FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

徒然道草 法事に出かける 
IMG_8084石塔
明和の文字が読み取れる石塔(1760年代 江戸中期)

IMG_7998庫裡
庫裡

 この週末、父の17回忌と叔父と叔母の13回忌、そして祖母の50回忌(!)に帰省してきた。父と叔父貴・叔母はいいとして、生まれる前に亡くなっている顔も知らない祖母、これが最後のあげ法事になるわけだ。今の代にはどうでもいいのだが、まだふたり生存している叔父にとっては母に当たるわけで、祖母のためと言うより、彼らのためみたいなものだ。

 そんなこんなでうちの菩提寺である、安○寺を少々。自慢ではないが、曹洞宗のここの先代住職はちょっと偉い人なのだ。もう80をとうにまわっているだろうか。最後にあったのが数年前のやはり法事の時以来だ。随分とお年を召してしまった。昨年の2月に代を譲って今は東堂(ご隠居)だが、法要はふたりで取り仕切った。息子さんは高校の先輩に当たる人で学校の教師をしていたが、あとを次ぐために帰ってきた。この庫裡はそのために建てたものだが、億単位の費用がかかったと聞いた。

 欄間の彫り物は厚さが半端ではなく、20cmくらいはあるだろうか。何枚もの襖絵は染めを使用しているとか。どちらも人間国宝と言われる職人さんの作品だ。

IMG_7980枝垂れ桜
枝垂れ桜

 今は葉桜となっているが、樹齢100年は越しているらしい。庭石もあちこちから檀家が捜して来て、大変な作業で作り上げた。

IMG_7983椎の木
椎の木

 子どもの頃から好きだった椎の大木・・・ 樹齢は、さあ何年だろう。数百年は経っているだろう。

IMG_7986椎の木と石塔小
椎の木と石塔

IMG_7986椎の木と石塔大


IMG_8008鐘楼
鐘楼

IMG_8026幻獣
幻獣

IMG_8078虫食い
虫食い

 江戸時代の鐘楼。二階に上がって突くようになっているのだが、さすがに傷みが激しく、3年ほど前に細工をしてしたからロープを引くように改造した。毎日この鐘を突くのは先代の日課でもある。大晦日は1回目を先代が突き、そのあとを私の姪っ子のお父さんが突くのが最近の習わしとか。昔から結構親しくしているらしい。何しろ叔父と叔母の葬儀にはこちらまで出向いて葬儀を営んだのだから。

 いったいうちはどんな家系だったのだろう・・・?

 で、この鐘楼は傷みが激しい。江戸時代中期のものなので、直しながらきた茅葺きも、職人さんの不足、材料の不足で葺き替えがかなり困難となってきている。茅は少しずつため込んではいるのだが、こんな小さな屋根でもかなり必要らしい。また柱なども無残に痛んでいる。庫裡を新築したときに手を入れたかったが、さすがに費用がかかりすぎるので檀家から苦情が出そうなので諦めたとか。
 文化財の指定を受けて援助を受けるという方法もあるが、そうすると急ぐときなどに勝手に触られなくなるので自力で修復をしていく予定だ。

IMG_8024蜂の巣
エントツドロバチの巣

 ところで、面白いものを見つけた。ちょうど歯に当たる部分にドロバチが巣を作っていて、それが歯のように見えるのだ。下には穴が開いていて、さながら虫歯・・・ 姪っ子父にそれを示すと大爆笑だった。

 それはさておき、この江戸時代の建物。お寺の本堂の入り口にそびえる2本の大きな柱の上に必ず見ることのできる幻獣の彫り物。この作者が特殊なのか、この時代の特徴だったのか、普通は獅子のような象のような顔をしているのにこれは人の顔に見える。しかし前足はライオンのように大きく肉球まで彫られているのが気になる。これはどういう意味があるのだろう。そうだな、スフィンクスのようにも見えるかも。

IMG_7993石塔
石塔

 子ども頃はなにも考えずに遊んだ境内。昔の記憶にあるのは本堂のみとなってしまった。しかし椎の木などは昔のままなのが私にはとても嬉しい。
 次に帰ったときもまたここを撮りに来よう。

 この続きはまた今度。次は裏庭を少々。
【2010/06/28 23:04】 徒然道草 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«古刹の裏庭 | ホーム | 徒然道草 今日はお土産を買いに行く 後編»
コメント
ひげさん、おはようございます。

たいした技量ではありませんが、
消えたりしないのでごゆっくり見てやって下さいな(*^_^*)
【2010/06/29 07:43】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
きつつきさん、おはようございます。

なかなかゆっくり出来ませんでしたね。久し振りに帰るとおしゃべりも多くて・・・(^_^;)

本堂の前に立つと、子どもの頃の思い出が湧いてきました。本堂の中も凄いところなんです。
【2010/06/29 07:42】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おはようございます。

これは凄い写真だらけ・・・後でゆっくり見さしてもらいます。
【2010/06/29 07:34】 URL | ひげ #-[ 編集]
阿修羅王さん こんばんは

ゆっくりとお話して来られましたか^^
心は幼少時代にタイムスリップ・・・!?
【2010/06/28 23:46】 URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |