FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

葵祭 in 新緑の都大路 その2
IMG_4156rわんこ
ご主人様を見つけたわんこ

 昨日の続きを。

 いつものように私は建礼門の前で待機。この後広小路に移動するためだ。毎年ここで張るが、たまには違うところ、できれば加茂街道で張りたいと思っている。ただ、あそこは狭いし交通規制が始まる前にあそこまで移動しておかないとと考えると、重い腰があがらないのだ。で、自宅からも近い出発地点に行く。

 8時半過ぎには待機する。既に3列ほど座って場所を確保している人々。大丈夫、いつもディレクターチェアを持参する。今年は簡易の折りたたみ丸椅子を手に入れた。それを足台にするためだ。本当は2段くらいの脚立が欲しかったのだが、3段しかなく、それではあまりにも大きすぎて持ち歩けない。自転車移動のおちびの私には少々辛いものがある。

 建礼門の前でわんこを発見。ご主人様を待っていたようで、小走りに走ってきた女性に切ない視線を投げかけていた。

IMG_4190rカラスの巣
カラスの巣

IMG_4260r鳶
トンビ

 建礼門正面の上空で、カラスとトンビがいきなりのドッグファイト。なんだろうと目を懲らすと松の木に巣が見える。どうも卵があるのか、それを狙っての攻防戦のようだ。カラスもトンビも厄介者。どうでもいいが自分の卵を守ろうと闘うカラスのつがいの姿は、人間も見習うべきだろう。

IMG_4215行列

 席を確保した2列前にいたおばあさん。しゃがんでいたが、待っている間に膝が痛くなったのだろう、立ち上がる。姿勢が悪く、膝の形が悪いのでそれと直ぐ知れる。ちょうど真ん前だが、始まればまた座ってくれるだろうと呑気に構えていた。しかしその足元にはシートも携帯の椅子もない。よくまあ手ぶらで来たものだ。待ち時間も長ければ行列がみんな通り過ぎるまでには1時間近くかかるのに。
 その危惧は始まってから直ぐに当たった。私の背後に控えている男性陣がブーイングを始めた。

   おおい、黒い帽子のおばさん、座ってくれよ

 何回も声がかかる。おばあさん、後ろも振り返らずに、

   膝が悪くて曲がらないんです。前に行って下さい・・・

  (そ、それはないやろ、おばちゃん・・・(T_T) そうなら前に行ったらあかんやろ)

 誰かと来ているのかと思ったが、どうやら一人で来たようだ。初めてで要領がわからなかったのか。ブーイングは激しくなる。それを見た直ぐ横にシートを大きく広げて場所を確保していた若い夫婦と幼子二人を連れた家族、そのおかあさんが手を引き、座るよう場所を作った。おばあさんはそこへ足を伸ばして座ることができて、やっと事なきを得た。

IMG_4228矢

 始まるまで隣で日傘を差していた年配の女性。人混みの中でとても危険な存在だった。傘の先が子どもの頭に当たりそうになったりしていた。放送がかかってやっとたたんだが、このシチュエーションをどう考えているのか。自分のことしか考えていないのだろう。多くの人が帽子を被り、タオルをかけて陽射しを防いでいるというのに。

 あるいは、小学生の低学年の女の子、席を出入りするときには必ず

   ごめんなさい、通して下さい

 と周りの見知らぬ大人に声をかけている。私の前を通らざるを得なくなったとき、置いていたカメラバッグをずらして通してやったが、「ありがとう」と彼女は言い、おかあさんからも挨拶があった。中にはこんな家族もあるのだと感心。

IMG_4331バス 
バスの窓に映り込んだ藤

 齋王代が過ぎると大急ぎで場所を移動する。思った通り休日のため人が多く、河原町通りは人がいっぱいだった。そして目の前を平安騎馬隊が通る。普段より早く進んでいるように思われた。例年、ほんの少し時間の余裕があるのに。
 まずまずの所に椅子を置き、人の頭の上にでた。

IMG_4334バス
バス

 バスは南行きの2車線を1車線ずつ使って運行。バスが止まったところは行列のど真ん中。おろされた人は驚いた表情だ。行列の運行整理をしている関係者の男性は、バスから降りる足元のおぼつかない高齢者を介助していた。
 信号待ちで行列が留まったとき、車道に出て記念写真を撮ろうとしていた若い男性がいた。行列の参加者の男性がその同年代の彼の横に立って一緒に写真に納まる。撮ってもらった男性はとても嬉しそうに会釈している。いい記念になっただろう。

IMG_4372r童女
童女

 今日のラストはこれ。可愛らしい童女。この子以外の子も、みんな沿道をちらりと見ていく。きっと家族がカメラを持って待っているのだろう。こうしたお祭りに参加する方法は知らないが、折角だからちょっと参加してみたいものだ。大学生の男の子ならお祭りのアルバイト募集があるのだが・・・

 今日はお祭りの裏舞台をちょこっと。
【2010/05/16 23:33】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«天体ショー in 西の天空 その2 | ホーム | 天体ショー in 西の天空»
コメント
kyさん、こんばんは。

そ、目一杯の流しです。
これ1枚しか撮れませんでした。

必死になって撮らなきゃならないものでもなかったのですが、若干低く飛んできたので撮っちゃいました(*^_^*)
【2010/05/20 20:27】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
トンビはいい感じで撮れてますね。
200mm目いっぱいですか?
【2010/05/19 23:04】 URL | ky #QfqnYgC6[ 編集]
ひげさん、おはようございます。

そ、いろいろです。
こういう所で人間模様を見るのも面白いですよ(^^)
【2010/05/18 07:58】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おはようさん・・・。

人様々ですな・・・。笑)
【2010/05/18 06:11】 URL | ひげ #-[ 編集]
kさん、こんばんは。

トラブルは承知の上で出かけますが、人となりがでるのがこのような場所ですね。
今回は大丈夫そうと思ったのに・・・orz

普段、選んで選んで撮っているのでお祭りは苦手ですが、
綺麗な人と衣裳が撮れることが嬉しいんです(^^; しっかりおやじです。

月は半月前から楽しみにしていた天体ショーです。
最近天気が悪くて月も撮っていないのが寂しいです。
【2010/05/17 20:45】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、おはようございます。

まぁこういったビッグイベントはトラブルがつきものだと・・・。
ひともそれぞれ、そう思いながら挑むことにしています。
でも最近それがめんどくさいやら何やらで人混みを避ける様になったのですが・・・。
葵祭、皆さんの撮られた素晴らしい画で堪能しています(^^)

↓月が笑ってましたね。
こんなの見ると心までホンワカ(^^)
【2010/05/17 07:19】 URL | K #yl2HcnkM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |