FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都彼岸花紀行 in 亀岡その1 穴太寺(あなおじ)
IMG_0393彼岸花1
彼岸花

 先週うまい具合に亀岡方面へ行くことができた。それが10月3日のこと。しかし天候は午後から激しい雨になるという。まあ、仕方ない。

 亀岡は彼岸花の群生で名を知られている。先月末に萩の常林寺で懐かしい人に再開した。この春、中書島でキレンジャク撮ったときに偶然一緒になった女性だ。彼女は亀岡の彼岸花も行くと言っていた。彼女も来たのだろうか。

IMG_0453コスモスと彼岸花
コスモスその1

IMG_0461コスモス
コスモスその2

 わざわざ彼岸花を撮りに来て、コスモスもなかろうに。コスモスを撮るならこの近くに亀岡夢コスモス園がある。広大な敷地に何万本と咲いている。しかし気が乗らない。何年か前までは行っていたが、広くてたくさんの種類が見られると言うだけなので、私の趣旨に合わない。蝶もほとんど来ない。広い田んぼのど真ん中だから。足場も悪いし。何かのついでがあれば行くこともあるかも知れないが、多分行くことはないだろう。

IMG_0455稲束
稲束その1

IMG_0464彼岸花
稲束その2

 この辺りの稲は早々と刈り取られている。しかし普段見ることのない懐かしい稲の束に彼岸花の群生、その景色に有頂天。もっと早くに来れば金色の稲穂もあったのにと、来年への決意を固める。気の早いことだ。ここまで早ければ、鬼も呆れて何も言わないだろう。

IMG_0457ゲンノショウコ
ゲンノショウコ

IMG_0460カマキリ
カマキリ

   ちょっと、待ちよし 
   逃げんといて

 牡はだめか。雌は鎌を振り上げるのに。

IMG_0399イナゴ
イナゴ

 久し振りにイナゴをたくさん見た。本当にうじゃうじゃ見た。きっと農薬は控えめにしているのだろう。足元を跳ねていくので、きっと踏みつけてしまうことはないが、たくさん集めて虫かごに入れたくなった。
 子どもの頃はこんなイナゴでも掃いて捨てるほどいたものだ。街の暮らしが長くなり、すっかり忘れてしまっている田んぼの風景。楽しくて仕方がない。心配なのは、どこまで入り込んでいいものやら。それだけだ。

 ここまで来たらやはり入っておきたい穴太寺。なんでそんな読み方なのだろう。

IMG_0409穴太寺1
仁王門

 ここの仁王門、屋根にはしゃちほこ。仁王門にしゃちほこが付いているのは国内でも珍しく、3件ほどしかないと、お買い物をした駐車場のおじさんから聞いた。

IMG_0413仁王さま
仁王さま

IMG_0419鎮守堂
鎮守堂(多分)

IMG_0445鎮守堂扉
鎮守堂の扉

 ここには庭園もあるのだがそこまで入って行く時間がなくて、今回は諦める。

IMG_0428本堂
本堂

IMG_0426本堂の扉
本堂の扉

 梅の花模様の扉に感動。

IMG_0421びんずるさん
びんずるさん

IMG_0430おみくじ
結ばれたおみくじ

 多くの信仰を集めているのか、びんずるさんにはたくさんのお数珠がかけられ、前掛けも複数枚かけられている。願いを込めて撫でられた身体は、艶やかに光っている。

IMG_0443銀杏
銀杏の大木

 本堂の裏に、まだ青々とした巨大な銀杏の木が見えたので回ってみた。樹齢何百年だろう。太い幹周りは後ろの土塀を押し割っていた。昔は田んぼの真ん中かに立っていただろう銀杏と穴太寺。遠くからでもその姿は季節の移ろいを見守って来た。今も、そしてこれからも。

IMG_0437ハナミズキ
ハナミズキ

 ハナミズキが、その葉を少し恥ずかしげに紅葉させていた。山に囲まれた湿気の多い土地は、これから秋の深まりと共に霧で覆われるようになる。秋の本番はもうすぐそこだ。

 この続きはまた今度。 
【2010/10/12 23:02】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«桂離宮 その1 | ホーム | 奈良萩紀行 in 新薬師寺その2»
コメント
のびさん、おはようさんです。

今年は日本の原風景をぎょうさん見たわ。
一昔前まではどこでもあったのにね。

撮れへんようになる寂しさは、今森先生も言うたはるね。
エッセイなんかを読んでると、ほんまに胸が痛うなるんや。
【2010/10/13 08:06】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、おはようございます。

ここは川沿いの桜が見事ですからね。
この時期は毛虫の名所(笑)です。

知っていても行ったことのないチェックポイントはたんまり。
ひとつひとつ、チェックメイトです。
【2010/10/13 08:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
kさん、おはようございます。

私にとっては藤原京跡が憧れです。あちらの方がロケーションいいから。
だから今年も植物園です。今年は園長が替わったせいか、しょぼい・・・(T_T)
ここはバスの本数が少ないから、チャリは必須ですよ。

稲束は郷愁に駆られます。
【2010/10/13 07:59】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ここでハサ掛けばっかり見るから
実物がモーレツに見たくなってくるなぁ。
普段のルートでもあちこちにあったのに、
今年はまるで見ることがない。
でも、こういうのって
やっぱり生活圏の中に
当たり前のようにあるヤツを撮りたいと思うんやけど、
そないなこと言うてたら
もう撮れへんようになってしまうんかなぁ。
【2010/10/13 07:37】 URL | のび #pSJ6Fihk[ 編集]
ここへは昨年春、桜のシーズン時に訪ねたのですか、
周辺では彼岸花が有名なようですね。
皆さんの記事でチェックポイントが、
ドンドン増えていきます(笑)
来年々・・・
【2010/10/13 04:43】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
阿修羅王さん、こんばんは。

僕は亀岡夢コスモス園へ猛烈行ってみたいです!
でも遠いので藤原京跡のコスモスを撮ってきました。
天気が良くなかったのでリベンジを目論んでいます^^

稲束その1とその2がとても良い感じです。
こんなの撮ってみたいですねー。
【2010/10/12 23:37】 URL | K #yl2HcnkM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |