FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

下鴨神社その2
IMG_6216萩
萩と楼門

 先日の続きを。今回は長いので、眠い方はスルーした方がよいと思われる。

 今夜は少し愚痴を。昨夜から3人ほどに愚痴って、やっと気分が治まってきた私の愚痴を。週末3日間、写真の講座を受けてきたのは、photoshopCS5を使ってのレタッチ。RAW現像からのプリントを仕上げるのが課題。できれば自分のノートPCにphotoshopかElementsが入っていることが条件だったが、なければPCroomのものが借りられる、というよりそれを使えるようにするのが目的の講座。

 それに使うデータを撮ってこいと言うのが初日の課題。DPPは、自分のカメラに附属しているソフトで現像、そのあとphotoshopを使って仕上げる。毎日ノートを持って出かけるのは重かった。まあ、それはたいした苦痛ではない。大変だったのはphotoshopが使えない年配者たち。

IMG_6219銀杏
銀杏

 14人の参加者の中には、かなりの年配者も含まれていた。一緒に参加した中には職場の先輩で写真仲間、T姉さんもいて、彼女は60代。ほかによく顔を合わせる常連客MさんとKさん。このふたりが比叡山山頂まで登った強者だ。他にも年配者が居るのだが、彼らは何とかなった様子。
 私の席は姉さんとMさんに挟まれていた。最新のCS5、年配者に大丈夫かなと思っていたらやっぱりで。特に姉さんは全くだめだった。この3人と一緒に下鴨神社に行った0嬢はマックを使う同年代、か。0嬢はまだ大丈夫だったが、この3人に訊かれるままにPCやphotoshopの使い方を教える羽目になったのだ。講師はcannon専属の写真家、三島淳先生。他に助手が3人ほどついたが、我々の列の反対側の人たちの所に張り付いたままになってしまい、待てない彼らが私に聞いてくることになったのだ。

 自慢ではないが、機械いじりは苦手だ。自分が触れるようになるまでには本当に時間がかかる。幸いにphotoshopは少しならわかる。随分と昔にphotoshop7.0を入れているので、見よう見まねで簡単な操作なら大丈夫。Elementsに至っては、ワコムのペンタブに附属してきたバージョン3.0という、何ともお粗末なものしかかなく、この春、やっと最新の8.0を入れた程度。
 ところがこの程度でも早口の説明に付いていくことができてありがたかった。レジメの配布もあったので、その時々の作業手順など、書き込んでいった。

 で、作業が始まったのだが、早速姉さんが焦り始めた。自分のカメラのRAWデータを見つけられない・・・?どこに入っているのかもわからないという。初日に撮影に行って撮ったデータでなくてもよいと言うことで、私も以前のデータをこの日用にファイルしておいた。彼女も使ってみたいデータがあったらしく、捜すのだが、日付だけのファイルでどこかわからないと言うのだ。やっと捜し出して見たものの、開くソフトが違う。同じcannonのプリンターに附属している管理ソフトで自動取り込みで入るような設定にして、なおかつそれで開くようにしていた。ファイル名もなく、日付だけ・・・

 私なら絶対に捜し出せない。名前くらいつけなければ。これは違うからとカメラ附属の現像ソフトを開いてあげて、データを捜す。そして次は初日に撮ったデータを捜してあげる。フラッシュメモリーでコピーして教室のPCに移動させるのだが、そのフラッシュメモリーはといえば、他のデータがたんまり入っている。

  (キャリングにデータの詰まったメモリーを使うか・・・(-_-;)

 手順として説明があったのは、現像をしてTIFに変換して保存、それをフラッシュメモリーで移してphotoshopで開く。普段、TIFでデータを扱うことはなかったのだが、まあ、わかる。ところが姉さん、RAW現像から躓く。RAWでなんて、撮ったこともないわ、って。

   (おいおい、RAW現像くらいはできることが最小限の条件やでぇ・・・)

 まず現像の仕方、保存の仕方、どこに保存するのか、それをコピペする、移動させてまたコピペする。それがわかっていなかったのだ。できなかったのだ。また、RAWのまま保存先を変更することなども。

 私の悲劇はここでもう既にどっぷりと腰まで浸かっていた。そう、彼女はPCの扱いさえ満足にできなかったのだ・・・ デジタルで撮るのであれば、せめてそれくらいは・・・ 今年の年明け早々にノートパソコンを買い換えたとのこと。新しいのはもちろん、Windows7。ソニーの製品だ。


 私が思うに、買いに行ったとき使用目的を聞かれたのだと思う。そりゃあ、カメラと答えるだろう。しかしもともとがあまりPCを扱えない彼女。ウイルス検索のソフトも管理が面倒だと言って、それも入れていないネットには繋がないノート。画像を扱う人でソニーを愛用する人は多いと思うが、デザインもちょっとおしゃれな機能も多いVAIO。彼女に扱えるはずがない。きっと言われるままにそれにしたのだろう。それに他のメーカー品との互換性も気むずかしいところがあって、彼女には勧めない。ま、すでに買っているのだからいいのだが。

 パソコンの扱い方、photoshopの使い方、私は家庭教師になった。しかし二言目には彼女、わからへん、先生の言っている意味がわからへん、そればかり。だが姉さんの一番悪い点は、わからないと言うばかりで、手順も何もメモを取らないところ。わからなければ聞き直すくらいの気持ちでメモを取らなければ、なおのことわからないだろう。
 画像をいじりだしたが、そのデータならまず撮影の段階でもう少しうまく撮れただろうというものもあったし、現像の段階でももっとしっかり色調を調節しなければ、というデータが作品にしたかったようで、悪戦苦闘。

 隣のMおじさん、こちらもまあ、難しい画像を直そうとしていた。先生のこんなやり方もあると説明の通りに手を付け始めていて、途中わからなくなったところを聞いてきた。そして何回も聞き直しては、細かくノートに記入していく。

   カメラは上等モンを使てるけど、頭と腕があかんわ・・・

 そう、彼の愛機は5D markⅡ。そんな冗談を言う彼は、結構な勉強家だ。こだわった作品を作る。

 そのまた向こうのKおじさんも、最近ノートを買い換えたところ。前回の講習時に古いノートを持参していて、この時もいろいろ手伝ってあげていたのだが、今回photoshopを使うと言うことで新しいのを買ったようだ。インストールしているかどうかは不明だが、こちらも扱い慣れない教室のデスクトップや自分のノートなどと苦戦しているので、時々手伝った。そして教えてもらったことはこちらも事細かくメモを取っていく。この人はいつでもそうだ。何でも元お医者さまとかで、そんな風には見えない気のいいおじさんだ。

 わからないと嘆くばかりでメモも取らない姉さんの姿は、まるで実家の嫌いな自分の母を見ているようだった。だが、母がこの年の頃は、ヘルパーの資格を取るために勉強していた頃で、あの人は好奇心が旺盛なので年を取ってからでも新しい勉強が始められる人。その辺はえらいな、と思う。

 CS5はRAWデータも取り込んで現像できるという誠に便利な機能がある。TIFに変換しなくても直接そちらで現像してもいいと先生の説明があったので、作品として提出するもの以外も、自宅からjpegで持ってきたデータでいじってみたり、結構楽しんでいた。プリントしてみたいと思っていたデータもプリントしてみたり。

 さあ、いよいよ合評。オンラインで結んだ教室のPC、そこの共有フォルダに自分の元のRAWデータと、作り上げたデータをヒストリーを残したままで入れるようにと指示が出る。姉さんはまたパニック。自分のフォルダも作れず、これもまたデータが探せず大騒ぎ。結局データを探してフォルダにいれ、また移動させて・・・という一連の流れを先生と私とで行う。
 まあ、確かに自分でも言っていた。これを自分でやれと言われたらできひんわ、と。その通り。何の作業をしているかさえわかっていなかったから。Mおじさんも不要なデータを共有フォルダの中に入れ込んでしまっていて、その削除作業を指さしながら説明して削除させる。

IMG_6230キジバト
キジバト

 結局、私はなにをしてきたのだろう。3日目が終わってほっとしたら、なんか馬鹿らしくなってしまった。もっといっぱいCSを触ってきたかったのに。調節の仕方はかなりわかったので、また本を見ながらでもやれるだろう。終わった途端にどっと疲れがでてきて、また、なんで人の基本的なPC作業までやらなければならないのだと、怒りでないが愚痴がでてきた。厭な顔ひとつせずに手伝ってきたが、姉さんにはちょっと呆れた。ずっとフィルムでやって来た人なので、デジタルは使い慣れないのだろう。デジタルをやっていこうとすれば、やはり基本的なPC操作はやらなければ。職場でも使っていたはずなのだが、年齢と部署を考えるとあまり使えなかったのかも知れない。

 年配者の中でのPC作業は大変だった。しかしそれ以前の問題で、ある程度知識を持ってから参加すべき講座なのではと思う。そして参加する方も、デジタルで撮るのであればそれくらいの知識は持って臨むべきだったと思う。機械の扱いが苦手な私だが、これでも使える方なのだとわかって、妙な自信ができた。

 終わったあとのアンケートにもしっかり書いてきてしまった。

   ほんま、うち、疲れたわ・・・ 楽しかったけど・・・

IMG_0587傘

 今日のおまけはこれ。巨大な傘のオブジェ。一瞬ぎょっとして立ち止まった。タイトルは「猫の傘」。何が猫で何が傘なのだろう。 
【2010/08/30 23:22】 下鴨神社 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«ある早朝の風景 | ホーム | 下鴨神社にてそのⅠ»
コメント
ひげさん、こんばんは。

凄い、いっぱい凄いの、持ってはる・・・
姉さんとは大違いですよ。彼女にブログを立ち上げることなんて、絶対にできないから。
【2010/08/31 22:55】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おばんです。

T姉さん=おっちゃん・・・と思ってやってくださいませ・・・。

photoshop7もcs5もあったはずですが・・・・。笑)
【2010/08/31 22:08】 URL | ひげ #-[ 編集]
お夕さん、おはようございます。

ほんま、よう言わんわです。
これだけレベルの違うたくさんの人を教えるのは、たいへんです。

でもそれは想定内ではなかったかと。もう少し工夫がいったと思います。
もっと詳しい手順のプリントも必要だったと思いますね。

しかしです、私はただでは起きません。自分自身のいい勉強になりました。
人を教えるって、結構難しいんですよね。
【2010/08/31 08:25】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
のびさん、おはようございます。

ほんまにそうなんですわ。
下手に触ると元本崩れするから、私も露出を直すくらいの現像しかしぃひんし。
あえていじらあかんような写真は撮らへんし、使わへん。

基本、画像を作り上げるのは好きやないから。それならCGをやればええやろ?
汚いくらいに色をいじっていた同年代の男性が居たっけ。
【2010/08/31 08:18】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
お疲れ様でした。

「ワテ、ホンマによう言わんわ♪」ですね。

「好きこそモノの……」と言いますから、本当に好きだったら、
誰でも上達されるでしょうが……。

阿修羅王さんに、講師謝金をお渡ししたいくらいです。

「情けは人の為ならず」と言いますから、
阿修羅王さんのお心は無駄にはならないと思います。

レベルの違う方々に、一斉に教えるというのは、ホント、
しんどいことだとつくづく思います。
【2010/08/31 08:09】 URL | お夕 #wikz35BA[ 編集]
これはこれはお疲れでしたなぁ。
読んでてもだんだん疲れてきましたよ。
「ほならアンタは大丈夫なん?」て訊かれたら
ええ加減な現像しかしてないんやけどね。
ヘタに触ると元より悪うなるから・・・
【2010/08/31 08:08】 URL | のび #-[ 編集]
eiさん、おはようございます。

もう笑い事やなかったですよ(>_<)
終わってから、はたと気が付けば、なにやってたんやろって。

ソフトのマニュアル本は必ず一緒に買いますね。読むだけではわからないことも、
こういうレクチャーがあるとわかりやすいです。
自分の使いたいところをもう少し質問したかったのに、見てあげることで時間がなかったわ・・・

エレメンツだけでも買おうかなと言っていましたが、あの分だと使えないと思います。
【2010/08/31 07:10】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ハハハ・・・失礼、思わず笑ってしまいました。
ご当人には笑い事ではないのでしょうが。
確かに理解していなければ、なんのこっちゃさっぱりでしょうね。
大体PCの説明、ソフトの説明等は、初めて扱う人用には
書いてくれていないと、常々思います。
だから解説書なるものを別途買ってきたり(笑)
結果慣れるしか仕方がないのかな・・・
【2010/08/31 04:57】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |