FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 in 洛西の名刹 正法寺その2
IMG_5098_20110412195522.jpg
その1

コピー ~ IMG_5098

 昨日の続きを。正法寺と言えばこの光景。池を臨む枝垂れ桜。背景の竹林と相まって、とても風情のある眺め。ただし、話を聞く前に気が付いた竹林の向こう側の造成工事。眺めが台無しだった。この先どうなるのかととても不安になる。この工事は勝持寺のすぐ下の辺りまで行われていたのだ。

IMG_5125_20110412195522.jpg
その2

IMG_5126.jpg
その3

 お薄をお願いして、ちょっとひと休み。お菓子のお皿に木瓜の花が添えられているのが嬉しい。折角なので外がよく見える縁側でいただこうか。

IMG_5142.jpg
その4

 手水鉢の中に沈められているハマグリのようなもの、なんだろう・・・?貝の形の石?それとも本物・・・?

IMG_5161_20110412195559.jpg
その5

IMG_5174_20110412195600.jpg
その6

コピー ~ IMG_5174

 手水鉢にはやはり花がよく似合う。

IMG_5151.jpg
その7

 雨上がりの柊南天。水滴で光っていた。

IMG_5153_20110412195559.jpg
その8

 外に出ると、いつの間にか雨は止んでいる。その代わり、この雲はなんだ?くっきりと潮の流れのように色が変わっている。風も強くなっていた。雨が止むと前線が移動すると天気予報は伝えていたが、その空気の変わり目なのかも知れない。
 
 春の嵐は急激に去っていったようだった。

 この続きはまた今度。
【2011/04/14 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«京都桜紀行 in 平安神宮序章 | ホーム | 京都桜紀行 in 洛西の名刹 正法寺その1»
コメント
のびさん、こんばんは。

定番やけど、ここの池と枝垂れが好きなんや。
カルガモのご夫婦もいつも来てるんやけど、
強い風にあおられて、
この日はず〜っと向こうに行ってしもてた。
【2011/04/14 20:28】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
縁側から見た枝垂れ、エエ感じやね。
【2011/04/14 17:40】 URL | のび #pSJ6Fihk[ 編集]
torimyさん、おはようさん。

改めて調べてみたら、メギ科ヒイラギナンテン属ちゅうもんがあった・・・
なんや、って感じで拍子抜けしたわ。

早春に咲くから、これを見ると春が来たなって思う。
【2011/04/14 07:15】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
パッとみて、ヒイラギか? いや ナンテン? なんやこれと思ったら
「柊南天」 などと言うもんがあるの?
で 結局どっちやの?
形からみた感じで ナンテンに1票入れときます。
【2011/04/14 00:18】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |