FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都梅紀行 城南宮その3
IMG_2495r芹川神社鳥居1
芹川神社鳥居その1

 昨日の続きをちょっと簡単に。

 芹川神社の鳥居、ここは室町の庭から真正面に見える場所。ちょうど紅白の梅も見頃で、ちょっと嬉しくなった。ここには茶室もあって薄茶がいただけるのだが、あまりにもお客が多くてやめた。朱色の巫女さんにお茶の御接待をして欲しかったのだが・・・

IMG_2497_20100308211440.jpg
芹川神社鳥居その2

 同じような場所からではあるが、ちょっと視線を変えるだけでこんなロケーションもいいかと。屋根が銀色に光るのが気に入った理由。

IMG_2500r石塔楼
石塔楼

IMG_2504祠


 芹川神社の前には、今まさに満開の紅梅。通りかかる人は必ず立ち止まって、口々に歓声を上げていく。また、男女の連れは女性を梅の前に立たせて、ああだこうだとポーズを決めさせる。女性はうるさい注文に閉口していたが、それでも見事な梅の前でまんざらでもない。
 思わずこちらまでもにこにこしてしまう光景だった。

IMG_2524ヒヨドリ
ヒヨドリ

IMG_2541rメジロ1
メジロその1

IMG_2546rメジロ2
メジロその2

 お尻を向けて失礼・・・

 この神社の東側には梅園が広がっているのだが、先ほどからしきりにヒヨドリやメジロが飛んでくるのが見えていた。見れば淡いピンクの梅花が・・・ 
 と、思ったが、よく見ればこれは杏だった。
 杏と梅の見分け方がよくわからないと言う方は案外多いようだ。そこで簡単な見分け方を。杏はこのような淡いピンク色が多い。つぼみの時大きめの丸いつぼみ、咲いたときがくが反り返る。がくの色も少し濃い赤。花はやや固まって花が付く。実が付いたときならもっとよくわかるが、花の時期に見ることの方が多いので・・・ 梅は花の並びは交互に一輪ずつ。がくは反り返らない。

IMG_2472r水浴び1
ヒヨドリの水浴びその1

   誰も見てないわよね・・・(ぶんぶん・・・)
   あっちを見て、こっちを見て・・・ 脱ぐからね、脱いじゃうからね?

IMG_2477r水浴び2
ヒヨドリの水浴びその2

   えいやっと・・・(ばしゃばしゃ)

IMG_2478r水浴び3
ヒヨドリの水浴びその3

   ふぅ、冷たかった 早く上がって羽を渇かさなきゃ、デートに遅れちゃうわ

IMG_2471r水浴び4
ヒヨドリの水浴びその4

   誰にも見られてないわよね?
   こんないい加減にしか洗ってないなんて、知られたくないわ

 ところが見てしまったんだな、この様子を。

 この続きはまた今度。もう一日お付き合いを。 
【2010/03/09 22:56】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«京都椿紀行 城南宮最終日 | ホーム | 京都桜紀行 出町鴨川公園 しぼ桜»
コメント
ひげさん、こんにちは。

梅は紅梅の方が写真映えしますね。とても綺麗な紅梅でした。

メジロの方がやっぱり似合う梅。メジロのこの色のせいでしょうか。このいろ、大好きです。
ちっちゃな、こんな鳥を両手で抱える夢をみました。ふわふわ柔らかくて、気持ちよかったです。
【2010/03/10 13:54】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おはようございます。

紅梅・・・いいですね。

梅に鶯・・・よりもメジロが似合います。
カラスよりヒヨドリの法がカラスの行水?・・・。笑)
【2010/03/10 05:38】 URL | ひげ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |