FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

花菖蒲 in 野村別邸
IMG_7171野村別邸小
野村別邸

 昨日の続きを。

 平安神宮から東山方面へと向かう。目的地は野村別邸。あそこも見頃になっている。東天王町交差点を南下、のんびり走らせていると1本、道を入り損ねた。確かこの辺から入る細い道があったはず。

 この辺は、昨年野村美術館へ来たとき以来だった。あそこへはまた行きたいと思う。

IMG_7172花菖蒲
花菖蒲その1

IMG_7175花菖蒲
花菖蒲その2

IMG_7175花菖蒲大

 観光地ではなく、多くの人が訪れるわけでもない。時折観光タクシーに連れられて2・3人の人がちらほら・・・ 

IMG_7200沢ガニ
沢ガニ

 この堀の流れはどこから来るのかわからなかったが、玄関前の橋の下に沢ガニを見つけた。そう考えると清らかな流れがあるのだろう。

IMG_7179ぴよ

 今日の記念写真はこれ。もっともらしい顔つきだ。

 さて、今日はちょっと建仁寺まで出かけてきたが、そのレポートはまた明日以降に。雨に降られるかと思い傘を持っていったのに、一時的はむしろ陽射しが出るくらい・・・ ま、お守りになったのだろう。私ならそんなものだ。本当に邪魔だった。忘れずにちゃんと持って帰ることができた。
【2010/06/19 22:42】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«半夏生 in 建仁寺塔頭 両足院その1 | ホーム | 花菖蒲と睡蓮 in 平安神宮 最終日»
コメント
GAUCHE3383さん、こんばんは。

あの当たりはどこか空気さえ違って見えますね。
そうですか、やはり疎水でしたか。東山学園の辺りも勢いよく流れていますね。
たぶんよく知られている場所ではありますが、通な人しか行かないような気もします。
穴場です。
【2010/06/20 22:12】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ひげさん、こんばんは。

道ばたに花菖蒲だなんて、素敵じゃないですか。
やっぱり自然が一番かも。
花菖蒲は園芸種ですが、日本の風土にぴったりです。
【2010/06/20 22:08】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
yokoblueplanetさん、こんばんは。

ものすごい湿気にぐったりです。とうとうエアコンを入れてしまいました。
洗濯物も乾きません(T_T)
ぴよたちにもカビが生えそうです。

【2010/06/20 22:05】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
この辺りは南禅寺のすぐそばにありながら、本当に静かですよね。桜もきれいで、いかにも岡崎の別荘地という感じで私も大好きな通りです。
ここを流れている水は全て琵琶湖疏水の水だそうです。それぞれのお屋敷を巡っていて、我々はTV番組でしかみれない世界ですが、塀の中は別世界のようです。
【2010/06/20 19:30】 URL | GAUCHE3383 #99NYv6Ag[ 編集]
あーちゃん おばんです。

菖蒲は。少し開きかけたかな・・・道端の草薮の中の菖蒲が好きなんですが・・・情緒が無い・・・そうかもなぁ・・・。笑)
【2010/06/20 19:07】 URL | ひげ #-[ 編集]
こんばんは。梅雨時の日本、湿度が高いのは鬱陶しいですが、日本的風景には欠かせない要素ですね。お花もとってもきれいに見えます。ぴよちゃんたちもしっくり収まってますね。
【2010/06/20 14:13】 URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
きつつきさん、おはようございます。

この子らはとてもおしゃべりです。喋りすぎるくらいに(笑)
【2010/06/20 08:12】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは〜^^

いつも思うのですが・・・
本当に2ぴよちゃんの表情が違っていて、
語り掛けられたり、喜んでいたりの
会話が聞こえてくるんですよね〜^^
【2010/06/19 23:32】 URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |