FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

徒然道草 今日はお土産を買いに行く 後編
P6238563ゴイサギ1
ゴイサギその1

 昨日の続きを。

 お土産の目的は三条木屋町の小川コーヒー。ここでいつもリキッドコーヒーをお中元として送っている。しかし今年は帰るので久し振りに手渡すことができる。

 もうすぐ三条という所まで来たとき、前方に水鳥の陰・・・ ゴイサギだ。前夜の豪雨で増水した鴨川をじっと見ている。魚、捕れるのだろうか。

P6238568rゴイサギ2
ゴイサギその2

 普通、臆病だとされるゴイサギなのだが、四条辺りに住むゴイサギは結構人慣れしているように思う。直ぐそこにいるのを撮っても逃げる様子なし。顔に水しぶきを浴びながらじっと川面を見ていた。

P6238584アイスコーヒー
アイスコーヒー

 やっと到着、小川コーヒー。夏限定のアイスコーヒーを3種類、2本ずつ箱に詰めてもらっているあいだ、アイスコーヒーをサービスしてもらう。いつもそうだ。普段コーヒーは飲まない私。しかし実家の姪っ子の両親と母はコーヒーをよく飲むので、いつもここにお願いしているのだ。久し振りのコーヒーは乙なものだった。ブラックで。

P6238585ロールケーキ
ロールケーキ

 といってもこれはオブジェ。フエルトでできたロールケーキだが、うまくできている。ここの季節のロールケーキは大好物。

重い荷物を持って、さあ帰ろうか。バスで帰るか、電車にするか、それとも重いしタクって帰るか・・・

P6238590r鳩1
タクシーと鳩

   (鳩)おじさん、乗せてm(_ _)m

   (雀)あんた、お金持ってるんか?タクシーはあかんやろ、ハトバスでないと、乗せてくれへんって

 タクシー乗り場で見かけた光景。タクシーに鳩が乗ろうとしている・・・? 見ていると、どうも運転手さんが座席からパンなどを投げてやって遊んでいるようだ。さすがに乗車されそうになると自動ドアを操作して、ドアの動きで鳩を追いやっている。もう、爆笑だった。

P6238598鳩2
乗車拒否された鳩

 乗車を拒否された鳩は、諦めてとぼとぼ・・・

P6238599カラス
ハシブトカラス

 それを見ていたカラス。

   阿呆やなぁ・・・

 一声鳴いて飛んでいった。

 重いコーヒーを抱えて帰るのは結構しんどいものがあった。
【2010/06/26 07:00】 徒然道草 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«徒然道草 法事に出かける  | ホーム | 徒然道草 今日はお土産を買いに行く 前編»
コメント
Bakoさん、こんばんは。

動物の言葉は何でもわかります(^^;
その中でも鳥は一番おしゃべりなように思います(苦笑)
【2010/06/28 20:15】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
サギが五位の位を頂いたいきさつが、音声訳の中級の教科書にありました。

相変わらず、鳥達のおしゃべり、楽しいですね!
鳥獣語が理解できるのも「阿修羅王さま」だから不思議ないか?
【2010/06/28 16:23】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
われもこうさん、おはようございます。

京都のコーヒーは多分、ちょい濃い目かも知れません。ほとんど飲まないのでなんとも言えませんが、古くからの老舗も多く、ヨーロピアンタイプの深炒りのように思います。
試飲はわかりませんが、こうして贈答品を頼む時にはサービスしてくれます。
小川コーヒーは支店も多いです。京都駅地下鉄コンコースや、ここ、三条木屋町、銀閣寺近くの今出川通りなどです。
【2010/06/27 06:57】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
京都に行くと、同行者がイノダコーヒー好きで連れて行かれるのですが、私にはチョイ濃いです。小川コーヒーは聞いたことがあるようなないような・・・お店で試飲させてもらえるんですね。まろやかですか?
【2010/06/26 15:14】 URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |