FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 上賀茂神社 その2
IMG_6315楼門1
楼門とヒカン桜その1

 昨日の続きを。

 天候はいまいちの曇天だが、さすがに鮮やかな朱塗りの楼門にはなんでも映える。

IMG_6320楼門2
楼門とヒカン桜その2

IMG_6323楼門3
楼門とヒカン桜その3

 昨年はもう少し遅い時期だったので、この桜を目にすることが出来なかった。もう少し、いや、かなり先だが、楼門前の八重桜が咲いたらまた格別の美しさ。齋王桜の方は諦めようか。他人の宴会など見たくもない。きっと自分が多人数での花見が嫌いなのだろう。

IMG_6310r椿
椿

 そう言えば、淀で撮った椿の記事もまだアップできていない。御所もまだだ。秋田に急に出かけることになったので、予定が随分と狂ってしまっている。急がないと季節が大幅に変わる。

 この椿も休憩所越しにいい感じだったので、ちょっと嬉しくて構えたまま調節していると・・・

   な、なにすんねん、おばちゃん・・・(T_T)

 ファインダー越しに入ってきたぼぅっとした表情の年配のおばちゃん。ご夫婦だったようで、おじさんの方は私に気を遣って背後から横切っていく。おばちゃんもそのまま横切ってくれたらよかったのに、画面のど真ん中で止まるのだ。

   信じられへん・・・

 先に構えていたのはこちらだ。しかしだからといって前を通るなとは言わない。言わない代わりに早く通り過ぎてくれたらいいだけのこと。このおばちゃん、周りのこと絶対に見えてないし。見てないし。
 職場の同僚にこの件を愚痴ると、あっけなく言われた。興味ない人にはカメラを構えている人のことがわからないのだと。そう言うものなのか。こんなことくらいで愚痴る私はまだ修行が足りない。

IMG_6335楽社
楽舎とヒカン桜

 昨年の5月、親戚のMちゃんがここでお式を挙げたのだが、桜咲く4月にお式を挙げることが出来たら、このようなロケーションでの記念撮影が素敵やろなと、独りごちる。

IMG_6327片岡社
片岡社

 そしてここでお参りを。次々と訪れる人がひっきりなしに鈴を鳴らしていた。小さな鈴がたくさん集まったその軽やかな音色は、多くの人の幸せな二人の人生の門出を祝っている音に聞こえた。

IMG_6325チェーンアート
チェーンアート

 今日のおまけはこれ。楼門前に展示してあったチェーンアート。今年の干支、虎を彫ったものだ。その名もイカヅチというのは、ここ、上賀茂神社の正式名賀茂別雷神社から取ったのかと思われる。ちょっと可愛い虎だった。
【2010/04/02 09:21】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«淀 続き | ホーム | 京都桜紀行 上賀茂神社 その1»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |