FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 東寺の不二桜
IMG_7426東寺2
東寺 五重塔

 全く順序不同もいいところ。これは4月4日のもの。

 ここ、東寺では開かずの門が先日405年ぶりに開かれたことで記憶に新しいところ。バス亭の前がこの開かずの門で、足場が築かれていたため修理が始まるのはわかったが、さりとてこれがいつからと言うことまでは知らなかった。知っていれば開く瞬間を見に行ったのだが。自分の生きている時間に、こうして歴史的なことが起こるというのは、はても不思議なことだ。

IMG_7397東寺1
不二桜その1

IMG_7399不二桜1
不二桜その2

 さあ、目的の不二桜の咲き具合は如何なものか。交番横の東門から入ると、すぐに目に入った。朝からよく晴れた空にそびえる巨大な枝垂れ桜・・・ 今年も見事な咲き具合。

IMG_7423不二桜4
不二桜その3

IMG_7409不二桜2
不二桜その4

IMG_7416不二桜3
不二桜その5

IMG_7474ひょうたん池
ひょうたん池

 この池の畔には、まだ若い木だが、見事な八重紅枝垂れがある。その花も楽しみのひとつ。ところが目立つはずの濃いピンク色が見えない。傍によってよく見れば、今年は蕾の付きが悪い。このような年もあるのか・・・

IMG_7497r東寺3
五重塔と不二桜その1

IMG_7504東寺4
五重塔と不二桜その2

 この辺から見えるアングルは、駐車場の柵越しに見えるところ。拝観料を払わずにケータイやコンデジを柵から突き出してシャッターを押す人の多いこと。入らずに撮る人はさすがに三脚と一眼レフを構えて、駐車場の中から少し離れて撮る人が多い。ま、これはよしとしよう。
 私はこう見えても意地悪なところがあるので、自分が撮りたいと思うときに柵から手が伸びていても知らん顔を決める。当然の権利だろう。だからもちろん、敷地内では譲り合う。自分が邪魔になっているかもと思ったときは、許せる範囲で先に身を引くように心がけている。拝観料を払わない人に譲る気はない。

 ああ、そろそろ急がないとこれから約束がある。もう一ヶ所、私の好きな場所へ向かう。

IMG_7511大日堂
大日堂その1

 ここに1本の見事な染井吉野がある。開けたところに1本立っているので、多くの人がここで涼んだりするために集まってくる場所だ。

IMG_7506大日堂
大日堂その2

 お香の薫りが漂って辺りを神聖な雰囲気にする中、大日堂・御影堂では、ひっきりなしに多くの信心深い人が熱心にお参りをしていた。
【2010/04/18 23:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«京都桜紀行 岡崎公園 | ホーム | 京都桜紀行 平野神社で音楽を聴く»
コメント
きつつきさん、おはようございます。

東寺は大好きなお寺です。気合も入りますね。
ここでは多くの写真は出していませんが、この他に本当に時間の許す限り、たくさん撮ってきました。
【2010/04/20 09:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
kyさん、おはようございます。

ノーファインダー、いわゆるスナップショットですね。
相手も構えることなく撮るので、いい表情が撮れたりする。
今はデジタルでもっと気軽に出来ますね。

頭上のコンデジは気になりますねぇ・・・
【2010/04/20 08:57】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
お見事!!
本当に見事な枝垂桜ですね〜^^

五重塔と不二桜も好きです!!
ワクワクしながら写しておられるのでしょうネ^^
【2010/04/20 00:32】 URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集]
「ノーファインダー」という撮り方は昔からあった。
コンデジでは液晶でモニタしながらの撮影が当たり前になった。
頭上に掲げられたコンデジは中々降ろしてはもらえない。
【2010/04/19 22:04】 URL | ky #QfqnYgC6[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |