FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

ヒレンジャク at 中書島
IMG_9299酒蔵1
酒蔵と菜の花

 昨日の続きを。

 中書島には本来ここを撮りにきたのだが、私が目にしてしまった渡り鳥ヒレンジャク。しかしこの時付けていたレンズでは少し遠い・・・

IMG_9253rヒレンジャク2

 おまけに天気が思わしくなく空は暗くなってきていた。時刻も時刻で、土手の上にそびえる大木の影で、それでなくても薄暗い。

IMG_9260rヒレンジャク3

 薄暗くなりつつある疎水で、じっと鳥が降りてくるのを待つのだ。おじさんたちのようにバズーカでもロケットランチャーでもない水鉄砲・・・ そして手持ち・・・

 まずまずのこのようなのが撮れたとき、にっこり。

   どうや、撮れるか

   はい、こんな感じですか

   おお、ええやないか。手持ちにしてはよう撮れとるわ。
   設定はどないしてるんや

   薄暗いし、絞り優先で思いっきり解放にして(それでもこの時F3.5くらい・・・)感度は1600

   おお、ええ選択や(^-^)

IMG_9275rヒレンジャク5

 しかしどうにも納得いかない私。渡りの途中と言うことで、あと数日もいないとあっては後がない。そう言うわけで、翌日天候は雨と予測されていたのに晴れてきたのを見て、再び出かけた。
 今度は300mmを付けて。

IMG_9800rヒレンジャクg

   おはようございます(*^_^*)

 例の場所におじさんたちは集まっていた。

   よう、また来たか

   はぁい

 この日は少し明るくて、楽そうだ。isoも800まで落とす。もちろんメモリーもたっぷり準備してきたので思いっきり連写で行くつもりだ。

IMG_9590宿り木
宿り木

 ところで、ヒレンジャクがたくさん羽を休めていた木々。宿り木がびっくりするほど寄生している。こんなに寄生されたら堪らないなあと思っていた。するとおじさんが教えてくれる。ヒレンジャクはこの宿り木の実を食べるのだと。一度試しに食べて見たが、マスカットのようで、味もしゃしゃりもなかったそうだ。

IMG_9594ヒレンジャクa

IMG_9597rヒレンジャクb

IMG_9669rヒレンジャクc

IMG_9733rヒレンジャクd

 ハトの半分もなく、ヒヨドリよりまだ小さなヒレンジャク。そして動きが速く、飛び立つとあっという間にファインダーから姿が消える。ユリカモメやサギなどのようにゆっくり優雅に飛ぶ鳥なら流し撮りもまだやりやすい。
 
 でも撮りたい。

IMG_9785rヒレンジャクe

IMG_9786rヒレンジャクf

 連写と飛んでいくコースを読んで、これがやっとだった。

 野鳥と格闘すること半日。疲れたがとても楽しい時間だ。60から70代くらいのおじさんたち、みんな優しい。何百枚と撮って、これを何時間かかって現像するのかと考えるとぞっとする。まあ、いいではないか。

   いや、ええことないわ・・・ そんなに時間ないし(T_T)
   いや、それよりバズーカ欲しい。いや、エクステンダーでもええわ・・・

 と、考え込む。

   そろそろ帰りますわ、楽しかったです。ありがとうございました(*^_^*)

   おお、また来いよ

 おじさんたちにお世話になったお礼を言って、笑顔で返答を受けて帰ってきた。
【2010/04/21 10:20】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
«京都桜紀行 仁和寺 御室の桜で終わり | ホーム | 京都桜紀行 平安神宮 その2»
コメント
きつつきさん、こんにちは。

ぶれているのです、実は(^_^;)

ヒレンジャクの餌を教えてもらって、習性を見て、宿り木と水の関係がわかりました。宇治にも立ち寄るそうです。
宇治の地形が不案内な方にはわかりにくいのですが、宇治川沿いの桜にも宿り木がびっくりするほど寄生しているのです。きっと実を食べ、直ぐしたの宇治川で水浴びをするのでしょう。
【2010/04/23 17:54】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
そうですか・・・? 最後の二枚は特に『凄いな〜!!』と思って見ていました。

ヒレンジャクのアップを見たくてインターネットで調べてみると、

鳥の糞からヤドリギが寄生できることもわかり、ちょっと得した気分です^^
【2010/04/23 17:26】 URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集]
われもこうさん、おはようございます。
お返事が遅くなりました。

数日しか見られない渡り鳥、魅力的でしたね。そう、この尾っぽの赤いのが素敵!
【2010/04/23 07:55】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おばちまさん、おはようございます。
お返事が遅くなりました。

鳥は、やっぱりわくわく(*^_^*)
生き物はどんな行動をするのかと、楽しみがありまず。
図鑑でしか見たことのない鳥を見たときの喜びはひとしおです。
【2010/04/23 07:54】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
きつつきさん、おはようございます。
お返事が遅くなりました。

あんまりシャープでもないです(^_^;)
拡大はできません・・・
でもやっぱり飛んでいるところが撮りたくてねぇ。
【2010/04/23 07:52】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ひげさん、おはようございます。
お返事が遅くなりました。

この時肌寒い日でしたが、本当に楽しかったですね。
生き物を撮るのはわくわくします。
【2010/04/23 07:50】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ヒレンジャク,初めてです。この緋色,惹かれますね〜〜
【2010/04/22 16:56】 URL | われもこう #-[ 編集]
おはようございます!
気品を感じさせるヒレンジャクが沢山。
数日しか留まらないそうですが、良く撮れましたね〜。

いつ来ても、ホントに素敵な画像の数々。
愉しませていただきました。
【2010/04/22 10:08】 URL | おばちま #UwJ9cKX2[ 編集]
阿修羅王さん こんばんは

やりましたね^^v
「プロ根性ここにあり!」です。

ぶれない! シャープ! 阿修羅王さんそのものですネ^^
お会いしたこと無いのに様子が浮かびます(笑)
【2010/04/21 23:59】 URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集]
えっ・・・ヤドリギって食べれるんだ。

知らなかった・・・。

楽しい一日でしたね。
【2010/04/21 20:17】 URL | ひげ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |