FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行最終 in 高雄山神護寺その2
IMG_8441神13
その1

 昨日の続きを。

 境内に入ると空が明るくなってきた。陰るときもあるが、陽射しが射すと一気に辺りは眩しい銀世界。

IMG_8443神13
その2

IMG_8455神15
その3

 松の枝にもしっかり雪が積もり、重そうに垂れている。その重い枝はしなって屋根に覆い被さる。その支えがなければ折れるか根元から抜けて倒れるかも知れない。それだけ重たそうな雪だった。

IMG_8450神14
その4

コピー ~ IMG_8450神14大

 ふと振り向くと、境内に射し込んだ陽射しがとても綺麗だ。その金色の光に乗っておし薬師さまが降臨しそうな雰囲気にも思える。

IMG_8456神16
その5

IMG_8484神20
その6

IMG_8468神17
その7

IMG_8470神18
その8

IMG_8472神19
その9

 雪模様は吹雪も悪くないが、降ったあとに陽射しがでたとき、それがとても綺麗だと思う。

IMG_8494神21
その10

コピー~IMG_8494神21大

 まだ扉も開けていない本堂にも陽射しが当たり始めた。青い空と澄んで冷たい空気がとても心地いい。陽に当たると、その柔らかい暖かさに春の気配さえ感じる。

 この続きはまた今度。あと1日、神護寺にお付き合いを。
【2011/02/22 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«京都雪景色紀行最終 in 高雄山神護寺最終日 | ホーム | 京都雪紀行最終 in 高雄山神護寺その1»
コメント
torimyさん、おはようさん。

ほんまにねぇ、いいタイミングやったと思うんや。
雪降っても青空がないと、暗いばかりやろ?
出遅れたって思たけど、
この空を見たとき、これ以上の条件はないと思たもん。
頑張った甲斐があったわ。
【2011/02/22 08:16】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
小紋さん、おはようございます。

紅葉とはまた違った綺麗さですね。
どっちがいいかと聞かれると、答えに詰まりますが、
私はこっちかな。
誰もいないこの静けさが堪りません。
独り占めですからね。
【2011/02/22 08:13】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、おはようございます。

雪国ですよ、高雄は(^_^;)
市内とは別世界の静かな聖地ですね。

ただし、上がるまでの階段は結構ありますよ。
その階段は情緒がありますね。
【2011/02/22 08:11】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
青空付きの雪景色はホンマにきれいやね。まだ降りたてで 枯れ木に雪の花が咲いていて 薄日が射したら最高やわ。
とても良いタイミング!う〜ん
【2011/02/22 06:47】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
白い色を 朱色に変えると あのこわいようなもみじの頃の色になるかと 
心の中で変えてみました。やはり無理でした。
 真っ白の 誰もいない境内は 落着いて素晴らしいですね。
【2011/02/22 06:31】 URL | 小紋 #-[ 編集]
此処は結構積りましたね。
まるで雪国にあるお寺の様(笑)
雪の階段が好いですね。
【2011/02/22 05:00】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |