FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都梅紀行 in 雪の天神さんその3
IMG_7302雪紅梅小
その1

コピー ~ IMG_7302雪紅梅大

 昨日の続きを。

IMG_7308本殿
その2

IMG_7312参拝者
その3

IMG_7315矢田の鏡
その4

 少々雪が強くなっていたので、一旦本殿の前に出て回廊の下で雪宿り。ここの紅梅も咲くと見事なのだが、生憎とまだ蕾は固い。その降りしきる雪の中、ちらほらと参拝の人がやって来る。圧倒的に若い人が多いが、中にはこのような女性。いよいよ以て吹雪が激しく、こちらは三光門の下で悠々と。

IMG_7320雪梅1
その5

IMG_7332雪梅2
その6

IMG_7336雪梅3
その7

IMG_7348雪梅4
その8

コピー ~ IMG_7348雪梅4大

 お気に入りの場所はいくつかあるのだが、何しろ咲き具合を見て来たのではなく雪が降ったから来たという、浅ましい理由なのであまり咲いていないなどと言う批難じみたことは言えないのが辛い・・・

IMG_7388雪梅5
その9

IMG_7392雪梅6
その10

 そして境内をぐるっと廻り、西門の前、長五郎餅のお店の前まで来たときだ。この紅梅を撮っているひとりの男性。ややお年を召したような年頃で、しかしどこかで見たことがあるような・・・ 知っているけど誰だったか・・・横で撮り出すと邪魔になると思い少し離れた所で見つけたのがこれ。

IMG_7372蜘蛛の巣1
雪蜘蛛その1

コピー ~ IMG_7372蜘蛛の巣1大

IMG_7375蜘蛛の巣2
雪蜘蛛その2

コピー ~ IMG_7375蜘蛛の巣2大

 判りにくいだろうと大きなサイズも付けたが、石灯籠の横にぶら下がっていた蜘蛛の糸にふわふわの綿雪が付いているのを発見。うまく撮れないなあと必死になっていると背後に人の気配。それと同時に前方から来た男性が私に後ろに向かって挨拶をする。

   やあ、先生、早いですなぁ。

   来るだろうと思ってたのに姿が見えんし、どないしたのかと思てたで

   いやあ、下鴨神社まで行きましてん。でも全然ありませんでしたわ。

   そうか、ここももうお仕舞いやで。

 そう、この時9時頃だったか、ふわふわ雪は溶け始めていた。いや、そんな会話より、話しかけた方を見るとさっきの男性。その顔と先生と呼んだことでやっと思い出した。水野克比古先生だった。

   あ、水野先生・・・ お早うございます

 慌ててもごもごと挨拶をする。実際にお逢いするのは初めてだ。

  男性との話が終わり、こちらを向かれたので面白いものを見つけたのだと話しかけた。

   なんや、よう見つけたなぁ。視点が違うなぁ。
   さっきから何を撮ってるのかと思てたんや、これか・・・

 にっこりと微笑む顔はとても優しい。

   こんな所よりもっとええ場所があるで。三光門の方やけど

   あ、いつも早くから咲くところですね。あそこを撮ってからこちらに回ってきました(*^_^*)

 あの場所は毎回撮っている。私にとっても好きなところ。昨年の2月、同じく雪の朝には先生の娘婿である秀比古先生が撮っているところに遭遇している。

 偶然の出来事だったが、水野先生とお話しできたことはとても嬉しいことだった。

 この続きはまた今度。まだまだ続く雪の天神さん。飽きたと言うまでお付き合いを願います。
【2011/02/14 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(12) | Page top↑
«京都梅紀行 in 雪の天神さん最終日 | ホーム | 京都梅紀行 in 雪の天神さんその2»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

いやまあ、今日の雪は想定外です。恨めしげに横目で見ながら仕事でした。
早めに上がってきましたけど。
ラッキーだったのは明日の予約が飛んで、オフになったこと!
さあ、でかけますよ。

水野先生は西陣がテリトリーですから、
この季節は天神さん辺りで逢える確率が高いと思いますよ。
【2011/02/14 22:07】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
雪蜘蛛の1、石灯籠の頭がにこちゃんマークですね〜!ユニークです。
水野さんと会われたのですね。どこかですれ違いそう、とは思いながらも、まだお見かけしたことはありません。娘婿さんともここで会われているとは、水野さんとご縁があるのかも(^-^)。

今日もエライ雪でしたけど、どこかへ行かれましたか?
ワタシは通りかかった丸太町の新島旧邸でちょっとだけ・・・仕事中だったもので(;^_^A
【2011/02/14 21:49】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

その8に代表される光景は一番好きなところやねん。
で、満開の頃はメジロが嫌って言うくらいに集まるんや。
それが一番楽しみ。

私も冬の早朝は好きやね。
寒いけど。
【2011/02/14 20:01】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
われもこうさん、こんばんは。

背景ね、お地蔵さまやのうて、
石塔のてっぺんなんです。
でもね、私もネックレスに見えて笑いました。
【2011/02/14 19:56】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
朱の柱と釣り灯篭に雪の白梅。
これで平安の趣を感じるな! と言われても難しいな。
「冬はつとめて。雪の降りたるは言うべきにも・・・」の行 まんまやな。
【2011/02/14 19:06】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
雪が降っていても京都は美しいです。
雪蜘蛛・・後ろのお地蔵様のネックレスみたい^^
【2011/02/14 16:46】 URL | われもこう #-[ 編集]
ひげさん、おはようございます。

梅に雪はもう最高ですわ。
釧路ではこの季節、咲き出す花はわずかでしょうね。

ああ、そうや。
雪梅で酒盛りができます!
【2011/02/14 08:17】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
のびさん、おはようさん。

雪のウメジロは最高級写材やで。
まだ花が少のうて出て来てくれへんわ。
居たのはヒヨちゃんとシロハラちゃん。

雪蜘蛛なぁ、
白が映える向きを捜してうろうろしてるのが、
先生には怪しい行動と写ったみたいなんや。
【2011/02/14 08:13】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、おはようございます。

私も人の顔を覚えるのは苦手です・・・
人を相手に仕事をしているのにね(^_^;)
講演などもされているので、お顔だけは存じています。

気長にお付き合いをお願いします。
【2011/02/14 08:11】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おはようございます。

京都の雪は綺麗焼けど・・・釧路の雪は、色気無し・・・よかねぇ・・・和服に雪・・・。
【2011/02/14 08:00】 URL | ひげ #-[ 編集]
雪蜘蛛、抜群やね。
背景もエエし。
雪梅にメジロでも留まってくれたら
もう言うことないって感じやね。
【2011/02/14 07:43】 URL | のび #pSJ6Fihk[ 編集]
水野克比古さんとは写真家なんですね。
良く解りましたね。
私は顔と名前が一致しないので(笑)
まず解らず仕舞いだったと思います。

飽きたというまでお付き合いをします(笑)
【2011/02/14 04:45】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |