FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行最終 in 槙尾山西明寺
IMG_8588西1
その1 指月橋

 昨日の続きを。

 清滝川沿いに遡ると指月橋の前に行き着く。この橋を渡って、石段を少し登れば次の目的西明寺がある。雪の日とあって、関係者の方が付けた足跡だろうか、どう見ても参拝者ではなさそうな気もする・・・

IMG_8597西2
その2

IMG_8598西3
その3

 陽の当たる山門をくぐると、正面は本堂。やはり人の姿は見えない。木が生い茂っているためだろうか、地面には積もった雪とそうでないところの差が大きくでている。本堂の障子もこの季節だからだろう、閉めきられている。仕方がない、閉まったままでお参りを。ここのご本尊さまは釈迦如来さま。

IMG_8603西5
その4

IMG_8601西4
その5

コピー ~ IMG_8601西4大

 昨年の秋に訪れたときと、あまりの変わりようにちょっと驚く。静けさの中、目を閉じると、錦色に紅葉していた楓の色が心に浮かぶ。

IMG_8604西6
その6

IMG_8607西7
その7

 客殿の前には石灯籠とシャクナゲのひと株。花を付けるまでにはあと3ヶ月は待たねばならない。しかし、雪の中、待ちきれずに小さな固い蕾を枝の先に戴き、春が来るのをじっと待っているようだ。

IMG_8614西9
その8

 そうそう、客殿の前には大きな楓があった。あの時には色づいた葉で気が付かなかったが、こうして葉が全て落ちてしまっていると、細い楓の枝に寄生している苔の類がよく目立つ。種類が判らず、捜してみたが結局不明のまま。サガリゴケっていうものの種類かと思うのだが。
 はっきり言って、こういうのは気持ち悪くてちょっと苦手。だったら撮らなければいいのに・・・

IMG_8611西8
その9

IMG_8616西10
その10

コピー ~ IMG_8616西10大

IMG_8620西11
その11

IMG_8622西12
その12

 暖かな陽射しと雪を被った石灯籠がとても印象的だった。

IMG_8623西13
その13

 静かな空間をまったりと過ごせたし、最後の目的地へ行こうか。

 この続きはまた今度。
【2011/02/24 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«奈良 大池パトロール その2 エナガ  | ホーム | 奈良 大池パトロールその1»
コメント
Katsuさん、こんにちは。

どうかと思いましたが、結構残っていて嬉しかったです。
それほど広い敷地ではないので、ぐるっと回ってそれだけですが、
鐘楼はやっぱりいいなと思いました。
廻りを遮るものがないので、
そのラインの美しさが雪の中で映えました。
紅葉の時も、これはいいロケーションが臨めますね。
【2011/02/24 17:29】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
15日の西明寺、こんな感じだったんですね。
私も行こうかと思いましたが、よく考えたら車がなかった・・・(^_^;)

雪が残る境内、鐘楼のカットが好きです。
指月橋の赤さもいいですね〜。
ラインはバイクでしょうか・・・。ツルッと滑らないか心配になっちゃいます(^-^)
【2011/02/24 12:16】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |