FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

シャクナゲ in 青もみじの法然院
IMG_2922山門とシャクナゲ
山門とシャクナゲ

 鹿ヶ谷の法然院。ちょっと涼んで行こうか。これは5月4日のもの。

IMG_2959白沙壇1
白沙壇その1

IMG_2969白沙壇2
白沙壇その2

 時刻はもうお昼。かなり眩しい。その分青もみじは輝き、透き通り、いかにも初夏の彩り。白沙壇は葵祭を受けてのことだろうか、葵の模様に描かれている。何日も崩れずに保たれているようで、もみじが小さな本葉を広げている。


IMG_2943シャクナゲ
シャクナゲ

IMG_2910rトカゲ
トカゲ

 初夏の陽射しに誘われて、トカゲの子どもが二匹、ちょろちょろと出て来た。周りの人たちは上ばかり見ているが、私はトカゲを追いかけて必死。人は大人になりきっていないことを「お尻が青い」というが、トカゲは「しっぽが青い」というのだ。(ほんまかなぁ)

 多分・・・

IMG_2928藤
藤その1 

IMG_2963藤1
藤その2

 池の上には山藤が満開。よく見ればクマンバチが大忙しのお仕事中。ぶんぶんと羽音さえ聞こえてくる。鹿威しの音の合間に低く響いている。

IMG_2941橋


 この橋の向こうには講堂がある。多くのイベントや個展が開かれる。この日は「びょうぶ展」と看板が出ていた。入ってみようかと思ったのだが、山門を白砂壇の方へ降りてきたときから、どこからかお香のような香りが鼻をついて香ってきており、それが吐き気を催す香りだったので気分が悪かった。どうもこの講堂から漂ってくるようで、入ることを断念した。時々関係者の人のような姿が出入りしていて、もし入るように誘われたなら、気分の悪い匂いがするからと断ろうと考えていた。
 しかしシャクナゲと藤はこの講堂近くに咲いているのだ。こんなひどい話はない。この辺りから離れたいのに離れられない・・・ 

 本当に気分の悪い匂いだった。(香りから匂いにランクが下がってる)もう少し万人向きのお香が焚けないものか。こんな気分の悪い匂いはなかった。松栄堂さんとか、二井三さんとか言わないから。(どちらも有名店だな)

IMG_2977山門の青もみじ
山門の青もみじ

 秋にしろ、初夏にしろ、この山門のもみじはとても綺麗だ。古い山門にとてもしっくり来る。しかしよく見ればこの山門の茅はかなり傷んでいるのが見える。この冬、洛西大原野の勝持寺が茅葺き屋根の保存を断念して庫裡を解体したところだ。あそこまで大きな建造物ではないが、この山門もそう長くは持たないのではないだろうか。
 傷んだ屋根、解体中の庫裡、そして更地になった勝持寺の敷地を実際に見ているので、とても胸が痛む。

 どうか解体せずに修復されることを切に願うばかりだ。

IMG_2976ぴよ

 今日の記念写真はこれ。嫌な匂いを我慢しての撮影は辛い・・・
【2010/05/19 16:15】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«お帰りマンゴー | ホーム | 蓮日記 8日目9日目 そして・・・»
コメント
yokoblueplanetさん、こんばんは。

ご訪問ありがとうございます。
今年は随分とずれましたね。
記事の更新も遅れてしまったので、連休中のことですが、自然のままの藤も趣があります。
【2010/05/20 21:49】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは。長野も藤がたくさん咲いていましたが、京都も満開ですね。
【2010/05/20 21:36】 URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |