FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 鴨川三角公園
IMG_8160鴨川三角公園

 時刻も遅くなってしまったので、今日は簡単に取り急ぎ。

 鴨川は最近上流からの堆積物で中州が大きくなって、流れが悪くなったのと景観に配慮してか、昨年の秋から春にかけてかなりの土砂を採取した。おかげで川の広々と感じること。
 ここも左右ともに半分以上は草などが生い茂っていた。この季節は菜の花がわんさかと咲いていて、綺麗と言えば綺麗だったかもしれないが、梅雨の季節の増水や流れてきたゴミなどが引っかかり見苦しさだけでなく、やはり危険だと私も思っていた。ただ、野鳥が多く生息している河川でもあるため、そちらの考えから反対の声も少なからず聞かれた。

IMG_8173鴨川

 同じ場所から下流を見た景色。

IMG_0972鴨川の菜の花

 そしてこれが昨年、もう一つ上流の橋の上から撮っていたものだ。右手の高台が三角公園の端だ。この違いは一目瞭然。これだけ菜の花が茂っていれば、枯れた後の始末がどれだけ大変かよくわかって頂けよう。いや、始末と言ってもほとんど手付かずの状態だった。あまりの広さのためだ。これで水の流れもよくなり、いよいよもって澄んだ水の中で遊べるというもの。この日も小さな子どもがほとんど裸状態で川遊びに興じていた。

IMG_8161山桜
橋のたもとの山桜

IMG_8162高野川と法の文字
高野川上流に見える送り火のひとつ、法の文字

IMG_8169柳と桜
桜と柳

 今、京都市内鴨川河川敷は、どこを見ても桜色に染められている。通勤時には本当に目の毒になる・・・
【2010/04/08 23:38】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«京都桜紀行 哲学の道ではわんこも花見をする | ホーム | 徒然道草 今日は梅田まで»
コメント
鍵コメさん、こんばんは。

こちらこそ。しばらくお待ち下さいね。
【2010/04/09 23:05】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/04/09 00:34】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |