FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

青もみじ in 修復の終えた銀閣寺
IMG_4499青もみじ1
青もみじその1

 昨日の続きを。昨日、出し切れなかった画像を少々。
 少し体調を崩しているので、今日は簡単に。あ、ご心配は不要なので。

   え・・・ 心配してない・・・ そうか・・・

IMG_4516青もみじ2
青もみじその2

 紅葉の名所は青もみじも素晴らしいと言うこと。雨の日ではなかったのが残念だが、透き通るような緑に陽射しが当たるのもとても綺麗なものだ。

IMG_4510苔1
苔その1

 こんなのとか・・・

IMG_4519苔2
苔その2

 切り倒された切り株を覆うように瑞々しい苔が覆っている。そこに昨年の秋に落ちた楓の種・・・ いずれ抜かれてしまうか、苗木として植え替えられるか、それは運命だが、緑の小さな生命を見た。

IMG_1766苔26日
苔その3

 そしてこれが先月4月26日のものだ。ちょっとわかりづらいが、ようやく双葉を出したばかりの楓。

IMG_4503剪定作業
選定作業

 ぐんぐん伸びるのはなにももみじだけではない。松もこの時期余分な芽を掻き取る作業がある。建物で言えば3階建てくらいの高さがある松に梯子をかけ、1本1本、丁寧に摘み取っていく。

 いつも綺麗な庭園を拝見させて頂けるのは、こうした造園業の方々の世話のおかげだ。ありがたい。

IMG_4527青もみじ3
青もみじその3

 普段、この扉が開いていることは滅多にない。入ったときに出くわしたカメラマンたちの取材のためだろう。

IMG_4529青もみじ4
青もみじその4

 目に青葉・・・ではないが、この新緑の季節はずっと外を眺めていたくなる。

IMG_1723ツツジ26日
ツツジ

 今日のラストはこれ。先月のツツジ。さあて、サツキを撮りたいが、ちょっと工面が付かないし。
 う~ん、3ヶ所ほど行きたいのだが・・・
【2010/05/22 21:56】 神社仏閣 | トラックバック(0) | コメント(5) | Page top↑
«蓮日記 12日目から14日目 | ホーム | 修復を終えた銀閣寺»
コメント
きつつきさん、こんにちは。

心配して下さり、ありがとうございます。
ちょっと扁桃腺を痛めて喉が痛くて・・・(T_T)
ようやく回復しました。

青もみじは今日のような雨に打たれているのが瑞々しくていいものですが、晴れた日の透き通る緑、あれも捨てがたい。

要するにどんなときでもうっとりです。
【2010/05/23 16:20】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
追伸・・・^^;

>紅葉の名所は青もみじも素晴らしいと言うこと
>透き通るような緑に陽射しが当たるのもとても綺麗なものだ
>こんなのとか・・・
ゾッコンです!!!

>目に青葉・・・ではないが、この新緑の季節はずっと外を眺めていたくなる
本当に!! そのとおりだと思います^^
【2010/05/23 15:44】 URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集]
「い〜え! 心配しています!!」

いっぱい新緑やメダカを見て、安らぎをもらいましょう^^
縮んでいた胃がフワ〜っと優しくなりますから^^v

我が家の緑たちも雨にうたれて、のびのび&生き生き♪
雨の日曜・・・いいもんですネ^^
ジャズを聴きながら 主人は器作り、私は梅ジュースを仕込みました♪
【2010/05/23 15:39】 URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集]
アラックさん、おはようございます。

秋の陽射しが当たったもみじは宝石のようですね。
ため息が出るくらいに素晴らしいです。

観光客の多さも半端やないけどね・・・(^^;
【2010/05/23 08:16】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
アラックです。
新緑も良いですね!!
バグース。
されど、紅葉はは凄いのでしょうね!
【2010/05/23 05:30】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |