FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

半夏生 in 建仁寺塔頭両足院 その2
IMG_7740半夏生
半夏生その1

IMG_7740半夏生大

 昨日の続きを。

 茶室はふたつあって、そのうちのひとつは実際にお稽古や茶会に使われている。その茶室には先客がひとり、私より少し年上と見受けられる男性がひとり。手前に座っておられたので、失礼して床の間に近い方へと上がる。

IMG_7709お茶
薄茶とお菓子

 出て来たお茶は豪華にも天目台のような台に乗っている。初めてだ。お菓子は両足院のお印の上用まんじゅう。星と細い三日月が焼きごてで押してある。なかなか上品だ。

IMG_7713お菓子
お菓子を切る

 クロモジでお饅頭を割ると、中は薄緑の白あん。インゲンの餡とか。色づけはお抹茶をごくわずか入れたのか、それとも枝豆なのかわからなかったが、この色の取り合わせはまさに半夏生。そのデザインにとても嬉しくなった。

 お茶をいただき、お茶碗を下げに来られたお着物の女性に、先客だった男性が声をかけた。

   あとで、池を背景に後ろ姿を撮らせて頂けませんか

 そして私を振り向き、更にこう言った。

   よろしければご一緒にどうですか

 もちろん、嫌なわけがない。ところが立て続けにお客さんが来られたので、我々はとりあえず外に出てお客さんが引けるのを待つことにした。しかしちょうど時間的にもお客さんが増える時刻だったのか、途切れそうにもない。仕方なしに我々は茶室の窓越しに御接待する彼女の姿を何カットかシャッターを切った。そして顔を見合わせてにっこり・・・

 彼女の写真が撮れなければ、せめて茶室から池の景色などを撮ろうと思ったのだが、それもお客さんが多くて諦めざるをえなかった。

IMG_7685半夏生
石灯籠と半夏生

IMG_7707半夏生
中門と池

IMG_7702半夏生
池と半夏生

 お座敷から池を眺めている人の前を通ってうろうろするのもちょっと気恥ずかしかったが、池の周りを行けるところまで。

   ねえさん、それが半夏生の花か?ねえさん?

 後ろで年配の男性の声がする。それが自分に向けて発せられていることに気づくまで、少しかかった。

   そうですよ。でも、花と言っても、この垂れている穂のようなものが花で、白いのは葉っぱなんですよ(*^_^*)

 もう少し早く気づいてあげたらよかったと思って、少しうんちくを。

IMG_7663中庭
中庭

 外に出る前のことだった。中庭の周りを移動する人が多くて、自分も一回りしてやっと人影がなくなってから切り取った1枚。その時向こう側から袈裟衣をまとった年配の僧侶の方が来られた。ここのご住職だろうか。すれ違い様に声をかけられた。

   りっぱなカメラですね(*^_^*)フルサイズですか?

   (おや、通やね)いいえ、とんでもない、そんな上等なものではないですよ。
    でも今日はなかなかいいものが撮れそうです

 自分の腕前はともかくとして、緑と白のコントラストがとても綺麗だった。蒸し暑い日ではあったが、通り抜ける風は心地よかったし、知らない人たちと、こうして同じ価値観でお話をするのは大好きだ。こんなちょっとした縁もきっとどこかで何らかの形でふれあうお導きだったのだろうと、いつもそう思っている。

 さてさて、この日は本来風神さんと雷神さんに逢いに行こうと思って出かけてきたのにと、内心やっぱりこちらにも来てよかったとにんまりした。

 この続きはまた今度。
【2010/06/21 22:33】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«同志社大学書道部 書道展 in 建仁寺塔頭 西来院 | ホーム | 半夏生 in 建仁寺塔頭 両足院その1»
コメント
eiさん、こんばんは。

先日はこちらこそありがとうございました。
仕事終わりにケータイでチェックして思わずにやにや・・・ 
ちょっと怪しいことをしてしまいました。

画像は、確かに似たような似てないような・・・(^^;
あちこち行かれているようですね。感服しました。

今後ともどうかよろしくお願いします。
【2010/06/22 22:05】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、当日お声をお掛けした、ちょっと年上と思われた者です(笑)
大変失礼をしました。同じ風景を眺めて、撮った写真が似ているようで、
違うような。改めてゆっくりと拝見致します。
まずはご挨拶まで。今後とも宜しくお願いします。
【2010/06/22 19:10】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
きつつきさん、おはようございます。

半夏生の繁殖力のすごさはよく聞きますね。さすがはドクダミ科。
半夏生を思わせるお菓子は美味しかったですね。この季節ならではの配色でした。
【2010/06/22 08:22】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
yokoblueplanetさん、おはようございます。

湿気も多すぎてもなさ過ぎてもしんどいものですね。喉を痛めないで下さいね。
私もこの春から度々傷めました。

 >贅沢な「遊び」
ほんまにそうですわ。いい時間を過ごしてきました。
海外旅行も私にとっては羨ましいですけど(>_<)
【2010/06/22 08:18】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは^^

良い景色・美味しい お薄とお菓子・・・
『いいナ〜・・・』 といつも食い入る様に見ています(笑)

「半夏生」涼しげでいいですネ^^
我が家にもありますが、見た目の優しさとは違って繁殖力は強いです。
私は「半化粧」説しか知りませんでしたが、それぞれの由来を見るとどちらも「あり!」ですネ^^

お薄とお菓子・・・食べたい・・・^^;
【2010/06/22 00:07】 URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集]
おはようございます。この時期しっとりと緑のお庭を観ながらのお抹茶、贅沢な「遊び」です!いままったく反対に乾燥した場所にいるので、なおさら、素敵に見えます!
【2010/06/21 23:06】 URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |