FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

睡蓮  in ガーデンミュージアム比叡
20070730220126.jpg
モネの池

20070730220519.jpg
  睡蓮

20070730220508.jpg
  ラベンダー

20070730220136.jpg
  モネおじさん

 早朝の激しい雷雨で目が覚めた。今日は比叡山に上がろうと思っていたのだが、どうしよう。出発は8時半と決めていた。まあ、それまで天候の回復を待つか。

 天はまだ見放してはいなかったようだ。時間が経つに連れ、時折晴れ間が見え隠れする。天気も回復していくと言っていた。それでは出掛けよう。
 少し肌寒く感じたが、山の上はどう天候が変わるか分からない。先日買ったばかりの弁慶格子模様の日本手ぬぐいを、ストールと汗拭き兼用で首に巻いていくことにした。

 陽射しこそないが曇りでも明るい。
 モネの池には睡蓮がたくさん咲いている。ケーブルとロープウェイで一緒になった男性、大きなレンズで睡蓮を狙っていた。レンズは見るからにCanonの超望遠、お行儀悪いがカメラは何かとすれ違いにちらりと見れば、これはこれは。EOS 1D markⅡ。

  ほう・・・

 ため息がひとつ。素晴らしい。

 藤の庭にはクレオメがピンクや赤紫などの花をつけ、ラベンダーは通りすがるだけでその香りを運んでくる。満開にはもう少しある。
 今日の目的はなんだっけ?そうそう、ひまわり。
 しかしひまわりは小型のものしか咲いておらず、大型の花はまだ蕾だった。その代わりに色とりどりのダリアが咲き誇っていた。
 花の庭を真っ直ぐ行くと、shopがある。そこのtheaterでは、モネおじさんのrobotが映像と声を用いて、印象派の歴史や日本文化が与えた影響、モネが愛した庭などについてguidanceをしている。あまりにもrealなrobotはちょっと恐いかも。自動演奏のpianoもあって、ドビュッシーを弾いてくれる。これが嬉しかった。

20070730220149.jpg
  眼下に広がる市街地
 午後を廻ると、天候は急激に回復。比叡山中腹にあるロープウェイ駅からは、市内が一望。府立植物園は御所や糺の森に負けないくらいに存在感がある。
 
 今日は天気が心配だったが、とても恵まれた。

20070730220546_20080929151154.jpg
  満月(トリミング)
 今日のおまけはこれ。十五夜の満月。
 今夜も宝ヶ池では花火が上がった。花火見物を兼ねて満月にshutterを切った。

 今夜は少し気温が下がる。満月もくっきりと見えた。もうすぐ萩の季節がやってくる。
【2007/07/30 22:47】 ガーデンミュージアム比叡 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«お通夜  | ホーム | 花火 in 宝ヶ池»
コメント
こんばんは。こちらこそいつもお世話になっています・・・?ん、業務連絡?違う違う。

まだ本家の方にupできていなくて申し訳ないです。もうしばらくお待ち下さいね。
いつも同じような所しか行けていないのですけど、旅行記を書いているような気分でやっています。自分が他所さまのブログなりホームページを見せて頂いた時に、そこに行った気分になると嬉しいので。
【2007/07/31 22:43】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、お早うございます〜。
いつもコメント下さって有難うございます〜。
有名な比叡山!
名前しか知らなくて行ったこともないのに有難いですね、お陰でご一緒させていただいたような気になります。。。
ガーデンミュージアム、 興味が湧きますわ〜。
モネの池もあるんですね。
本当にモネの世界に引き込まれて行くようです。。
モネさん、 ロボットじゃなくても本物の感じがお写真からよく伺えますよ。

花火も楽しませて頂きました!
花火は絶対日本でみたほうが風情がありますねぇ。
花火、浴衣、 団扇・・・
懐かしいです。。。
【2007/07/31 22:11】 URL | 梓の小鳥 #WARxrlg2[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |