FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

佐竹資料館


パンフレットとチケットの半券

 先日千秋公園に行ったときここはちょうどその日まで休館中で入れず、今日はやっと入ってこられた。とは言っても、閉館の15分前・・・ 他に行くところと用事があったためだ。

   急いで回らなきゃ(^o^;

 そんなことを呟いていると

 時間が来ても大丈夫ですよ、ごゆっくりどうぞ

 受け付けの女性職員の言葉に甘えて気をよくした私はゆっくりと見物を始めた。佐竹氏の見事な甲冑や、金色も鮮やかに残存している幟も保存状態がいい。
 資料館はそれほど広くはない。季節と時間帯を考えても人の姿はごく稀だ。私の前にひとり、おじさんが居ただけだ。
 
 そのちょっとした事件は第2展示室で起こった。弓を射る時に手にはめる皮の手袋、鹿革を使うのだが、なめし革のものと表面に生地を合わせたものがあったので興味深く見ていると、何やら小さなものがぼと・・・ と落ちた。

え、今の、なに・・・(@_@;)

 目を凝らしてよくみると、虫が動いているではないか。湿った石の下などにいる団子虫みたいなあれだ。

   うぅ、思い出すだけで気持ち悪い

 古い遺物なのでどこかで入り込んだのだろう。ごっきーちゃんではないので食い荒らされることはないと思うが、それでも保存する過程ではたいへんなことだ。
 私は受け付けまで戻って虫の存在を告げた。一緒にその虫を見てさすがに彼女も驚いたようで、再び展示室に戻った私の耳にそれを知らせる電話の声が聞こえる。それらの資料は後世に伝えていく使命があるのだから。

 閉館時刻、見送りを受ける私はおそがけに入館して手を患わせたことを詫びると、反対に、ガラスケース内に虫を見つけたことのお礼を言われて、少し恥ずかしかった。
【2010/03/22 22:24】 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«みぞれ | ホーム | お彼岸»
コメント
小紋さん、ただいま。

かなり強い雨でしたので、歩いて行きました。
さすがに今日はしんどかった・・・

向こうも心配ですが、まずは自分の体力を戻します。
【2010/03/25 20:20】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
無事 かえりついたようですね。
 ことさら気を使う 病のこと。
 仕事に行くようですが 自転車気をつけて
 雨なら 乗らないほうが ええね。
 おかえりなさい。
【2010/03/25 20:01】 URL | 小紋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |