FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

にがうり
IMG_2763nigaauri.jpg
 にがうりを頂いたので夏のスタミナ料理、豚肉と一緒に味噌炒めにするべく、ざっくりと包丁を入れた。

  ひっ・・・

 切ってひどく驚いた。驚いたというものではない、怯えた、に近い。

 初めて実際ににがうり、ゴーヤというものを見たとき、ゴジラの皮膚だと思った。ちょっとぶつぶつしているところが何とも言えず、気持ち悪いやら、面白いやら。しかしすぐに慣れた。
 だが、この時ばかりはもう、悲鳴を上げんばかりの驚きだった。濃い緑の外側と対照的に、中の種を包んでいたのは気味の悪い真っ赤な代物だった。同じ取り合わせでもスイカとはまた別格だ。タコの口というか、なんと表現したらよいのか、不気味だった。

 初めてにがうりを調理したとき、中の種は白いものに包まれていた。しっかり熟したらオレンジ色になるのは植物園で見た。しかし、つつかれたオレンジ色の中までは見なかったし、その中間、種だけが熟したらこんなに真っ赤になるとは全く予想だにしなかった。

 さっさと種を取り出されたにがうりは、あえなく調理されていく。ちなみに中途半端に残っていたおかぼがあったので、一緒にフライパンの中に放り込まれた。

  
   ※おかぼ=京言葉でかぼちゃのこと

 
【2007/08/24 22:38】 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«研修会 in 講義棟 | ホーム | 朝青龍再び in 角界»
コメント
水戸小紋さん、こんばんは。

水戸小紋さんでもご存じないこともあったのですね。私もほんとにびっくりでした。

うりはうりでも、黄色くなるマクワウリとは大違いだと知りました。
【2007/08/25 20:08】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
梓の小鳥さん、こんばんは。

ゴーヤのお茶ですか、話には聞いたことがありますが、私にはゴーヤチップスの方がなじみがありますね。最近はゴーヤの御菓子も増えています。

しかし悲しいかな、生のゴーヤしか食べたことないんです。チップスを今度食べてみようと思っています。
【2007/08/25 20:04】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
熟れると外がオレンジ色から まっかになりますが、なかをよくみてなかったです。ということは 中が熟れて そとにいくのかな。またいろいろ 観察することが できました。
【2007/08/25 19:35】 URL | 水戸小紋 #-[ 編集]
へぇぇぇぇ・・・
面白い植物ですね。
表面も中身も食べられて堪るか、 って自衛してる様に見えないでもないような・・・?
(笑)
色のコントラストもハッキリしてますねぇ。

ゴーヤという言葉を初めて耳にしたのは、6年前。日本に帰った時、お友達にゴーヤのお茶を頂いた時でしたよ。
【2007/08/25 04:26】 URL | 梓の小鳥 #WARxrlg2[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |