FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

吉田神社 神幸祭
IMG_1662幟


 先日、吉田神社のお祭りがあった。この神幸祭の前日は土砂降りの雨で、御神輿も危ぶまれたが、当日はよい天気に恵まれた。しかし前夜祭の行事はぼろぼろだったとか。夜にはようやく雨も上がって夜店も開店して、広報車で呼びかけもしていた。

 毎年仕事などで見物することができずに悶々としていたが、今年はやっと半分だけ、見物。午後はまた他のイベントにでかけたので。

IMG_1675獅子
獅子

 小さな子どもに被さって、無病息災を祈る。泣くのではないかと思ったが、みんな脅えはしても泣きはしない。中に入っている人が優しいということがわかるのだろうか。

IMG_1708和太鼓1
和太鼓その1

 街角で和太鼓演奏が始まった。勇壮な響きにこちらも気分が高揚する。若い男の子や年配の女性の姿もあり、それがまたすこぶるかっこいいのだ。

IMG_1733御輿1
御神輿その1

 神社を出発して町内を回りここまで来た。さあ、私も一緒について回ろう。

IMG_1744r御輿2
御神輿その2

IMG_1770御輿3
御神輿その3

 どうだろう、この男性たちの勇ましさは。お店の前ではそのお店の繁盛と健康を祈って手締めを打つ。もちろん、受ける方は丁寧にお辞儀をして還す。

IMG_1808和太鼓2
和太鼓その2

 もう一ヶ所で和太鼓が始まった。今度はもっと近くに寄って行ったので、時折こちらを意識してなのか視線があってちょっと恥ずかしかったが、その威勢の良さと太鼓の迫力に嬉しくて堪らない。そうしているうちに御神輿がやって来た。

IMG_1830御輿4
御神輿その4

 ずっと台車に乗せて移動してきた御神輿は、とうとう台から外され、男性たちの肩へとその重心が移る。細心の注意を払い、ハンドマイクで指示しながら担いでいく。威勢のいいかけ声は青空に響き、彼らの頭の上に御神輿が高く担ぎ上げられると、多くの見物客たちは大きな歓声と拍手でもって感動を伝える。

IMG_1835和太鼓と御輿
和太鼓と御神輿

 和太鼓が響く中、見送られるように御神輿は次の地点へと去っていった。この和太鼓のリーダーはとても素敵な笑顔で鐘を叩いていて、何枚も撮ってしまった。若々しい生き生きとした笑顔が素敵で、後日、写真を持って伺ったとき、齢80を越えていることがわかった。御神輿の担ぎ手の若者は京大生とか。 
 お祭りの多い街であり、学生に支えられて保存できることは、やはり喜ばしいことである。彼らもまた、学生時代の一コマに、伝統行事に参加できたという誇りと思い出ができるのではないか。

 しかし、今回の神幸祭主人公は・・・

IMG_1790r主役

 やっぱりこの子。時折お母さんと一緒に御神輿の前を歩いていた。将来の担ぎ手だ。
【2010/10/22 00:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(12) | Page top↑
«桜狩り in 宝ヶ池プリンスホテル | ホーム | 慈愛LOVE お経×即興演奏 四人四色の音絵巻»
コメント
小紋さん、おはようございます。

あまりにも整列しすぎるところがあるかも知れませんが、
きちんと揃ったものは好きですね。
【2010/10/24 07:33】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
さすが京都 はっぴの 紋に熨斗模様 垢抜けて 洒落ていますわ。
 どこか 雰囲気が違う 京都のお祭り やっぱりいいですね。
【2010/10/24 07:23】 URL | 小紋 #-[ 編集]
Bakoさん、こんばんは。

お祭りはどこのものでもいいですねぇ。
来年も時間を作ってみます。

CDは通販です。こちらの店舗でしか扱っていませんので。
こちらのアドレスで視聴できます。

http://www.ragnet.co.jp/ragmania_jiai_love.html
【2010/10/23 00:23】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
和太鼓も良いし、お神輿も良く揃ってる。
子供可愛いなぁ!
う〜ん、なんかやっぱり獅子の顔が違うみたいやわ。
↓のCDは市販されてるの?
【2010/10/23 00:13】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
kさん、こんにちは。

京大生が応援してくれるので、時計台講堂の工学部の中も回ります。きっと、それでしょうか。

岸和田のだんじりほどの迫力はないですが、綺麗な細工の御神輿を担ぐおじさんたち、その2ですね。
本当にほれぼれするくらいかっこよかったです。
来年は是非とも。
【2010/10/22 13:57】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、こんにちは。

人が足らへんのはどことも同じやで。
そやさかい、京大生に応援を頼むんや。

お祭り後の飲み会は凄かったらしい。体育会系の男やしな。
【2010/10/22 13:51】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、おはようございます。

そう、これ見に行きたかったのです。
事前に知り合いの京大職員さんに教えてもらってたのですが・・・
仕事休み変われなくて諦めました。
御神輿の迫力凄いですね!
来年は見に行きたいです。
【2010/10/22 09:54】 URL | K #yl2HcnkM[ 編集]
ん〜ん やっぱり衣装がきれいにそろっててお行儀よくて、京都のお祭りよね。
うちの方では こうはいかへん。
年期が入って色あせた麻の法被をまとうのが 担ぎ手のステイタスやさかい。
それに人がこんなにきれいに並ばない。だいたい人が足らへんも。
【2010/10/22 09:38】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
のびさん、おはようさんです。

それって、凄い経験やと思うで。
滅多にあることやないし、貴重やわ。

この時期の日曜日、ちょっと時間が取れるようになったさかい、
来年は早朝から最後の宴会まで張ってやろうかともくろんでるねん。
おっちゃんにおいでって誘って貰たんや。
【2010/10/22 07:50】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
地域の祭ってエエよな。

母の実家では『やすらい祭』やったし、
ちっちゃい頃に住んでたとこは『牛祭』やったし・・・
京都三大奇祭の二つの間近で育ったって、
これ、どうよ!
【2010/10/22 07:44】 URL | のび #pSJ6Fihk[ 編集]
eiさん、おはようございます。

まあ可愛い男の子でしたよ。
将来が楽しみで・・・
【2010/10/22 07:21】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
各地で秋祭りたけなわのようです。
最後の1枚、良いですね。
全てを物語るようです。
【2010/10/22 06:44】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |