FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

写真展 in オプトギャラリー その2
20070714161754.jpg

 雨の中、友人の写真展に出掛けた。1年ぶりの再会だ。迎えくれたのは翠(みどり)の紅葉。色づいていない紅葉は大好きだ。

 いつもの時期に個展が開催できなかったのは、このギャラリーの予約が取れなかったので、それならと言うことでこの祇園祭の連休にしたとのこと。

 しかし、この雨が祟って寺町を行き交う人の姿も少ない。開場すぐで入ったせいかお客もまばらだったこともあって、cafeをいただきながらおしゃべりに興じてしまった。
 「花伝」というテーマのため主に市内へ出掛けたが、中にはThailandで撮影したものがあった。以前の職場の上司がTHAILANDにlong stayしており、逢いに行ったときのものとか。Nepalの写真もあった。京都から遠い所へはなかなか出掛けられない自分にとっては、異国の姿はわくわくする。3年前のAmericaでの、真っ青な空も印象的だった。

 <挨拶文より抜粋> 観阿弥の花伝書より

 自然の花についてはその珍しさを語っている。四季の変遷につれて咲き、丁度時期に調和しているのが珍しい。いつまでも散らずに咲き続ける花が無い。散るからこそ、また咲く時節があって珍しい、と。私の作品の課題は「花」である。四季折々の花の撮影にあたり、花の命に触れ、人間の命とも重ね合わせてその融合点を見ることを楽しんでいる。

 花を悟れ、珍しき自分自身の花を咲かせよ。
 真の花は散らない。

 障子の影から覗く花の姿は、いつ見てもいいものだ。和を感じさせる作品がとても気に入っている。その中に東南アジアの仏像が何気なく座している。日本庭園に不思議と違和感なく、それこそ融合しているのだ。
 命が花開きそして散っていく。しかしその種はしっかりと次の世代へと受け継がれて行く。真の花、それは受け継がれて行く人の命そのものだ。彼女はそんな命を優しく、そして力強く見守っていた。
  
IMG_2277peron.jpg
 せっかくここまで来たのならばと、友人のカフェに顔を出すことにした。お出かけする機会が少ないので随分ご無沙汰している。
 観光客と地元の買い物客でごった返している、狭い錦の通りを必死で西へ向かう。
 
 そうだ、帰りには縁屋に寄ってみよう。和小物を見るのは楽しい。

 友人Peronyanのお店は錦市場高倉東、和小物縁屋さんの2階にある。大正romanあふれる落ち着いたお店。お昼時はお客が多く厨房はてんやわんやの状態だったとか。よかった、お昼時を避けて。
 お店では絵手紙の教室を行っていたり、昔から芸術関係が得意だった彼女。経営者としてもなかなかのやり手だ。日本画の小品や、今朝搬入されたばかりの絵手紙の先生の額が飾ってあったのだが、ギャラリーとしても始めていた。

 いつかは自分もここで個展を開いてみたいものだ。しかし果たしてそんないい作品が撮れるかどうか・・・


浪漫和カフェ PERON 10時から19時 不定休
錦小路高倉東入る
  075-222-1232
【2007/07/14 17:31】 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«宵々山  in 祇園祭 | ホーム | 梅雨の合間の楽しみ in 敷地内»
コメント
梓の小鳥さん、こんにちは。はい、お陰様でこちらは大丈夫だったのですが、他府県では多くの被害を出してしまいました。被害に遭われた方々にはお気の毒なことでした。
私にはそんなに友人はいないのですが、以前の職場での仲間が心強い友人というより、やっぱり仲間、同志でしょうか。大切な友人たちです。
個展はなかなか開けるものではないですが、今はこうやってnet上で個展を開いている様なものですね。もっと多くの方に見ていただけたらこんなに嬉しいことはありません。netを通じて友人の輪も広がりました。ありがとうございます。
【2007/07/16 15:10】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんにちわ〜。
台風の影響はありませんでしたか〜。
大型だったそうでご無事を願っております。

個展を開かれるお友達、カフェを経営なさるお友達。 素敵な友人に恵まれてらっしゃいますね。
きっと阿修羅王さんにとってお友達は 「真のはな」 なんですね〜。

阿修羅王さんがお花のお写真の個展を開かれたとき是非お邪魔してみたいものです〜。
【2007/07/15 23:19】 URL | 梓の小鳥 #WARxrlg2[ 編集]
はなさん、お早うございます(^.^)/
なんか、いっぱい褒めていただいたようでとても嬉しいです。ありがとうございます。散文を打ち込んでいると、自然に文章が出てくることが多いです。あとから直すことも少しあるんですけど。その時の自分の気持ち、感じたことを言葉にして人に伝えるのはとても難しいことです。でもこうやっていると、心の整理、感情の組み立て方、そんなことを順序だって行えることがとても楽しいです。これからも頑張りますね(^_-)
そうそう、ぴよたちは、時々外に連れ出してやってます。彼たち専用のページをつくりたかったのですが、そんな時間がないのでたまにブログに出しているのです(笑)
【2007/07/15 10:41】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おはようございます!
「花を悟れ、珍しき自分自身の花を咲かせよ。真の花は散らない。」
真・・・意味深い言葉です。

殺伐とした中(我が家)で何気に毎日を通り過ぎている自分に、どうしたものか?問いかける毎日です。
拙い頭で・・・答えは無無無・・・。

阿修羅王さんのブログ、あちこち拝見させていただきました。
まだまだ全部は見れませんが、素敵な画像・言葉(文)満載ですね。

ぴよちゃん・ぴよたまちゃん・・・いつもご一緒なんですね。
【2007/07/15 10:10】 URL | はな #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |