FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

青もみじ in 雨の東福寺
IMG_3612通天橋1
通天橋その1

IMG_3612通天橋1a

 東福寺方面に用事が出来て出かけたついでに東福寺まで足を伸ばす。こちらまで来たのならやはり行ってこなければ。この季節の青もみじは素晴らしい。紅葉の季節より、初夏のこの季節の方が断然私は好きだ。

IMG_3614青もみじ
青もみじ

 もっと好きなのはここの雪景色だが、温暖化の進む昨今、もう無理だろう。7・8年前だったか、年の暮れに雪景色になったことがある。その時の写真は今でも私の宝物だ。

IMG_3618通天橋2
通天橋その2

IMG_3618通天橋2b


 1日を通して雨が強く降っていたが、臥雲橋からなら屋根がある。安心して眺望を楽しめるのが嬉しい。桜のシーズンも終わり、折しもこの土砂降り。ほとんど人通りもない。地元の人だろうか、忘れた頃にぽつりぽつりと通るだけだ。とても静か。柔らかい楓の葉では、雨が当たっても衝撃を吸収してしまい目を懲らしてよく見ないと、雨が降っているのか否かさえもわからないほどだ。

IMG_3623通天橋3
通天橋その3

IMG_3647通天橋4
通天橋その4

 若い女性がケータイを取り出して写メを撮る。その背後を年配の男性が通っていく気配がした。その次の瞬間だった。天井から警報と女性の声で注意を与えるアナウンス。

   え゛? なに・・・?(T_T)

 きょろきょろと見渡すと、私の後ろでライターと煙草を持ったおじさんが呆気にとられている。橋を覆う天井には火災警報機の白く丸い装置が見える。あれだ、アナウンスの声は。私とおじさんは顔を見合わせて苦笑い。

   ああ、びっくりした。何かと思ったわ(^_^;)

   ここはあかんみたいやな(^^;

   場所が悪かったですね、警報機の真下やから。ま、悪いことは出来ないいうことでしょうね
   木造やし、火事になったらたいへんやわ

   ほんまやなあ、焼け落ちたらえらいことや

 通天橋ほどのことではないだろうが、それでもここは禁煙。文化財だ。激しい雨だったので、おじさんは屋根の下で1本点けようと思ったのだろう。苦笑いしながら橋を出て、改めて火を点けた。

IMG_3631御衣黄桜
御衣黄桜

IMG_3628苔と桜
苔の上に落ちた桜

 ここにはお寺の経営する保育園があるのだが、そのお庭に1本の大きな御衣黄桜があった、はずだった・・・ ところが園の門の上を見てもないのだ。あったのは塀からほんの少し頭を出している小さな枝。どうも切られたようだった。理由はわからないが、初めてこの桜の種類を知ったのがここの桜だったので、少々落胆してしまった。
 盛りは過ぎて、花心が赤くなり始めている。これはこれで色の変化が綺麗な桜だ。

 とあるサイトに書き込みした内容ではあるが、黄桜もしくは鬱金と混同しそうな桜がある。黄色い桜の総称として御衣黄桜も黄桜に入れてしまうようだが、咲いてから時間が経つと花心が赤くなると言う同じ特徴がある。そのことから伏見の「黄桜」というお酒は、ネーミングされたのではないかと考えている。桜もお酒を呑んだ後に赤くなると言う・・・ ちょっと考えすぎだろうか。いい考えだと思うのだが。

IMG_3634青もみじ日下門前
日下門前の青もみじ

IMG_3653同聚院の飾り瓦と青もみじ
飾り瓦と青もみじ

IMG_3638臥雲橋
臥雲橋

IMG_3638臥雲橋c

 雨は相変わらず降り続いている。ただ、案外明るいのが幸い。しかし雲は激しい動きをしており、低気圧の激しさが見て取れる。

 これから今日のもう一つの用事に向かう。京都国立博物館で開催されている長谷川東伯展へ行くのだ。その前に少し寄り道もするのだが、それはまたの機会にでも。

 この続きはまた今度。
【2010/04/27 20:52】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«山里にシャクナゲが咲く in 大原三千院 その2 | ホーム | 山里にシャクナゲが咲く in 大原三千院 その1»
コメント
きつつきさん、おはようございます。

腐っても鯛、散っても桜です(*^_^*)
雨降りだったのがよかったですね。
【2010/04/29 08:04】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
苔の上に落ちた桜・・・散っていても可愛いですネ^^
いつか、本物の「御衣黄桜」を見てみたいです。

主人は「黄桜」のCMの河童が色っぽくて好きなので
そっちの方に会ってみたがるかも・・・(笑)
【2010/04/28 23:12】 URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集]
鷹寅さん、こんばんは。

東福寺はいいお寺ですね。特に観光客の少ないときに行くと、本当に心が落ち着きます。
長い期間この近くに住んでいたせいでしょうか。

5月を目前にしてどこも天候不順ですね。こちらも風雨が激しかったです。待ち時間の寒かったこと。
【2010/04/28 20:26】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
小紋さん、こんばんは。

雨の東福寺はとても好きです。
南禅寺もいいですね。どちらも臨済宗のお寺ですね。

東伯は法華経に加護されて絵師として伸びていきました。素晴らしい屏風でした。
【2010/04/28 20:23】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
東福寺は臨済宗の大本山で私の曹洞宗より格式のある禅寺なので、一度見学したことがあり、大変懐かしく拝見しました。
今日は、霙が降り冬並の寒さでした。
京都も北海道の気候に似ているといわれますよねー。☆
【2010/04/28 15:19】 URL | 荒野鷹虎 #-[ 編集]
むせるような青葉の季節 緑の天下です。
 南禅寺 5月にいきました。
 等伯展 あの松 見たいです。
【2010/04/28 09:37】 URL | 小紋 #-[ 編集]
ひげさん、おはようございます。

新緑をもっと綺麗に見せてくれるのが雨ですね。決して雨は嫌いじゃないです。
でもさすがに1時間半、傘差して入場待ちは寒かったです。
【2010/04/28 05:35】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おはようございます。

雨と緑は合いますね・・・淡い紅葉ならば、尚更か・・・春雨群れて行こうか・・・・いやいやまだまだ寒すぎます・・・。笑)
写真治しました・・・ありがとう・・・。
【2010/04/28 05:26】 URL | ひげ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |