてません。
見せてもらえて嬉しいです。

さいごの半月、私も同じ日に滋賀県で同じような時間帯に見上げて撮影してますよ!
画像トラブルも同じ日に起こしましたし、すごい偶然だなぁと勝手に驚いています(^-^)ゞ
【2011/04/25 06:53】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
きつつきさん、こんにちは。

今年はちょっと疲れました。
しばらく大人しくします。

来年は、行きたいけど未定です。
【2011/04/24 16:53】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
羨ましいな~・・・^^
また来年の楽しみがひとつ増えましたネ。

来年は健康になって、桜をい~っぱい見るぞーーー!!^^;
去年と今年はココで満喫させていただきましたから ('-'*)アリガト♪
【2011/04/24 11:19】 URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |