FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪紀行 番外編
IMG_6165大文字
雪の大文字

 季節が逆行してしまった3月年度末。外は眩しいほどのいい天気。

IMG_6168妙
雪の妙

IMG_6171比叡山
比叡山

IMG_6174金戒光明寺
雪の金戒光明寺

 京都を取り巻く連峰は真っ白だった。冬でもこれほどまで白くなったことはなかったのに。

 昨日はあれだけ雪が降ったので、まだ白く積もっているうちにどこかへ行きたいと願ったがそうはいかない。昨日は仕事だった。ただ、幸いしたのが、この日は始業時刻が少し遅い8時半だったと言うこと。普段は8時だから。少し早めにでればどこかで撮影ができる。

   それはいいけど、どこに行こうかな・・・

IMG_6176鴨川
鴨川

 そこで時間もないので着替えしながら考える。平安神宮か御所か、仕事前ならそれくらいしか行けるところがない。遅刻はしたくない。ならば移動が楽な御所にしよう。

IMG_6186建礼門2
建礼門その1

 本当は桜を前景に雪の大文字か比叡山が撮れたらいいかと思ったが、やはり朝なので逆光になってしまいいまいち。ところが御所の建物の屋根は白く残っている。と言うことはここらあたりもかなり降ったと言うことだ。この季節によく降ったものだと感心する。

IMG_6195b建礼門3
建礼門その2

 残された時間は短く、急いで何カットか撮っていると、自転車に乗った高齢のおじさんがカメラを持って近づく。

IMG_6208bベンチ
雪を被ったベンチその1

 このベンチと山桜をどう入れようかと考えていたところだ。すぐ脇に自転車を停めていたので、彼の邪魔にならないよう、急いで移動させる。

   あっと、急がなきゃ遅刻や(^_^;)

 時間に余裕を持って出勤したのだが、仕事中も大原か法然院あたり、行きたかったなあと邪念が付きまとうのを振り払うのに半日かかった。ところがそんな私に再び悔しさが襲ったのだ。
 午前中の業務を終え休憩室に行こうとしたとき、同じ職場の写真仲間であるT姉さんがやってきた。

   いいところに出会ったわ。おもしろいもん、見せたげよう思って(^-^)

   え、え、何ですかぁ(*^_^*)

 そう言ってデジイチの画面で見せてくれたのはお相撲さん。

   あ、あ、ああっ!高見盛やん

 フィルムを現像に出しに行ったとき、偶然見かけたので撮らせてと頼んだらすんなり撮らせてくれたとのこと。彼女のご主人がファンなんだとか。きっと喜ぶだろう。まあ、それはいいのだ、それは。高見盛もいいが、それ以外にリプレイで見えた画像に目が釘付け。
 大原に住まいする彼女、雪を思いっきり撮っているだろうなあと思ったのだが、桜どころか、真綿のような雪の中に頭を出しているのは土筆・・・

   く、悔しいっ(T_T)

 桜よりずっといい。この悔しさは言葉には現せないくらいだ。彼女には何も言わなかったが、私は本当に仕事を悔やんだ。幸いにも午後の仕事は忙しいので気が紛れ、何とか過ごすことができたのだ。その代わり、彼女が撮ったことのないものを私も撮っているはずと、自分を慰めるのが悲しかった。

IMG_6210建礼門4
建礼門その3

IMG_6209ベンチ2
雪を被ったベンチその2

 秘かに私は負けず嫌いなところがある。それを仕事や学ぶことに生かせばいいものを、こんなところで悔しがるのだから困ったものだ。わかっているなら直せとも思うのだが、これがなかなか難しいのだ。

 そんなこんなで、桜の季節にいいものを堪能してしまった。次はちゃんとした季節のものをご紹介しよう。
【2010/03/31 21:32】 京のニュース | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«京都桜紀行 お気に入りの場所 | ホーム | 桜三月雪景色»
コメント
小紋さん、おはようございます。

先日の雪は日本列島をびっくりさせましたね。
温泉に浸かって雪と桜を堪能する、羨ましい湯治ですね。
【2010/04/02 08:42】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
4月を前の雪の京都 びっくりですね。
 大文字が 本当によくわかります。
 大分九重も 雪と桜だったようで 湯につかりに行った友が 
 興奮して話してくれました。
【2010/04/02 08:29】 URL | 小紋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |