FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

朗読サークル木もれ日Genji組公演 in 大原野神社参集殿
IMG_5276.jpg

 う~ん、素晴らしい筆のタッチだ。すっかり紹介が遅くなってしまった源氏物語朗読劇。先週9日(土)地もと大原野で行われた。ここ、大原野神社も源氏物語ゆかりの地で、紫式部もここを訪れている。

IMG_5272.jpg

 今回の開場はここ。参集殿をお借りしての公演だ。外は枝垂れ桜がちょうど満開になったときであり、萩の花ではないが、時折強く吹く風にあおられて花びらが舞う姿には心を奪われる。

IMG_4967大1

IMG_4971大2

IMG_5083大3

 お天気はよくなかったが、鳥居周辺の桜も満開となり、舞台の雰囲気を盛り上げるにも、お客さまをお迎えするにしても、とてもいいタイミングとなった。彼女らGenji組の自慢のひとつに、公演日に雨に降られたことがないと言うこと。直前まで降っていても、時刻が近づくと不思議と雨が上がるのだ・・・

 今回の内容は代表作の紫の上月の露。舞台に応じて出入りは真後ろを使う。その開場に合わせて、花道はいくらでも融通も効く。だから毎回新しい感動や発見があるのが面白い。

IMG_5279木1

IMG_5286木2

IMG_5287木3

IMG_5294rr木4

 この公演から衣裳も新調されたものがある。六条御息所の打ち掛けもそのひとつ。高貴で気品のある役柄にぴったりの素敵な柄だ。

IMG_5296木5

 それが悲しい生き霊となる瞬間、衣裳が替わる。舞台での早変わりのようなものか。衣裳が替わるだけでも役柄の性格が変わり、雰囲気を盛り上げる。

IMG_5314木7

IMG_5316木8

 そして明石の君も、よく似た色だが、どこか鮮やかな感じがすると思ったら、この衣裳も新調したのだとか。

IMG_5322木9

IMG_5327木10

IMG_5332木11

 衣裳のことはこれくらいにして。この脚本は十八番ということもあるのだが、これまでにないくらいに引き込まれた。それぞれの役柄が真に迫っていて身震いするほどで、朗読劇なのに舞台演劇を見ているようだった。視線の向け方も実際にそこにちぃ姫がいるようであり、萩の花がそこに咲いているようであり、異次元に連れて行かれたような感覚にも感じられた。

IMG_5340木13

 挨拶では今回の震災にも触れた。開花が遅かった桜。震災の痛みに合わせて止まったのかと。今年の桜はこれまでにないほど、多くの思いを受け止めているに違いない。リハーサルでも聞いたが、やはりいろんな思いが入り交じる思いだった。

 次回5月29日はこの震災のチャリティイベントでもある。音楽あり朗読ありの公演。懐かしい札幌の朗読サークルの方々にまた逢えると思うと、嬉しくて堪らない。

IMG_5355木14

 ひと通り片付けを終え広間の照明を落とすと、つい先ほどまでここで熱い物語が語られたことなど、微塵も思い起こせないほどの静寂に包まれた。窓の外では紫式部も聴いていたかも知れない。
【2011/04/15 16:22】 朗読アンサンブル 京・Genji公演 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
«京都御所春の一般公開 | ホーム | 京都桜紀行 in 平安神宮序章»
コメント
鷹寅さん、こんにちは。

何回も訪れている御所ですが、
やっぱり来てしまいます。
だからどこに何があるか、ほぼ判りますのでね。
【2011/04/16 17:03】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
何といっても都ですね^^
京の煌びやかな光景を又お見事に映し出される、阿修羅王さんの腕前もさるものです。!
京に住んでいる人は羨ましいですね^^

御所は数年前一度だけタクシーで案内されてみただけです。二条城と・・w
【2011/04/16 11:32】 URL | 荒野鷹虎 #-[ 編集]
yokoさん、おはようございます。

その名の通り、少し演劇の入った朗読です。
衣裳や背後の机帳程度のもので雰囲気がでます。

http://ashuraou.blog93.fc2.com/blog-entry-1792.html#comment

前回の公演です。演目が違いますが、雰囲気は伝わると思います。
【2011/04/16 08:59】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんにちは。
面白い試みですね。
優雅に打ち掛けを羽織って。。。見て聞いてみたかったですね。
ありがとう。
【2011/04/16 08:24】 URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
eiさん、おはようございます。

この時期の東福寺は新緑のもみじがとても綺麗ですよ。
秋より好きなくらいです。

29日の公演は月の露ではなく、ゆくへも知らぬ、宇治十帖です。
しかし居眠りなんてする暇はないと思います。
写真撮影はお客さまの迷惑にならなければ、いいですよ。
【2011/04/16 07:38】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、おはようさん。

ほんまになぁ、男女の仲っちゅうのは第3者には判らへんもんやわ。
源氏は賢いのか愚かな奴なのか、
でも彼が巻き起こすゴシックには舌を巻くわね。

で、思ったんや。
この公演でぞっとするほどみんなが迫力ある演技に見えたのは、
六条御息所か紫式部が降臨していたのとちゃうかって。
【2011/04/16 07:34】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
5月29日のチケット購入しました。
東福寺へも初めてですので、
今から楽しみです。
居眠りしないように気を付けます(笑)
【2011/04/16 06:11】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
桜景色の中での月の露! なるほどぉ

しかし六条さん 早う成仏しなはれや・・・どう頑張ってもアカンのやし。
あの世から達観して眺めてみれば そんな男どぉってことないやんね。
あの世にかて 誰なといてるやろ!
どんな時代でも やっぱり男はハートやで!
そら お金あっても迷惑でないし ルックスよくてもエエし、おつむ良くてもかまへんし、背高くてかっこよくても文句ないけどな・・・
【2011/04/15 23:20】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
小紋さん、こんばんは。

そうよね、いらんちょっかい出すから。
スケベ心が招いたことですよね(^_^;)
1000年経っても変わらない恋愛感情、人間はいつでも同じですね。

DVD、なんとかします。
【2011/04/15 22:13】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
明石に流されるとき 今の時代と ちっとも違わないなと思ったものです。
 まあ いらぬ ちょっかいをだしたむくいですが・・・・
 千年たっても新しい ほんまにすごい物語 そして紫式部さん。
 いちど ききたいですね。
【2011/04/15 19:46】 URL | 小紋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |