FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 in 大原 寂光院その1
IMG_2291寂1
その1

 昨日の続きを。いよいよ大詰めになってきた雪の大原。これは1月17日のもの。こう書いておかないと、今の状態かと思われそうなくらい遅くなってしまった。

 陽が射し始めていた。途中少し雪が舞ったが、ここへ到着したときは空は真っ青。雪目になりそうなくらいに眩しい陽射しがでていた。ある方のブログで雪の寂光院を見て、久し振りに行きたくなったのだ。こちらまで来るのがちょっと面倒で、ついご無沙汰してしまってる。来たら来たでよかったなあと思うくせに・・・

IMG_2294寂2
その2

 200年5月、本堂は放火で全焼してしまったが、それから5年後新しく建てられた。新しく本尊地蔵菩薩さまも安置された。その年、落慶法要が行われた少しあとにここへは訪れている。あまりの変わりようにショックだったが、新しい地蔵菩薩さまにもちょっと驚いた。いや、ちょっとあまりにも色が鮮やかで・・・

IMG_2297寂3
その3

IMG_2302寂4
その4

IMG_2303寂5
その5

 ここでも独り占め。とちゅう若い男性がひとり写真を撮っていたが、気が付くと彼の姿も消えていた。というより、自分が長い時間ここにいたと言うことでもあるが。

 深い雪に覆われた境内を回る。本堂の縁側には若い僧侶が出たり入ったり・・・ なにをしているのか、中で説明をするのかと考えあぐねる。監視されているような気分になっていたのだ。

 と、この辺まで来たとき・・・

   ずぼっ(T_T) ひぇ~~・・・

IMG_2321寂7
その6

 いきなり足を踏み外して、片足は雪の中に半分すっぽり埋まった。この下を小さな流れがあって、石の踏み板が渡してあるだけになっているところがある。その脇に足を落としたというわけだ。静けさの中、哀れな悲鳴が響いたが、本堂にいるはずの坊さん、何にも言わない。

   参拝者が悲鳴を上げてるのに、なんか言わへんのっ(>_<)

 水の中に落ちたわけでもないのでいいが、ちょっと一声欲しかった・・・

 この続きはまた今度。もうしばらく大原、引っ張ります。

IMG_2213雪だるま

 今日のおまけはこれ。作り直し中の雪だるま。
【2011/02/02 00:00】 大原 | トラックバック(0) | コメント(12) | Page top↑
«「小惑星探査機はやぶさ」帰還カプセル特別公開 in 京都大学総合博物館 | ホーム | 第3回岸野亮哉さん写真展 国境-タイ北西部- in 岩倉図書館»
コメント
きつつきさん、こんばんは。

いや、ほんまにそうですわ。
最近は足のトラブルが増えていますからね。
気を付けないと。
【2011/02/02 20:50】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Bakoさん、こんばんは。

ここは消失してしまったから、新しく地蔵菩薩を彫りました。
だから彩色したばかりで鮮やかなんです。
【2011/02/02 20:49】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ほんと、雪にうもっていたら判らないし滑るし・・・
足、挫かなくて良かったです。 何事も、足元が大事です^^
【2011/02/02 12:37】 URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集]
極彩色の地蔵菩薩ですか?

最近、古刹では不似合いなカラフルな仏像を見かけます。
あれ、なんなのでしょう!
お坊さんも、若い人が多くなった?
【2011/02/02 11:58】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
eiさん、おはようございます。

そう、行くまでが気が乗らないけど、
行ったらテンションあがるんですよね。
ほんまに隠棲生活の地でしたもん。

雪歩きを体得してきましたか。
是非とも行きましょう。今週は暖かいようです。
【2011/02/02 09:08】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
のびさん、おはようさん。

鳥を待って何時間はそこまでできひんけど、
景色を撮るのは時間かかるね。
ああでもない、こうでもないって。
じっくり眺めていたいし。これが独り占めならなおさらや。

池にずぼっ?のびさんガタイがでかいから、落ちたらたいへんやろな。
雪解けの頃は特に気ぃ付けなあかんねぇ。
【2011/02/02 09:05】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、おはようございます。

雪の寂光院は何年ぶりでしょうか。
ご無沙汰したバチが「ずぼっ」かも知れません・・・
でも行ってよかったです。
【2011/02/02 09:01】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、おはようさん。

坊さんは私に修行しろって?そんなぁ・・・
雪だるま作りのお手伝いならええわ。
景色の割りには寒くなかってん。
【2011/02/02 08:59】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
寂光院の雪景色、こういうのを拝見しますと行きたくなります(笑)
不便なのでつい敬遠してしまいますが、
行くと落ち着いて来て良かったと思うのですよね。
近々に行こう!
雪歩きに慣れてきましたeiです(笑)
【2011/02/02 08:12】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
立派な雪やわ、ホンマ。
でも、ホンマに写真撮る時は粘らんとね。
鳥でもそうやけど、
パパッと撮って帰っていく人の気が知れん・・・

ズボッは、「なんじゃこれ、ここ池やんけ!」とかも経験あるよ。
【2011/02/02 07:14】 URL | のび #pSJ6Fihk[ 編集]
おはようございます〜。
寂光院さん、すごい雪ですね〜。
これだけ積もると、境内の路も分からないですね。

私もしょっちゅうズボッとなります(^^;)
【2011/02/02 05:51】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
最近 私の頭ん中では「雪国京都」が定着してきたで。
東福寺や 宇治まであったしな。

ずぼっ!ていった?あらぁ〜
本堂にいるはずのお坊さん、何事も達観したはるんや・・・たぶん。

しかし雪だるま作りに精を出すおっちゃん、頑張ったはるやん。立派なかまくらもできて。
その雰囲気 あんまり寒そうには見えへんのやけど。
【2011/02/02 01:07】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |