FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

レモンピールと紅茶のクッキー おまけでオートミールクッキー
P2200149レモンピールと紅茶のクッキー
レモンピールと紅茶のクッキー

IMG_0091紅茶
レディグレイ

 先日オレンジバージョンで焼いたクッキー。これをレモンで焼いてみてもと提案した責任を執って、ちょっと試してみた。

1)レモンピールと紅茶のクッキー

材料;直径5cmくらい 25個くらいかな
紅茶葉(トワイニングのレディグレイのティバッグ)       2個
薄力粉                            220g
バター                            50g
ショートニング                        50g
砂糖                             80g
卵                              1個
レモンピール                         1パック(30gくらい)
ベーキングパウダー                      小さじ1/2

作り方;
①バターとショートニングをクリーム状にして砂糖を2回に分けて入れ、よくすり混ぜる。溶き卵を3回に分けて入れ、その都度よく混ぜる。
②レモンピールを刻み、小麦粉をまぶしておく。(混ぜたときにくっつかないようにしておくため)
③1に薄力粉・ベーキングパウダー・茶葉・レモンピールを入れてさっくり混ぜてひとまとまりにする。厚さ4mm程度に麺棒で伸して、冷蔵庫で1時間以上しっかり休ませる。
④型で抜いて、170℃のオーブンで18分くらい焼く。焼き目を見ながら。

 ショートニングを半分使ったので、とてもさっくりとした食感になっている。レモンピールは香りが強かったが、焼き菓子に入れるとそれほど強くなくなっていた。レモンの皮をすりおろして混ぜてもよかったか。
 レディグレイはレモン風味の強い紅茶だが、ピールなしでも十分にいいようだ。
 今回は型で抜いてみたが、面倒なら筒状にのばしてラップで包み、フリーザーで凍らせてスライスしてもよい。こっちの方が手軽。前日にたねを仕込むとか、保存しておいて食べたいときに切って焼くと言う手もある。


2)オートミールクッキー
DSCF1782基本
基本

P2200151レーズン入りオートミールクッキー
レーズンとクルミ入り

 これは私の中でも定番のクッキー。おちびの姪っ子たちも大好きなクッキーだ。いつも親子で争奪戦をするとか。
今回、基本と応用を。

材料;直径5cmくらいで50個くらい
薄力粉               150g
オートミール            70g
ベーキングパウダー         小さじ1
バター               75g
ショートニング           75g
砂糖(出来れば三温糖かきび砂糖を) 80g
卵                 1個
*応用でレーズン50gとクルミ30gを刻んでおく。 ま、てきとーに。好みの量を。

作り方;
①バターとショートニングをクリーム状にして、砂糖を2回に分けて入れ、その都度よくすり混ぜる。溶き卵を3回に分けて入れ、その都度よく混ぜる。
②薄力粉・オートミール・刻んだレーズンとクルミを入れ、冷蔵庫で1時間以上(半日でもいい)寝かせ、大さじ1/2くらいの量を丸めて天板に置き、指でぎゅっと押しつぶす。
IMG_7491たね
くっついてくるので、時々指をお水で濡らしながらやるとやりやすい。
③180℃のオーブンで16から18分くらいを目安に。

 混ぜるだけの簡単クッキー。さくさくで、こちらも手が止まらなくなるほどのクッキー。ま、お試しあれ。 
【2010/02/21 23:16】 HAND MADE 娯楽部 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«菜の花と比良山系 in 守山なぎさ公園 その2 | ホーム | 菜の花と比良山系 in 守山なぎさ公園 その1»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |