FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 大覚寺大沢の池
IMG_7061菜の花
菜の花

 昨日の続きを。

 枝垂れ桜もソメイヨシノも終わり、今は八重紅枝垂れも盛りを過ぎてしまっただろうか。あちこちで普賢象が咲き出してしまっているというのに、私はまだ4月初めの桜が紹介しきれていない。急がねば。

 広沢の池からぶらりと歩いて大覚寺へ。途中の菜の花の綺麗だったこと。50代くらいのご夫婦がしきりにシャッターを切っている。

IMG_7077ドラゴン
龍頭鷁首(りょうとうげきしゅと読む)

IMG_7090大沢の池
大沢の池

IMG_7109タンポポ2
タンポポ

 大覚寺大沢の池でなにが好きって、このタンポポ。セイヨウタンポポではなく日本タンポポ。いつも寝そべらんばかりの低い姿勢で撮るのだが、この日は先客の若い男性・・・ 同じように寝そべるばかりの低い姿勢。ちょっと恥ずかしかったが、一緒に低い姿勢でふたり、とても怪しい姿だったと思われる。

IMG_7139舟
桜と舟

 いつでもここに接岸されたまま何年も見るのだが、四季折々、この風景に引きつけられるのだ。

IMG_7154水門
水門

 なんの変哲もない水門。煉瓦造り二なっているのでも変わった風景があるのでもなく、それでもこの水門が風景に入ると、何故が郷愁を誘ってしまう。

 さて、駆け足の大沢の池はこの辺で。この続きはまた今度。
【2010/04/15 21:45】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«京都桜紀行 清涼寺 | ホーム | お弁当箱»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |